2015年03月21日(土) 11時02分05秒

マツダ・CX-5 マツダコネクト車の音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業からマツダのCX-5です。


人気のクリーンディーゼル車です。



ナビオーディオがマツダコネクトに変更されてからのモデルで、ベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック防振の施工を行いました。


ドアにはまだ新車のシールが貼ったままの状態で入庫となって作業を行いました。


まずはドアの内貼りを外して外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせて振動を抑えます。


外板裏はスピーカー裏も何も貼ってない状態ですが、何も貼ってない方がこちらの意図した響きに出来

るから助かります。


また最近の車では外板裏には何も貼ってない分、ドアの内貼り裏にフェルトが貼ってあって、中に入っ

たロードノイズを内貼り裏で抑えています。

外板裏のベーシック防振との相乗効果でトータルでドアからのロードノイズが減ります。




次にマツダコネクトの車両アンプから信号を取り出してグローブボックス下のCX-5マツコネ車専用の

ピュアコンに送ります。

ここから純正のドアスピーカーの配線とダッシュ上のツイーター用にスピーカーケーブルをはわします。





ダッシュの上にはピュアディオ製のスタンドを使ってJBLの外ドームツイーターを取り付けました。

このスタンドは全て同じ角度に見えますが、実はダッシュの傾斜に合わせて45度から110度まで

5度刻みで用意しているんですよ。


だから表面上は同じ角度に見えても裏は車種によってそれぞれ角度が違っているんです。




最後にマツダコネクトの調整画面を呼び出して音調整を行います。

マツダコネクトのCX-5はこれで2台目ですが、最初の1台で時間をかけて調査したので、2台目は

スイスイと作業が進みました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります