2015年05月22日(金) 17時21分56秒

トヨタ・アクア カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は本日の福岡店の作業からトヨタのアクアです。


富士通テンの大型ナビが付いた状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けとベーシック

防振の施工を行ないました。



まずはナビを手前に引き抜いて裏から音信号を取り出します。


取り出した信号はグローブボックス下のピュアコンに送りますが、まだユニットが付いていなくて

配線だけが来ている状態です。


ベーシックパッケージなのでドアスピーカーはそのまま純正を使いますが・・


既にカロッツエリアのトレードインスピーカーに交換してのをマグネットが小さいから音が悪いと

言われている純正スピーカーに戻します。

確かにトレードインの方がマグネットが大きくて重量もあるのですが、音にクセがが付き過ぎている

ので音楽が本来の音と変わるので使えません。



ちなみに福岡店の店頭ではお客様が要らないと置いて帰られたトレードインスピーカーとトレードイン

ボックスと純正スピーカーにベーシックパッケージを取り付けた物の聴き比べが出来る様になってい

ます。

全国チェーンの量販店みたいに売りたいスピーカーの反対側の比較する方に細工をするなどという

セコイ事はしていなく、車に装着してもその差はきっちり出ます。




純正スピーカーでも外板裏が響く低音は十分出て、外板裏が響かない様に防振メタルと防振マット

を組み合わせて貼って響きを抑えます。


アクアは防振の手順書があるのですが、出始めのアクアでデーター取りをしていて、今は少し響く

ポイントが変わっているので最新版に手順書を書き換えました。



マイナー後でも構造が全く同じ車もあるのですが、念のために手順書の響きと差がないか確認して

います。

そしてドアの内張りを取り付ければ完成です。




おっと、ダッシュボード上にピュアディオブランドのツイーター・ATX-25を取り付けた写真を載せ

忘れていました。



しばらく純正スピーカーを鳴らしていなかったのと、ATX-25はある程度の時間鳴らしこみが必要

なのでCDをあれこれ変えて鳴らして音を整えます。



次にナビのイコライザーを調整しますが、最初は音がかったるかったのか低音と高音が極端に

上がっていました。


取り付け後はフラットでも十分に音楽が楽しめる状態で、下手に上げ下げした方がバランスが崩れる

ぐらいでした。

あれこれパターンを変えてほんの少しだけ上げ下げしてピークのポイントを見つけて納車の準備に

入りました。


いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります