2014年11月20日(木) 11時29分41秒

トヨタ・ヴォクシー カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は現在の宇部店の作業からトヨタのヴォクシーです。


オーディオレス車で入庫して作業に入りましたが、オーディオレスの位置にはもしこのまま納車する場合

はパネルを付けてからと注意書きが貼ってありました。

ディーラーから積載車で運ばれて来て、公道を走る訳では無かったのでパネルは付いていませんで

した。




オーディオレスの2DIN部分には前に乗っておられたお車からCD-700KKを移設して取り付けました。



ドアの作業ではまだ新型のノア・ヴォクシーはあまり入庫していないので響きを調査してからマーキング

して防振材の種類と貼り位置を選びました。


広い範囲で何も貼ってないのでかなり響きます。


この部分はメーカーがどうしても貼らないといけない事情があったのでしょう。

大きさや貼り位置が後で微妙に変わる事があるので現在の位置をスケッチして、自社の防振材の貼り

位置を記録します。



今回は外板裏とサービスホールと内張り裏のプラスチックの片ドア3面のフル防振を行っています。

ドアにはアウター・スラントのバッフルを製作してピュアディオブランドのZSP-MIDを装着していますが、

このスピーカーは前のお車から移設して来ています。



ピュアディオの推奨商品は耐久力があり、更に音にクセが無いので長く使っても飽きが来ないので、長い

目で見ればお得な買い物になります。




ダッシュのツイーターも前のお車から移設して来た物をワイドスタンドを製作して取り付けています。



フロントはフル防振ですが、リアは音質アップというよりも静粛性アップのためにベーシック防振の施工

を行いました。

リアはスライドドアで複雑な構造になって作業に時間がかかりますが、フロント同様に24000円+税で

価格設定しているので、お客様から見れば割安な価格になっています。




そしてデッキがCD-700KKでアンプレスのためにリアのラゲッジ下を加工してアンプとプロセッサー

を取り付けました。


荷物を積んでも大丈夫な様にグリルが付いていますが、グリルを外したらZSP-SS25のウーファーが

見えます。

10年以上使われて移設して来た商品と後から追加した最新のモデルを融合させたフルシステムが完成

しました。


いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります