よう子のブログ

観劇が大好き。
ヨコシマな目線でのレポ多数ですがどうか大目に見て下さい。
劇団四季、東宝他のいろんな劇場の好きな作品たくさん!



テーマ:



(日経新聞 12月1日(日) 「時論」) 


尊敬する塩野七生さんのインタビュー記事、何度も読み返したくなるのです、塩野先生の文章、大好きなもので。インタビュー記事もホレボレします。

インタビューは「日本がおかれている現状や内外の政治家への評価」と、固いんですが(私にはm(__)m)、

あまりにカッコいい答弁(?)の数々です。


政治的コメントはおいといて、いくつか抜粋


「ジャーナリストは基本的に左派だ。」 

 

ここで四季のストプレ 「解ってたまるか」 を思い出した。共産系プンプンの新聞記者って出てきませんでしたっけ?あの時代は確かにそうだったんだろうなあ、文化人気取りがたくさんいた時代。

今の時代だとどうなんでしょうか。



ほか、新作 「皇帝フリードリッヒ二世の生涯」の話、今の世界でのリーダー論、など、鋭い見識が読んでてなんだか頼もしいー!(上からm(__)m)


そしてインタビュー最後は、安倍首相夫人の昭恵さんについて、


「旦那様のことを笑いながら話しているが、これが決して人格を低めることにつながっていない。(略)あの方は頭のいい、賢い女の子ではないか。」


(  ゚ ▽ ゚ ;) お、お、女の子ですか、さすが、塩野先生からご覧になればアッキーでさえ女の子… ってことは私なんて(←無駄な想像 A=´、`=)ゞ


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 


塩野先生のこのインタビュー、じっくり読んでたら急に文章書きたくなったんだけど、その割にはしょうもないブログ記事…m(__)m



AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


nicestick曜子のブログ


愛してやまない作品、JCS!ですが、帝劇通うのに疲れちゃって、12月になってからやっと行けました。

佐久間シモンに春ペテロ、そして新キャストじゃないけどもぅ何年振り?かの高井カヤパ様、会いたかったのです。にこー


忘れないうちに今回の演出変更をちょこっと。


…うーん、なんだか、小さくなってしまったような… 動きが抑えられてるような、そして群衆の迫力が何だか以前ほど感じられなくて。私の方の疲れ具合が原因でしょーか…

いや、この日は千秋楽でもしかして客席に上層部がいらしたんでしょーか(笑)


フグ 佐久間シモン、春ペテロ


…本城さんってさすがの実力だったんですね(超今更) 

佐久間さん、可もなく不可もなくっていうのがもったいない。シモンナンバーはもっとすっごくなるはず。

群衆の「Yah----!」ももっとガンガン言ってたはずじゃ?

まあ、イケメン度は相当だからイイか(違) 

春くんのペテロはさすがにきれいな声ですね、オペラ枠の春くん、「音符やり直すことはできないのですが」の雰囲気もピッタリです。



フグ 北澤ヘロデ王 о(ж>▽<)y ☆


唯一(失礼)、前回より美しくなられていた北澤さん、うっとりです(笑)

ですがっ!何でしょうここの演出極小化は!

快楽をむさぼってるはずのヘロデ王に椅子がない!羽根扇もない!ワイングラスもない!

ヘロデガールズと全然接触ナシ!

絨毯はそのままですが、ペタンって床に座って登場で、そのままあまり動かず。

えーつまらん。地味です、地味すぎる・・・ 


ジーザスを引っ立ててくるのはヘロデガールズになったんですが、あのスレンダーなガールズに

なんでジーがあんなに簡単に持ち上げられるのか超不思議だわ(笑)

あそこは兵士でいいじゃないの。


という具合で、全体的に人の動きも少な目になった、っていうか、私の気に入っていた演出がことごとく小さくなってて。(涙) 


フグ 高井カヤパ様、村ピラト様


最強の二人。(って、映画タイトルじゃないよ)

高井さん・・・ もぅもぅ(略  

高井さんのカヤパ様が聴けるとは・・ 嬉しかったー!


フグ 群衆


好きな演出のひとつが残念にもなくなっちゃってた。

マニアックですいません、ジーの裁判、

群衆がピラトに詰め寄る場面、「殺せ、あいつに征服されるぞ!」 SHーーーーーーー!の無声音がなくなってて、めっちゃ物足りない!物足りないったら物足りない!

もうそれこそ100回以上、私の中では「SH-----!」がついてたものだから、「???」でした。

ジーが引き立てられてくるところの嬌声もなくなっちゃってたし・・。

うーん、これはこれで無言の迫力の演出なのかもしれませんが、無言の迫力ってのはもっと群衆自身に力量がないと全然(自粛 



でもでも、やはり好きな作品でした。(散々消極的レポしてスイマセン<(_ _)>

夢中になって通い詰めていたあの頃には戻れるか分かりませんが・・・次回再演にはきっと。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


帰りには久しぶりにハマサイトでおしゃべり&ケーキ

楽しかったぁー (≡^∇^≡)

今季初のクリスマスっぽいものなみなみ


nicestick曜子のブログ

AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尊敬するノンフィクション作家、工藤美代子先生の書籍ご紹介します。


『関東大震災 「朝鮮人虐殺」の真実』  (2010年、産経新聞出版) 


関東大震災で、「朝鮮人に襲撃される」というデマが流れ、何千、何万人もの朝鮮人が虐殺されたという「定説」を検証した本です。



工藤先生のインタビュー(サンケイエクスプレス 2010.1.10) より抜粋


「日本人に殺されたという被害者の数が膨らんでいく。

しかし、データの根拠が薄弱だったり、偽りがあったり。これでは南京大虐殺と同じ構図だ。」


「朝鮮人殺害がなかったわけではないが、

それは「虐殺」ではなく、むしろ自衛行為が過剰になった可能性が高い」



「当時はテロが横行しており、「朝鮮人が襲撃するらしい」というデマが流れたとされるが、実際には流言飛語ではなかった。」 


当時の新聞を検証したうえで書かれています。


「殺害」が確かにあったというのは残念ながら事実。

日本側も233人は「殺害された」と認めています。


そして、工藤先生の推定では、当時の状況から800人前後ではないかと。

勿論その数字も決して少ないとは思えませんし、本当に残念な恐ろしい事実です。ただ、「大虐殺」という呼称がふさわしい数字なのか・・・。


現在の感覚では「800人の殺害なんて大虐殺としか言えない」でしょうけど、関東大震災の規模、混乱、大正時代の日本、諸外国の状況からしてそれは「虐殺」ではないレベルでしょう。


その前に、地震後の大混乱の中、日本人がそれほどに「自衛しなければ」と思う下地は少なからずあったということ。

(襲撃デマ云々ではなく、日頃の状況から)


また、その「虐殺された人数」が何万人なんてありえないと、実際に史料を検証し矛盾を明らかにされてます。


「震災時、死者・行方不明者の大半が出た京浜地区の在日朝鮮人は9800人。

その時点で2万3000人はおかしい。」



そして、この本は被害者数だけの問題として扱ってるわけではなく、


「問題は、なぜ数が増えているのか」 


「朝鮮独立運動の関係者が大きな数字を出し、吉野作蔵博士ら日本の知識人たちがほぼそのまま広めた」と再検証されてます。


そしてインタビューの最後は工藤先生のこの言葉


「日韓の真の友好のために再検証が必要だ」 



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆  


数年前、ある在日の方のブログで、こんな文章を目にしました。

知り合いである俳優(その方も在日朝鮮人)の舞台を見た感想です。

「関東大震災の時の、在日の大虐殺を、自分の身に置き換え演じていました。」


なるほど、舞台の役作りの一部に誤った歴史認識があったわけね。

朝鮮学校では「大虐殺」があったと教育してるってことですか。


と、当時もあまりいい気持ちせずに思ってました。


工藤先生の著書は、丹念に冷静に当時の資料を再検証し、感情論、先入観ににとらわれずに書かれたものです。いずれかを貶めるためのものでは決してない。



今更ですが日本人として微力ながら(「書籍紹介」という形でしかできませんが)ここで正したい。


関東大震災の混乱時、日本人による朝鮮人の 「大虐殺」 などありませんでした。  以上 

AD
いいね!(2)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 【キャスト】


MIWA  宮沢りえ

赤絃 繋一郎(あかいと けいいちろう)  瑛太


マリア   井上真央

最初の審判/通訳   小出恵介

ボーイ   浦井健治

負け女   青木さやか


半・陰陽   池田成志

オスカワアイドル   野田秀樹

安藤牛乳   古田新太


(アンサンブル) 

秋草瑠衣子  秋山エリサ  大石貴也  大西智子 

川原田樹  菊沢将憲  木原勝利  河内大和  近藤彩香 

佐々木富貴子   佐藤ばびぶべ   佐藤悠玄   紫織  

下司尚実  竹内宏樹  手打隆盛  土肥麻衣子  鳥居功太郎 

中原百合香  西田夏奈子  野口卓磨

深井順子  的場祐太   六川裕史


(敬称略) 


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



nicestick曜子のブログ  


パンフレットはA5サイズなんですねー (レミゼのパンフに重ねてみた←何となく (;´∀`) 

何年振りかで、NODA・MAPを劇場まで観に行きました、ほんと、何年振りかなあ


学生の時に一番よく行ってました、最初すっごい衝撃だったの覚えてます、友達と帰り道で興奮しながら、

「すごいすごいー!」って言い合ってました。

「やっぱり東大の人だよねー頭いいよねー私たち無知過ぎて分からなかったセリフ、きっとすっごいあるよね!」とか。(←なんか情けない感想・・・


大竹しのぶさん主演の野田作品を見たときは、大竹さんの演技を初めて生で見て、

「あー・・・天才ってこういう人のことなんだー・・・」って思ったものです

とにかくびっくりして、ただポカーン(゚∀゚lll)oO〇(スゴイ…) ってなってた 

野田作品は、最初は若いうちに見るべき!と思うなあ 衝撃度が素直で最大級のうちに一度!(←若干自虐です <(_ _)> 


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



野田作品、感想書こうとしてもネタバレ云々という次元ではないです(笑)

ご存知、美輪明宏さんの半生を野田さんが舞台化したもの・・・といってもそこは野田さんですから。

すごい舞台なのでレポなど無理なのです


印象に残ったものをキーワードっぽく挙げるだけで精一杯


長崎  聖母マリア  踏み絵  隠れキリシタン、隠れ隠れキリシタン、


ピカドン  誰も踏めない踏み絵  誰でも踏める踏み絵  踏みたくなる踏み絵 


痛くて踏めない踏み絵  


赤紙 戦争に負けた アメリカ兵 美少年募集 ソドミアンクラブ  変態 おかま  通訳/自分の言葉


アンドロギュノス  男であり女である者と、男でもない女でもない者が一体になって生まれちゃった


心の中の化け物 二つの声 妄想の底 


市ヶ谷駐屯地  愛 



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 


あれ、キーワードだけで結構たくさんあるわ


青木さやかさんがまた面白くってー!あて書きですか?っていうくらいハマってたなあ

勿論全員がハマってる作品です、隙があるわけない、野田作品!

浦井くんは面白いですー長崎弁に始まって衝撃の(笑)いろんなの。

それから井上真央さんのマリア、何度も何度も生まれて死んで産み落とすマリア!

安藤牛乳にオスカルワイルド、じゃなくてオスカワアイドル(笑)、


「安藤牛乳は誰を殺したの?」に一瞬硬直した。


長崎のピカドン、もの凄く暗い。っていうか凍りついてるみたい


あんなに照明は明るいのに、舞台上に表現されていたのは、「誰にも踏めない踏み絵」 そんなものが出来てしまったあの光景は何だか怖かったです。ただの「風景」のはずなのに。


天草四郎とマリア、アメリカ兵と通訳、おカマとおカマの振りした負け女、ボーイののっぺらぼう家族、明るく笑ってたボーイが「ちょっと考える」といってもう戻ってこない。


めまぐるしく変わる場面がすごすぎて目が離せないの 

戦後だったり、昭和だったり、キリシタンご禁制の時代だったり、いろんな時代の空気も一瞬ごとにくるくる変わって感じて、


そして、

一番大切なのは 「愛」です、美輪さんの愛ってすごいんだ・・・ 



休憩なしで2時間、機関銃のようにすごいスピードで進むかと思うと静止したり、戸惑ったり、ちゃんと舞台を見つめる余裕も残してくれる展開、久々に野田さんワールド、劇場でひたりました!

舞台ファンは劇場に行ってこそ生きるのです(涙)


あと3回くらいは行きたいですが、チケット激戦ですし、ナニブンにもレミゼ凱旋にJCS控えててもぅチケット増やせないので早々に「MIWA」はMy楽にせざるを得ません ホロリ 

ぁぁもっともっと好きなだけ行きたいー!

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おっひっさっしぶりです!

あまりに暑い夏、もぅ何をするにも気力なく体力なく、溶けて溶けて、・・・トロトロ…


しかし生きなければ。旗


ということで、8月18日(日)の日経新聞(文化面)に掲載されていた、劇作家の別役実さんの随筆をご紹介。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


「台詞と科白」


(要約) 

「台詞」は言葉だけのものを言い、「科白」はそれに仕草が加わったものをいう。

使い分けるにあたり、演劇の言葉に対する独特の感じ方がある。


「煙草はせりふを割って吸え」という教訓がある。舞台で煙草を吸う場合の演技者への教訓。

意味は、「せりふの途中で、せりふを割って吸え、煙草を吸うには口にくわえる、火をつけるなど細かい動作が必要とされるがそれらをすべてせりふとせりふの間に配分しなければならない。


日常動作は、意識的にやろうとすると、かなり難しい。

だがこうして出来上がったセリフは手触りのあるものになっている。

「台詞」が「科白」になったのだ。



最近は、言葉は意味が記号化された「台詞」としてのみ流通し、「科白」としての質感を失っていった。

多くの劇作家は、人々の言葉をしゃべる速度が速くなったことに気づいている。

戯曲は、400字で1分だったのが、600字で1分になっている。

つまり言葉が消化されやすくなった、逆に言えば味わいが薄くなった。


全体的に言葉が軽くなり、出来事が上すべりしている感がある。」


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 


台詞と科白の意味の違い、初めて知りましたーそうだったのか、奥が深いなあ。


それから、現在の「言葉が軽くなっている」 確かにそんな気がします、うん。


水村美苗さんの名著、「日本語が亡びるとき」を思い出します。 


あと、週刊誌でどなたかが書いてらしてのが、「知識ではなく、思考力」ということ。

ネット環境では「雑多な知識」だけはやたらと増えるけど、それは「思考すること」にはつながらない。


日本語も日々崩れてきてますね・・・

戦前までの日本語の名文がなぜあんなに素晴らしいのか、っていうと、当時の日本人は漢文の素養が備わっていたから。という記事をどこかで読んだなあ。


そうそう、漢文かなり重要だそうです。

今は「知識」があればOK、というような面もあるけど、結局は「思考する」ことができなければ。っていう意味のことで、なぜか耳が痛い(笑)

で、「思考力」を鍛えるには、本を読むことなんだそうな。乱読でも雑読でも。



よし、涼しくなったら(←ここで既に情けない (;^_^A) たくさん本を読もう! 


↑ 何でしょうこの目茶目茶な文章 暑さのせいだけじゃないな… ガクリ

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。