2014年12月26日(金) 10時04分18秒

ホンダ・フィット3 スピーカー取り付け

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台・・ いや2台は現在の宇部店の作業からホンダのフィット3です。


たまたま白が2台縦詰めで入庫していますが、ディーラーの下請け仕事をしている訳ではありません。

サウンドピュアディオは『カーオーディオの小売専門店』なので下請け仕事はしていなくて、全てエンド

ユーザーの方からの依頼で作業を行っています。




まず後ろのフィットはカロッツェリアの楽ナビが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージと

インナーでISP-130を装着してフロントドアはフル防振の施工を行っています。





全体像はこんな感じで、ドアの表面はノーマルと変わりませんが・・


ドアのヒンジの周りにマスキングして純正配線とは別にスピーカーケーブルをひいています。

ここの作業はピュアディオでは手馴れていますが、この前量販店の工賃表を見た時に意外と高い値段

なので驚きました。


めったにやらないから慣れてなくて高いのでしょうね。



そういえば今月はフィット3にISP-130インナーの作業を他にも行っているのでピュアコンの値は前回

と同じ物を入れました。

時間をかけてピーク値を出しているのでここでは時間短縮が出来ました。



ただしナビオーディオの銘柄は違うので内蔵アンプの音のクセなどが違うのでイコライザー調整は個別

の値を入れました。





続いて前の方のフィット3はホンダ純正のギャザーズのナビ付きで入庫しました。


全体像はこんな感じで・・


ベーシックパッケージの他にアウターバッフルを製作してP560のミッドが取り付けてあります。


スピーカーを付ける前の写真では金属リングを入れて車体と一体化させて、金属の表面はセメントコー

ティングして粗目を付けて音を拡散しているところが見えます。


シート下にはピュアディオチューンのパワーアンプが取り付けてあって、純正ナビからハイローコンバーターを通して接続してあります。

スピーカーはアンプとのマッチングを考えてインピーダンスが低くてヌケのいいP560とインピーダンスが

高めで音が重たくローエンドが伸びているISP-130の聴き比べを行って、ナビのクセとアンプのマッチ

ングを考えてP560をセレクトしてお客様に聴いていただく事にしました。



甚だ急ぎ足ではありましたが、宇部店の作業から2台のフィット3をご紹介しました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります