2015年01月18日(日) 13時30分55秒

スバル・レガシィ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業からスバルのレガシィです。


カロッツェリアの楽ナビを装着していて・・


ドアにはアウターバッフルを製作してピュアディオブランドのZSP-MIDを装着しています。


ツイーターはダッシュ上にワイドスタンドを製作してJU60ツイーターを取付けています。

ここまでは以前に取り付けたシステムで、今回はシステムアップのために再び入庫となりました。



システムアップした部分は合計3か所で、その1つというか一番のメインの作業はスピーカーケーブル

をグレードの高い物に交換するという作業でした。



次にまだ防振作業をしていなかったリアドアのベーシック防振の作業を行います。

最初はリアドアの防振は予定に無かったのですが、県外から高速道路を使って来られている途中で、

「かなりリアドアからロードノイズが入っているな。」と気付かれて、追加で行う事になりました。



レガシィのリアドアには最初から少し防振材が貼ってありますが、それでは十分ではないのでその隙間

に貼って行きます。



入り組んだ狭い場所で響きが大きい所がありますが、そこは防振メタルでガッツリと響きを落とします。



リアドアの防振が終ったら次はダッシュの防振を行います。


ここは下からのエンジン音などが上がって来るのを防ぐ他に、ツイーターの音でダッシュが微細に震え

て音が濁るのを防ぐ効果があります。

防振メタルを横に並べたり縦に並べたりして理想の貼り方を探します。


結局広く離して貼る方が音が良くなると分かってこんな貼り方をしました。


三角のメタルを貼っている所とその上は完全に分離しているのでもう一枚上に四角のメタルを貼ったら

一番響きが良くて、これ以上貼ったら音に抑圧感が出たのでここで終了としました。



最後にナビオーディオのイコライザー調整を行いましたが・・


スピーカーケーブルの音のヌケが良くなった分ピュアコンのコイルの巻数をわずかに増やしてバランスを

取りました。

イコライザーでレベルを上げ下げするのとコイルの巻数を半周増やすのでは音の表現が全く違い、

単にレベルの上げ下げではない音の表現が出来ます。



完成後にお客様に音を聴いて頂きましたが、スピーカーやナビはそのままなのにかなり音が良くなった

と喜んでおられました。



帰りは2時間以上の道中ですが、防振の効果で来る時よりも静かなレガシィで自宅に向かって帰られ

ました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります