2015年04月24日(金) 12時30分08秒

新型デミオのマツダコネクトが

テーマ:カーオーディオについて

2月に納車された新型デミオのデモカーですが・・


先日マツダからこんなお知らせが届きました。


新型CX-5や新型アテンザ、そしてCX-3と同じナビの内容になるそうです。



しかしうちでは先に使いにくいナビの場所にはサイバーナビを取り付けて・・


マツダコネクトの画面はグローブボックスに移動しています。

画面も周りを作り込んで綺麗に収めていますが、プログラム変更やユニット変更でこの位置だと

まずい場合は一度元に戻さないといけないかな?と思っています。



一度はサイバーナビとマツダコネクトをリレーユニットを使って音を切り替えていたのですが、ロスが

出てサイバーナビ側が音が良くなった割にはそれが活かされていないのでリレーを外して、今は

サイバーナビ側しか聴けない様になっています。

ただちょっと時間をかけて配線をつなぎ換えたらマツダコネクト側も聴く事が出来ます。




そしてサイバーナビに直結してドアのセメントコーティングで音がスッキリしたら、純正のドアスピーカー

に戻しても良い音が聴ける様になりました。

ユニットはCX-3と同じ物なので条件さえ揃えば純正でも良い音が再生出来ます。



このドアでは3種類のスピーカーユニットをインナーで鳴らしてテストして、純正を含めて4種類の

スピーカーで音を鳴らして、最終的に最もコストパフォーマンスの高い純正ユニットに戻しています。





ドアの音がスッキリしたらダッシュのプラスチックが薄いのが気になりだしたので、ダッシュ用の防振

メタルを貼りました。

ダッシュの形状が複雑なので斜めに付いていますが、見た目に反して音はスッキリストレートに

聴こえる様になりました。




それとデミオの燃料計は130キロの道のりを走っても1目盛りも落ちず、140キロでやっと1目盛り

落ちたのでエラーかと思っていました。

宇部⇒福岡⇒熊本⇒福岡と走ったら4分の1目盛りまで落ちて、残りの走行距離は138キロ走れる

と表示されています。



それで走行距離は467キロですから合計605キロ走れる計算です。

これで高速道路はアクセルベタ踏みでしたから、もっと燃費を考えて走ったら700キロぐらいは

走れるでしょう。



定休日に熊本まで往復した割には腰が痛くないので、新型デミオは足回り・シャーシー・シート共に

良い出来なのでしょう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります