2015年03月04日(水) 12時49分28秒

スバル・インプレッサ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からインプレッサ・スポーツのGTです。



カロッツェリアのサイバーナビが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けと

ドアスピーカーの交換、そしてドア防振の施工を行いました。



まずはドアの内張りを外して外板裏に防振メタルと防振マットを組み合わせて貼り、その後にサービス

ホールを塞ぐ防振を行いました。


ドアの内張り裏にセメントコーティングを施して内張りの表にはアウターバッフルを製作してJBLの

16・5センチミッドのP660を取り付けました。

マグネットの奥行きがいつもの13センチサイズと違うのでスラント角度は付けていません。



サブウーファー無しで低音を出したいと思われている方には16・5センチサイズのスラント無しの

アウター仕様が最適です。




ツイーターは今回もJBLの外ドーム25ミリサイズで、アウターにスラントが無い分ツイーターのレンジ

を中域方向に広げています。



ツイーターとミッドの周波数レンジとレベルはグローブボックス下に仕込んだピュアコンで設定します。


自分が運転席で音を聴いてパーツの交換が必要と感じたらその数値をスタッフに告げて交換してもら

います。

それを何度も繰り返してピークの値にたどり着いたら次にイコライザー調整を行います。


現在ミッドスピーカーの交換はISP-130とP560とP660が選択出来て、更に低価格帯のGXシリーズ

の13センチと16センチが選べるので、それに合わせた交換用コイルを用意していたらラインナップが

とんでもなく増えました。

もう交換用コイルの棚を増設しないと収まらなくなってきました。



現在一番巻きが多いのは575μHで・・


一番巻きが少ないのが5μHになっていて、途中で使わない値が何ヶ所か抜けている所がありますが、

それでも数百種類のコイルを用意しています。

これだけ沢山あっても車種とシステムの組み合わせが違ったら全て適正は違っていて、機械巻きした

コイルで本当は合っていなくても目をつぶれば気にならないのでしょうが、巻き変えれば音が良くなる

という真実を知ったがためにとんでもない数のストックをする様になりました。


いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります