2015年02月28日(土) 12時37分07秒

レクサスRX カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からレクサスのRXです。



純正の異形パネルのナビオーディオにベーシックパッケージの取り付けと、ドア4枚にフル防振の施工

を行いました。

8月に入庫したRXのブログを読まれて同じ様な仕様にして欲しいとのご希望でした。



レクサスRXのドアスピーカーは下の方に楕円のウーファーと・・



レバーの横に中音用のスコーカーとその上にツイーターが付いています。



ベーシックパッケージではドアのツイーターは鳴らさずにダッシュ上にJBLの25サイズの外ドームツイーターをスタンドを使って取り付けています。

近くで鳴る純正ツイーターに比べて斜め前からゆったりと鳴って来るツイーターで、3WAY構成の音の

輪郭を決める重要な部分です。



フロントスピーカーの音域分けやインピーダンスをコントロールしているのはラゲッジ下の車両アンプの

横に設置したピュアコンで行います。


RXのマイナーチェンジ後の車に合わせてチューンしてあり、ダッシュの中央のセンタースピーカーの

レベル調整も行ってフロント7スピーカーをトータルでコンロロールしています。



ドアの防振は外板裏のベーシック防振と内側の鉄板のサービスホールの処理に加えて・・


ドアの内貼り裏のセメントコーティングも行っています。

方ドア3面のフル防振を前後行っているのでかなり静粛性はアップします。




今回は8月にブログに掲載されたRXの作業にプラスしてリアのウーファーの音が軽いという事でその

周りにも防振する事になりました。


分解すると内貼りや周りの鉄板はしっかりしていて、ウーファーから下方向にL型に伸びているエンクロージャーが軽いので防振材で固めました。



そしてもう一つ暮れの作業でレクサスRXのBピラーの根元に防振メタルを貼ったブログも読まれていて、

ここも追加する事になりました。

広い範囲で防振すると最後に気になるのがここの場所です。



元々プレミアム性の高いレクサスですが、サウンドピュアディオの技術で更にプレ無アム性を高めた

レクサスが完成しました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります