2015年01月25日(日) 14時05分42秒

マツダ・CX-5 カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業からマツダのCX-5です。


ボーズのスピーカー・アンプ付きのナビレス仕様の状態で入庫となって・・


アルパインの2DINナビを取り付けました。

現在はCX-5はマイナーチェンジでオーディオレス車が選べなくなっていて、最後のオーディオレス車

を希望していたらボーズ付きのナビレス車しかなくて・・




ボーズスピーカーを撤去してアウター・スラントのバッフルを製作して、ピュアディオブランドのISP-

130を取り付けています。



ダッシュのボーズスコーカーは使わずにJBLのP560のツイーターを使ってフロント2WAY構成に

して・・


リアのラゲッジを作り込んでロックフォードの25センチウーファーとアンプが取り付けてあります。


ラゲッジの左の床にはパンク修理キットが収まるスペースも作ってあります。



パワーアンプを取り付けて消費電流が増えた分ほどアイドリングストップキャンセラーを入れてセルを

何度も回すための電気を減らしています。

アイドリングストップキャンセラーを入れるのにここのスイッチパネルを一度バラバラにします。



久しぶりに基盤を分解したら結構難しい作業で、じっくりと時間をかけてキャンセラーと同期させました。



札幌店ではかなりの数のCX-5のキャンセラーを取り付けていますから、ここの難しい作業も慣れた

みたいです。




全体の配線が組み上がったら音を出してグローブボックス下のピュアコンのパーツを交換して音を追い

込みます。



次にアルパインのナビオーディオのパナメトリックイコライザーを調整して出庫の準備に入りました。


CX-5のお客様は以前はカー用品の量販店でオーディオを付けられていたそうですが、サウンドピュア

ディオのアーティストの作品を大切にした音作りに大変満足されていました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります