2015年01月30日(金) 13時47分31秒

日産セレナ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の札幌店の作業から日産のセレナです。


日産純正のナビオーディオを装着してスピーカーは純正のままで入庫となって、ベーシックパッケージの

取り付けを行いました。


現行セレナのツイーターの取り付け位置はフロントガラスの直ぐ手前で、音質的にはいい場所ではあり

ません。


ガラスの反射が無くてリアルな音が再生出来る様にピュアディオ製スタンドを使って適切な角度を付け

てJBLの外ドームタイプのツイーターをセットしました。

以前からのピュアディオのファンならお分かりと思いますが、ツイーターは以前発売されていたシルバー

ドームの508型ツイーターで、前に乗られていたお車からベーシックパッケージを移設して来ています。


ピュアコン部のパーツをセレナ用に交換してマッチングさせています。



ドアスピーカーは純正をそのまま使用していますが、周波数特性とインピーダンス特性をピュアコンで

コントロールしているので中低音がスッキリした音に変わっています。



結線が終って音が出たら純正ナビの音調整機能を操作しますが、余分なサラウンドなどはオフにしま

す。


車速連動ボリュームは純正のフルレンジや純正ツイーター位置では音の差は分かりませんが、ベーシ

ックパッケージを装着して音質がアップすると音質が荒くなるというのが分かります。


最後にイコライザー調整を行いますが、152とか367とか中途半端な数字になっているのは楽器の

オクターブを意識しての刻みでしょう。

ベーシックパッケージを取り付ければ音質が改善されますが、最後にナビオーディオの細かな音調整

も含めてベーシックパッケージと考えています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります