2014年10月20日(月) 11時28分04秒

BMWミニ・クロスオーバー カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介するのは先日の福岡店の作業からBMWミニのクロスオーバーです。

既にダッシュ上にJBLツイーターを取り付けてドアのスコーカー交換とシート下のウーファーを交換して

いますが、最近色々な所からBMW用のパッケージスピーカーが発売されているのでどれがどういう

音がするかというテストをお客様の了解を得て行いました。




シート下のウーファーは違う物を4回入れ替えて聴き比べを行いました。


ドアのスピーカーは10センチサイズもありますが、ミニ・クロスオーバーは8・7センチの方が有利でした。


ドアの聞き比べはピュアディオの他の店舗でも以前行っていますが、シート下のウーファーは新たに

商品を用意して行いました。

どこのメーカーもうちの製品が音がいいと言っていますが、実際のところは短時間であれこれ交換して

試聴しないと分かりません。




組み合わせを変えればスコーカー4種類にウーファー4種類の4×4の16種類の組み合わせも可能

ですが、8月に札幌店に行った時のミニ・クロスオーバーの組み合わせが一番いい組み合わせでした。



ここまで時間をかけてベストな組み合わせを割り出すとその銘柄は書きたくないですね。



ただこの組み合わせはミニ・クロスオーバーの話で、これが3シリーズになるとまた別な組み合わせが

ベストです。

スコーカーがドアの鉄板側に付くか内張り側に付くかの差があって、シート下のウーファーから音が

出てからシートに音が直ぐぶつかるか、少し距離を開けてぶるかるかで響きが変わります。

ここ1・2ヶ月はBMWのスピーカー交換の銘柄選びでかなり時間をとりましたが、従来からのユニット

選びの方向で新しく発売されたセット物に負けていないという事が分かりました。





そしてBMWミニ・クロスオーバーといえば先日ロードノイズが気になるというお客様の車に同乗して、

ノイズの進入経路を探しました。



最初は助手席に乗って、途中で後部座席に乗ってどこからどの周波数のノイズがというのを特定

しました。



ある程度費用がかかってもいいから施工出来る所は全てして欲しいというご要望で、ドア4枚のフル

防振と、リアのハッチの防振、リアのラゲッジ下と両サイドの防振を行いました。



最近では音質アップに加えて静粛性のアップのために防振される方が増えています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります