2015年01月29日(木) 10時31分15秒

スズキ・スイフト カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業からスズキのスイフトです。


以前に純正ドアスピーカーを使用したベーシックパッケージの取り付けとベーシックドア防振の施工を

して頂いていましたが、今回はシステムアップのために入庫となりました。


ツイーターはダッシュ上にピュアディオ製スタンドを使ってJBLの外ドームタイプが付いています。

純正のツイーターの位置が手前にあって向きがそれているというのがお分かり頂けると思います。



ツイーターの指向性の方向にダッシュ用の防振メタルを貼って解像度をアップしています。



ここから先は今回の作業で、ドアのスピーカーケーブルを今までは純正配線を使っていたのを、別な

太くて純度の高いケーブルを新たにドアに通します。

ここの作業が車種によっては意外と時間がかかって、作業時間の3分の1を費やしました。




そしてドアにインナーバッフルを製作してレインガードとシール材を取り付けてJBLのP560の13センチ

ミッドを取り付けました。



ドアの内貼りを組み立てたら見た目は純正と同じです。



次に今まで使っておられたデッキをカロッツェリアのFH-9100DVDに交換しました。

見た目が2DINのサイバーナビに似ていて、発売前は「ひょっとしてサイバーナビのナビ抜きデッキ?」

と思ったのですが中身は違いました。


それでも価格の割にはなかなか高級感のある見た目です。



音が出たらグローブボックス下のピュアコンのコイルを交換して音決めを行います。

今までの物が純正ドアスピーカーに合わせていたためにP560をインナー使用に合わせて巻き数を

変えて行きます。



棚のストックから持って来て交換ですが、ある程度条件が狭まっているので数個の中から選んでピッタ

リの物を見つけました。


次にデッキの音調整機能を操作しますが、タイムアライメントはオフにします。



最後に13バンドイコライザーを調整して納車の準備に入ります。

他の調整機能が入っていると音が荒くなるのであっちこっちの機能をオフにして再調整と時間がかかり

ましたが、次はもっと短時間で最もいい音にたどり着けます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります