2014年11月07日(金) 12時26分44秒

トヨタ・プリウスG’s カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からトヨタのプリウスG’sです。


カロッツェリアのサイバーナビの20センチ幅のモデルを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッ

ケージの取り付けとベーシック防振の施工を行いました。



まずはナビを外して裏から音信号を取り出します。


取り出した信号はグローブボックス下のピュアコンに送られそこで周波数帯域とインピーダンスをコント

ロールしてドアとダッシュに分配して送ります。

ダッシュ上には5・5センチのトヨタ純正の中高音用のスピーカーがありますが、このスピーカーには

黒い一定周波数から下が入らない様にハイパスフィルターが付いています。

ここが貧弱で音質劣化につながっているので撤去してダイレクト化して、ピュアコンのパーツで周波数

幅を決めます。

これで3WAY化した時の適正な周波数幅と音質アップが図れます。



ちなみに30系プリウスでは5・5センチスピーカーは年始に別に3種類あって、全てに専用のチューンを

行っていて、今回のG’sには第三世代のスピーカーが付いていました。



スピーカーをダッシュに戻してJBLツイーターを取り付けてここは完成です。



次にドアの内張りを外して防振作業を行います。


プリウスには白い防振マットが最初から貼ってありますが、これにメタルとマットを組み合わせて貼って

ドア全体の響きを静めます。


そしてドアの内張りを取り付けたら作業は完了です。



そこからサイバーナビのイコライザー調整を行いますが、入庫時はノーマルで音がかったるかったので

イコライザーでメリハリが付けてありましたが・・


パッケージ装着後はフラットでも音が前に出て来ているぐらいです。

ここから数ヶ所1クリック動かしてセッティングは完了です。




音調整は自分のCDとお客様の音源の両方を聴いて行いますが、ハードディスクの中にはDEENの

楽曲が入っていました。

ボーカルの池森さんとはもう何十回もお会いしています。



他には米米クラブの楽曲も入って、実はボーカルの石井竜也さんには2回お目にかかっています。

以前に米米クラブのファンというか石井竜也さんのファンの女性のお客様からかなり前に自分のセッテ

ィングに対して「これは石井さんの声と違います。」と言われた事がありました。



それから直ぐに石井竜也さんのソロライブに言ってPA通しの声を聴いてセッティングしたら、「これも

違います。」と言われました。



今考えたらお客様はファンクラブのイベントなどで石井さんの生の声を聞かれていて、PAを通った音

を参考にしても納得出来ない訳です。



そこであの手この手で石井竜也さんのスポンサーに2度ほどなり、普通では入れないゾーンに入る事が

出来て生の声を聞く事が出来ました。



そんなこんなでお客様には納得して頂いたのですが、プリウスのお客様には池森さんと石井さんの両方の生の声を知った上でセッティングしている事をご説明しました。



純正スピーカーをベースにしたシステムですが、クセの付いたトレードインスピーカーには表現出来ない

生の声に近い音でセッティング出来ました。



いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります