2015年02月20日(金) 11時03分55秒

マツダ・アクセラ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からマツダのアクセラです。


現行アクセラは専用ナビオーディオのマツダコネクト付きの車しかなく、ピュアディオの得意分野の純正

を活かした音質アップメニューのベーシックパッケージの取り付けを行いました。



車両は標準仕様でドアスピーカーはフルレンジの16センチスピーカーですが、低音は出すぎるぐらい

出ていて、その量ゆえに上に何倍かの倍音がボーカル音域に影響して音質を悪くしていました。



純正のツイーター位置はダッシュ上に付いていて、ここはグリルに音がひかかったりガラスで音が反射

して悪くなったりするので使用しません。



ピュアディオ製スタンドを使って適切な角度を付けてJBLの外ドームタイプのツイーターを取り付けまし

た。

このスタンドは5度刻みの角度の物があらかじめ用意してあって、最近では左右のダッシュの傾斜が

違う車が多いために個別で何度を使うか設定が決まっています。




グローブボtクス下には現行アクセラに合わせた値のピュアコンが仕込まれていて、ドアスピーカーと

ツイーターに周波数幅とインピーダンスをコンロロールした後に分配して送られています。

またアクセラのマツダコネクトのシステムはパワーアンプが別体になっていて、そこからピュアディオ製

の太いケーブルでピュアコンまで信号を送っています。




もう現行アクセラは何台も作業を行っているので進行もスムーズで、音調整もスイスイと進んで全ての

作業は完成しました。

ただ1台目の作業ではかなりの時間をかけて調査したので、3・4倍の時間がかかったと思います。



ベーシックパッケージのいい所はあらかじめ車両や純正システムの特性を知り尽くしているので、短時間

でなおかつそのコストで最高の結果が出せるという部分です。




多くのパーツの中から本当に合うポイントを探してセットしている方式は低コストながら極めた音を表現

出来ます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります