2014年11月05日(水) 20時00分38秒

トヨタ・ヴィッツ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からトヨタのヴィッツです。




トヨタ純正のマルチAVステーションのナビ付きで入庫となって、JBLツイーターとピュアコンをプラス

するベーシックパッケージの取り付けを行いました。


まずはインパネを分解してナビを手前に引き抜いて、裏から直接音信号を取り出します。


取り出した信号はグローブボックス下のヴィッツ専用チューンのピュアコンに送られて・・


中低音と高音に周波数分配して中低音側は純正のドアスピーカーに送られます。

純正では全ての音域を垂れ流していますが、ピュアコンで再生し難い音域をカットして得意な音域

のみにしています。


他にはインピーダンスをコントロールしているので音のレスポンスが上がっていますが、必要以上に

レスポンスを上げずに自然なレスポンスにしています。




もう一方の高音域はダッシュ上のJBLツイーターに送っていて、純正のツイーターもピラーに横向き

で付いていますが、ここは使用しません。



これはピラーを外した時の写真ですが、右のコードは新たにひいたピュアディオ製のスピーカーケーブル

で、左の白いカプラーは純正ツイーターにささっていた物です。

高温の繊細さで音の輪郭や表情が決まるのでここのケーブルの材質と24金メッキの端子にはコスト

をかけています。




全ての結線が終わったら音を鳴らして調整を行います。

このナビゲーションがバスとトレブルの2トーンですが、同じ年式のヴィッツで時間をかけて調査して

ピュアコンの値を決めているのでフラットでも十分に音楽が楽しめます。


実際には片側1クリックだけ動かしましたが、音の出来上がりにお客様はノーマルの2WAYスピーカー

から格段に良くなったと喜んで頂きました。




実はヴィッツのお客様は連休を利用して長崎からお越し頂いていました。


遠くからのご来店ありがとうございました。


いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります