2014年10月24日(金) 11時37分07秒

スズキ・ハスラーをシステムアップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は井川家のハスラーというか、すでにデモカー的な使い方をしているオレンジと

白のツートーンの車です。

ちなみに札幌店に置いてある赤いフィットもデモカーとして使用していますが、完全な野田家の車です。




ハスラーは納車されて直ぐはオーディオレス車にケンウッドのナビを付けて聴いていましたが、やはり

ノーマル状態では耐えられず1日でピュアコンとJBLツイーターをプラスしたベーシックパッケージを

取り付けました。


その後はなかなか時間が取れずに防振が無い状態で聴いていましたが、やっと10日前ぐらいに前と

後ろのドアにベーシック防振の施工が行えました。

リアドアからのロードのイズの進入のが減って快適ですが、あとリアのハッチの防振が出来たら完璧

です。




ちなみに他の車の写真で説明すると、入り組んだハッチの中にあちこち防振メタルを貼って響きを無くし

て静かにする手法です。


しかし先日もう一度時間が取れたのですが、その時はハッチの防振を後回しにしてドアスピーカーを

純正から交換する作業を行いました。


16センチの薄型サイズから13センチの奥行きがあるタイプのISP-130に替えました。


ただハスラーのドアスピーカーの位置は耳からかなり下の方にあって、ミッドからの中高音が伸びない

分を今までに無い値のインダクタンスの少ないコイルを巻いて音のつながりを良くしました。

現在のデモカーは純正ドアスピーカーかアウターバッフルのどちらかで、中間のインナーでISP-130

の物がないので重宝しています。



ただせっかくISPを取り付けて音が良くなったのにダッシュの表面が柔らかくて、ツイーターの音がやや

影響を受けているのが気になり出しました。



そこでこのダッシュの表面に・・


ダッシュ用の防振メタルの三角1枚と四角を2枚貼って音をスッキリさせました。

このデモンストレーションは好評で・・


こちらのNーWGNのお客様にも施工して・・



このノーマルの状態から・・


同じ様に三角1枚と四角2枚を貼りました。



続いてこちらのXVのお客様も・・


貼り方は違いますが三角1枚と四角2枚を貼りました。


元々うちのデモカーのXVに貼っていた手法ですが、XVのお客様は「どこか自分の車と音が違う・・」と

思われていたそうで、メタルを貼って音の響きが同じになりました。


ハスラーの話で始まったのが途中でXVの話になってしまいましたが、ハスラーのシステムの方はあと

リアハッチの防振と・・


Bピラーの根元の防振を行ったらそこで一段落です。

おっと、その前にオレンジの塗装を買って来ないと!

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります