2015年05月09日(土) 11時58分50秒

スバル・フォレスター カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想
今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業からスバルのフォレスターです。




何とミッション車です!




システムはパナソニックのストラーダが装着された状態で入庫となって、ベーシック
パッケージとドアスピーカーの取り付けと、ドア防振の施工を行いました。




フォレスターのドアスピーカーはトヨタサイズの楕円の部分に16センチ丸型のユニットが付いていて・・




ダッシュ上に中高音用のスコーカーが付いた2WAY構成です。



普通だとこれにツイーターとピュアコンをプラスして3WAY構成にするのですが・・


今回はドアスピーカーをJBLのP560のミッドに交換するので、ドアからの中音域が
濃いのでスコーカー部は使いません。




ただP560のツイーターは既に福岡店では売り切れで欠品しているために
ピュアディオブランドのATX-25のツイーターと組み合わせます。




同じ25ミリサイズ外ドームでJBLの25ミリ外ドームタイプと互換が効く様に設計して
あるので組み合わせ可能です。


ネットワーク部はピュアコンで自由に設定が変えられるので車種やスピーカーの組み合わせの
違いがあっても大丈夫です。




ただしツイーターとミッドの間に足りない周波数帯が出来る組み合わせではいくらピュアコン
を使ってもフラットな音にならず、ピュアディオ推奨ユニット同士であればメーカーや
シリーズが違ってもマッチング出来ます。



そしてドア防振ですが、今回はドアの外板裏と内側のサービスホールと、内貼りの裏の片ドア
3面のフル防振の作業を行います。





内貼りは下処理をしてセメントコーティングがはげない様に密着させて、ボワンという響き
からカチッとした心地いい響きに変わりました。




全ての組み立てが終わったらストラーダのイコライザー調整を行います。




ATX-25が2時間以上鳴らさないと本調子が出ないユニットなので、あれこれジャンルを
変えて鳴らし込んで、その後から音調整に入りました。


ブラックボックスやコイルの交換などで、合わせて3時間以上かかったセッティングで、
このシステムで最も生の声や生の楽器に近い組み合わせにして調整は終了しました。



実はフォレスターのお客様はわざわざ宮崎県からお越し頂いていて、何度も入庫するという
事が出来ないので最初からフル防振で施工されました。





遠くからの来店ありがとうございました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります