2014年11月17日(月) 10時13分59秒

トヨタ・マークX カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からトヨタのマークXです。


トヨタ純正の工場装着の一体化パネルのナビ付の状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付

けて頂いていましたが、システムアップのために再び入庫となりました。




このマークXはダッシュにセンタースピーカーとシート下に小型のサブウーファーが付いているプレミアム

サウンド仕様車で、最初の入庫の時は自分が札幌店まで移動して構成やインピーダンスの関係などを

調べてベーシックパッケージを完成させました。

今回は自分は移動していませんが、既に基本データーが取れているので普通にシステムアップを行っ

ています。



ダッシュ上にはベーシックパッケージで取り付けたJBLツイーターが乗っていますが、ベーシックの意味

はこれをベースにどんどんシステムアップが可能という事で、逆にベーシックだけでも満足される方も

多く、口コミなどで昨年に比べて2倍以上の数の装着を行っています。


システムアップではドアスピーカーをトヨタ純正のプレミアム用16センチから・・


インナー取り付けでピュアディオブランドのISP-130に交換しました。

ピュアディオブランドのミッドスピーカーはこれまでアウターバッフル専用モデルしか発売して来ません

でしたが、今年初めてインナー・アウター両用タイプを発売して、ほぼ毎日ピュアディオ3店舗のどこか

で取り付けているというぐらいの人気商品です。




そしてもう一品プレミアムサウンドからの交換が、シート下のサブウーファーを使わずにリアのシートの

背もたれの裏にJBLの25センチウーファーを取り付けました。


車両のウーファー用のアンプは使用せずにピュアディオチューンのハイローコンバーターを使って純正

ナビからRCA出力を作り出してパワーアンプに送っています。

このハイローコンバーターはオーディオテクニカ製の4CH用のモデルの内側2レーンを撤去して2CH化

して、大きいパーツを入れる事での高音質化と内部で左右の磁気の影響を受けない様にしてセパレーションを上げています。


また必要の無い部分に信号が回らない様に一部の銅箔がカットしてあり、外のケースは同じでも別物

と言っていいぐらいのチューンがしてあります。




全ての組み立てが終ったらシステム変更に合わせてグローブボックス下のピュアコンのパーツを組み

替えて音調整を行います。

足元がほぼ膨らまない様にピュアコンは取り付けてあります。




最後にトヨタ純正ナビのバス・ミッド・トレブルの3トーンを調整して出庫となりますが、ピュアコンで音を

調整しているのとユニットのがフルに変更してあるのでフラットで十分にいい音が再生出来ました。



追伸


ダッシュのセンタースピーカーの所をよく見たらダッシュ用の防振メタルが貼ってありました。

ダッシュの下から上がってくるエンジン音を下げるのと、センタースピーカーの周りが震えて音に影響

するのを防ぐ一石二鳥的なパーツです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。