2014年10月25日(土) 13時45分55秒

スズキ・スイフト カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業からスズキのスイフトです。


オーディオレス車に以前からお使いのナカミチのCD-700KKを移設して来ました。


ダッシュ上にはピュアディオ製スタンドを使ってJBLの外ドームタイプのツイーターを取り付けています。



ドアにはアウタースラントのバッフルを製作してピュアディオブランドのZSP-MIDを装着しました。


一般的な平面のアウターと比べるとスラントは中の穴とズレていますが・・


斜めに金属リングを入れてその表面をセメントコーティングして固めます。


塗り初めは灰色にやや青が入って見えますが、乾くと茶色ぽくなりました。

金属むき出しと比べて表面をざら付かせた方が音質的に有利です。



リアのラゲッジには25センチのサブウーファーを取り付けています。


ウーファーボックスの蓋を開けたら黄色いウーファーが見えます。

このスピーカーはピュアディオの次世代ウーファーとして大々的に発売する予定でしたが、開発当時の

円相場が1ドル80円台だったのが現在は108円ぐらいになっていて、アベノミクスの影響で輸出業は

有利でも輸入側は不利な状態です。



それでもピュアディオの倉庫には1ドル80円位の時に仕入れた商品が大量に入っているので円安の

影響はほとんど受けていませんが、この黄色いウーファーに関しては企画して直ぐに円安になったので入庫本数が少なくてレアな商品です。




CD-700KKはアンプレスのデッキでウーファーも付いていますからフロント用とウーファー用のアンプ

が必要で、更にフロントとウーファーの音のつながりを良くしようと思えばチャンネルディバイダーも必要

です。


助手席のシート下にアンプとチャンディバを納めていますが、ここのレイアウトで時間を取っています。



組み立てが終ったら外に出してエンジンをかけて音調整を行います。




調整の最後はダッシュ用のメタルを3枚貼って完成です。



コンパクトカーながら使えるスペースを有効に使ってフルシステムを搭載しました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります