2014年11月28日(金) 15時30分57秒

マツダ・アクセラ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業からマツダのアクセラです。




マツダコネクトの専用異形パネルオーディオが付いた状態で入庫となって、ベーシックパッケージと

ISP-130をインナーで取り付けさせて頂いていました。




今回はドアにアウター・スラントのバッフルを制作してスピーカーを表に出しました。


インナーでは耳に到達する前に自然減衰でミッドからの高い周波数が失われていましたが、その減衰を

補うために巻き数の少ないコイルを使ってヌケを良くしていました。

既に札幌店で同じ内容の取り付けでデーターは出ていますが、念にためにあれこれ巻数の違うコイルを

入れ替えてこれがベストだというのを確かめました。



またアウター化に伴ってピュアコンのブラックボックスも外して手を入れています。




グローブボックス下のパーツを交換している時にふと見たらミッション車でした。

現在では貴重なMT車ですが、以前にタイプRではない普通のシビックのMT車を買おうとたくらんでいたら「いざという時に代車として使えない。」という理由で却下された時の事を思い出しました。




パーツのはめ替えで音を追い込んだ後はマツダコネクトのバス・トレブル・フェダーを動かして音を追い

込みます。

ここは微量しか動かせず、大幅に動かすとボーカルイメージが変わってきます。



お客様のUSBの音源で音調整を行いましたが、運の良いことに自分が何度も直接会った事がある

アーティストさんの音源が入っていました。


これだとボーカルイメージが短時間でピークにたどり着けます。



調整が終って細かい所を組み立てて、これから納車の準備に入ります。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります