2015年02月07日(土) 11時47分10秒

トヨタ・マークX カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は現在の札幌店の作業からトヨタのマークXです。



工場装着のナビオーディオが装着された状態で入庫となって、フルシステムの取り付けを行っています。


こちらの車両はナビに内蔵アンプではなくてトランクルームに車両アンプが付いているプレミアムサウン

ド車で・・



スピーカーアウトの信号を一度ピュアディオチューンのハイローコンバーターに入れてRCA化してチャン

ネルディバイダーに送って中高音と低音に2分割化します。

そこでフロント用のアンプとウーファー用のアンプで別々に増幅してスピーカーを鳴らします。




ハイローコンバーターはオーディオテクニカ製の4CH用の物を内側の2レーンのパーツを撤去して2CH

化して、大型のパーツを入れたりプリント基板の銅箔を削ったりとあの手この手で高音質化しています。

ここでロスしてしまえば後でどんないいアンプを入れても基本的なクオリティーは上がらないので、ハイ

ローコンバーターのチューニングは純正システムでいい音を出す要です。




次にスピーカーのご紹介をすると、ツイーターはダッシュ上にピュアディオ製スタンドを使ってJBLの外

ドームタイプの物を取り付けています。



ドアにはアウターバッフルを製作してピュアディオブランドのISP-130を装着しました。



リアシート裏には斜めにスラントしたウーファーボックスを作ってJBLの25センチウーファーを取り付け

ました。

シートをトランクスルーで倒したらウーファーから直接音が届きます。




最後に純正ナビの3トーンを調整して音を追い込みますが、それ以外ではピュアコンでツイーターの

下限とミッドの上限の調整とツイーターレベルの調整が出来て、更にチャンディバでミッドの下限とレベル

とウーファーの上限のレベルの調整が出来ますから、かなりの調整範囲の音のコントロールが出来ます。

札幌店から写真が送られて来た時にはまだ音が出たばかりという事だったので、これから音調整して

から納車の準備に入ります。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります