2014年09月21日(日) 14時37分09秒

ダイハツ・タント カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からダイハツのタントです。


カロッツェリアのサイバーナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージとミッドスピーカー

の取り付けと、ドア防振の施行を行いました。


まずはドアの内貼りを外して防振作業です。


外板裏を指ではじいて響きの大きい小さい、そして高い響き低い響きなどの調査を行って、どこに

どの材質を貼るかを決めます。

外板裏にメタルとマットを組み合わせて貼った後はサービスホールを塞ぐ防振を行います。



もう一面ドアの内貼りのプラスチック裏にセメントコーティングを行うので方ドアで合計3面のフル防振

になります。


ドアスピーカーはJBLの13センチミッドのP560をインナーで取り付けました。


次にダッシュ上のツイーターはP560のツイーターをピュアディオ製スタンドを使って角度を付けて

セットしています。


左右でダッシュの形状は同じに見えますが、実は約5度の差があるので左右のスタンドの角度が変えて

あります。



ミラーの後ろに純正のツイーター位置がありますが、向きとグリルのヌケが悪いためここに付ければ

費用対効果はかなり悪くなります。



全ての結線が終ったらグローブボックス下のピュアコンのパーツを交換してドアスピーカーとツイーター

のバランスを取ります。

ドアスピーカーが高い位置に付いているという事はミッドからの中高音が耳に入りやすくて大幅に余って

いるので、コイルの巻き数を徐々に多くしていいポイントを探ります。




ミッドとツイーターのバランスが取れたら次はサイバーナビのイコライザー調整です。

色々パターンを変えて最も生声や生演奏に近いパターンを探します。



サイバーナビにはスピーカーに時間差を付けるタイムアライメントが付いていますが、セッティングの

時にはオフにして調整を行うのですが、家族で乗られる車とあって最初からお客様が全てゼロにされ

ていました。

今回のシステムの組み合わせは新型タントでは初めてだったのでかなり時間がかかりましたが、

次に同じ様な施工があれば今回のデーターを元に短時間で最もいい音にたどり着けます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。