コスプレ衣装制作日記☆☆プリズムキャンディスターズ☆☆

ゲームやアニメなどをこよなく愛するコスチュームヲタが拘って衣装作りしている制作日記です。
ご感想や衣装製作のご相談などございましたらお気軽にメッセージくださいね^^




ブログに掲載しています衣装画像はこの約5年につくらせていただいたものです。


左側にありますテーマから作品ごとにみていただけます。

または、:このブログを検索する・にキャラクター名入れて検索してみてください。制作したことがあれば出てきます。



お問い合わせ



画像をクリックするとその衣装のページにいけます。


image image image
image image image image
image image image image
image image $コスプレ衣装制作日記☆☆プリズムキャンディスターズ☆☆-image

$コスプレ衣装制作日記☆☆プリズムキャンディスターズ☆☆-image $コスプレ衣装制作日記☆☆プリズムキャンディスターズ☆☆-image $コスプレ衣装制作日記☆☆プリズムキャンディスターズ☆☆-image $コスプレ衣装制作日記☆☆プリズムキャンディスターズ☆☆



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


ブログ掲載の衣装は個人の所有物であり販売を目的したものではありません。

衣装の展示とコス服制作についての自分の考えや、どういうように作ったとかを書いています。


プリズムキャンディスターズ


テーマ:
真.三國無双7猛将伝 陳宮のコスプレ衣装です。


写真は紫色が青くみえるかもしれませんが、紫部分が紫色です。






image


くすんだ赤の裏生地はレーヨンを使って使用感をだしました。



image


靴の裏も赤でしょうけど、靴カバーゆえ地面に接する部分は赤くはないです。
地面に接する部分までカバーしてしまうと、直ぐ破れてしまいますので何度も安心して着ていられるように
地面に擦る部分はカバーしないようにしています。



image



ipodfile.jpg

小さい画像でみてると赤のチャイナボタンにみえたりするかもですが、チャイナボタンではないですよね。
かといってレースアップでもないですよね。

CGとおなじようにみえるにはどうつくるか迷いましたが、
紐をクロスに結んで付け根にプレーンなボタンをつけて表現しました。


ipodfile.jpg

ipodfile.jpg

ipodfile.jpg

image



image

image

image

image

image

image


AD

テーマ:


アーリー・ヴァルキュリアのコスプレ衣装です

黒のインナーと白いスカート以外は造形です。

造形始めて2年くらいですが、日々学習しながらコツコツとやってきました。


撮影ボディに足がないためスカートのスリットがわかりくいですが、ちゃんとあります。

前垂部分をスカート本体より長くみえる場面はあるのですが、相対的にかんがえると長さは同じのようにおもいました。
前垂部分の裾には金パーツがつきませんので、つい前垂れを長くしたくなりますけどね。




羽根もウレタンでつくりました。
本物の羽根をつかって楽しようかという気持ちはあったのですが、写真でCGに近くみせるには、作る方が良いみたいです。
本物よりフェイクのほうが、本物らしくみえるというのはありがちですよね。







image



image



image




image

image



image
image
自前の髪を収納することを考えて、少し帽子は深めにしました。 ipodfile.jpg







AD

テーマ:


トリニティ.ブラッド セス真人類帝国(画集99ページバージョン)のコスプレ衣装です。



椅子に座ってる斜め前からの絵のみからで、あとは他バージョンからの推測になりますが
ご依頼者様が他バージョンのセス様衣装をお持ちですので、他バージョンからのデザイン流用はできませんでしたが、繰り返し繰り返しみえてると、見えない部分も見えてくるような(-^□^-)


image
(撮影ボディは此の衣装と胴囲が違います為、写真では胴部が大きくみえるかもですが
ご本人様が着ていただくと適正なバランスになると思います)





オレンジのタイツとボトムの接点を見る限り、バルーンパンツのようなんですね。
スカートではなくパンツ。

そういえば143ページバージョンもパンツですし、10ページバージョンもバルーンパンツなんですよね。


image
脚部は143ページバージョンの時に、この99ページバージョンの脚部を流用させていただいてましたので
今回は除外で。
オレンジノタイツは、99ページだと、少しだけみえる左膝上のオレンジ色しか認識できませんのが、
143ページのデザインだとお持ちなので、少しデザインを変えてみました。



ipodfile.jpg

99ページバージョンには、帝国服で多様される月と星はないですよね。
絵のラフな部分を、月と星デザインにもってく方は」いらっしゃるかもですが、他バージョンと明らかに区別して、一目で99ページの様子が思い浮かぶようになるように気をつけました。



image

後ろ裾は、143ページバージョンは燕尾服のようになっていましたが、99ページバージョンでは
裾はスクエアなんですね。
椅子に座って左右から後ろ裾を前に出していますが、四角いです。




image

後ろ裾のデザインは椅子の左右にみえるものをそのままに。
あの状態を演じようとすると、裾布の模様は表裏両面に必要だと思いましたので、
両面仕上げました.



背中とお尻の模様は、帽子など全面に使われているデザインをもってきました。
そうするれば、背面からみても99ページだと気が付いていただけるかなあと^^


image



image



AD

テーマ:

ゼルダの伝説 神々のトライフォース ゼルダ姫のコスプレ衣装です。





image


ipodfile.jpg



image



ピンク色部分は公爵夫人、白色部分平織りレーヨンを使用しました。

白はご希望によりアイボリーに近いオフ色を使用しました。

オフいろは生地種によって色の違いがありますので、マントの裏地をどうしようかなと迷ったのですが

結果、裏も平織りレーヨンを使いました。





image


パニエもつくりました。

パニエなしでも綺麗に着ていただけると思いますが、ある方が絵のスタイルに近くなるかなと思います。









ipodfile.jpg




image




image


image



image



image


プリズムキャンディスターズ


テーマ:

アリスマッドネス リターンズ ハートの女王のコスプレ衣装です。



image

スカート前の赤い部分は、赤黒いボーダーが3本入っていますが、

赤黒い部分は、黒のオーガンジーとレースを重ねて下地の赤を透かして赤黒くみえるようにしました。

ベロアは通常は逆毛一方裁ちですが、オーガンジーの下側部分は技と順毛にして光沢を出し

それをオーガンで覆うことにより、薄ら赤黒い感じの表現をしました。

それに、黒味の強いハートとオタマジャクシ(?)のような模様がはいります。

赤黒い部分のハートは左よりに各4個であとは、薄くレーシーな模様になっていますね。




image





image

胴部分はコルセット的な雰囲気がありますので、この部分はレザーにしました。

全部をベロアにするより、コルセット部分をレザーにしたほうが、ウエストラインが綺麗にみせれますしね。



ipodfile.jpg

手袋は特殊メイク用のラテックスで形成しました。

細かい肉筋が全体的にありますので、この素材の方が繊細に表現できるように思いましたので。



ipodfile.jpg

冠は頭に密着しているときと、浮いてるときがありますので

両方できるようにしました。



ipodfile.jpg



image
台座に金版と透明版をつくり、差し替えることで浮いたり浮かなかったりできます。




image


白襟は形状記憶ボーンを入れてドレープが維持できるようにしました。





image




image


スカートの裾にはホースヘアを入れて、裾の広がりが綺麗にでるようにしました。




image




image





image




image





image




image




image




image




image




ブログの衣装は個人の所有物です。


プリズムキャンディスターズ


テーマ:
アイカツ! 星宮いちご(マーメイドピスケス)のコスプレ衣装です。






スパンコールの設定がありますのでスパンコール生地をメインにしましたが、スパンコールは直ではなく
オーガンジーで覆いました。
そうすることで、スパンコールの光沢が絵のように疎らにみえますし、角度やドレープにより白っぽくみえたり、配色のコントラストも和らげる効果があると思います。
七色配色で、暈かす効果ないままに合わせると現実の衣装では、色味がきつくなって原作のような可愛さが出にくいようですので、試行錯誤の結果、オーガンジーで包むのが良いと思いました。





スカートは後ろが少し丈長です。
前下方から裏が少し見えますので、裏はピンク基調にしました。
パニエはオーガンジーでスカート一体としました。



羽根は塩ビ板を芯にしました。
平たいままだと、見栄えがしないので、熱を入れて微妙な畝ををつくり羽根ぽくしました。
羽根はなるべく軽量にしたいですので、スパンコール生地は加えずに、塩ビ板にグリッターアクリル絵具で着色をしました。
そのままでは、衣装と合わせると羽根がういてみえてしまいますので、羽根もオーガンジーでくるみました。


image

image

image


脛のパーツもオ布部分はーガンジーでくるんでいます。

後ろのピンク布はドレープがはいりますので、スパンコールではなくサテンにオーガンジーを被せました。

image


ipodfile.jpg

ipodfile.jpg

ipodfile.jpg



image




ipodfile.jpg



ipodfile.jpg


左右手首のチェーンです。
2周分の1本をクロスさせて巻いていただくようにしました。

ipodfile.jpg




image



image

image

image


image


ブログの衣装は個人の所有物です。


テーマ:
真.三國無双7 郭嘉のコスプレ衣装です。

image

絹の設定部分は、レーヨンと公爵夫人を使いました。






image




ipodfile.jpg

ipodfile.jpg


image

ブーツはストレッチレザーです。

膝当ての後ろがわかりにくかったのですが、2本のベルトで固定しているようです。

ブーツはニーハイにしてブーツの上からベルトを装着する感じです。


image





image






image


背中のドレープも再現できました。

リボンの付け位置から斜め上にドレープが自然にでるように。





image


上着の後ろは模様が畝ねる位のドレープです。

ドレープがないと雰囲気がでないですし、かといってドレープが多すぎると模様がごちゃごちゃになってしまいますので、微妙な分量です。



image




image


image





プリズムキャンディスターズ


テーマ:
ボーダーランス マッドモクシーのコスプレ衣装です。




本体はスタンダートベロアを使いました。

短冊に裁断したオーガンジーの両縁を折り返して縫いました。
折り返し部分は2重になるため透けることなく黒の細いラインになります。
中央の部分は1枚ですので下の赤色が透けて赤黒くみえるようにしました。

image

でも、それだけだと下方からみると赤黒くみえるのですが、上方からみると黒く潰れてしまいますので
オーガンの上にさらに赤色をドライブラシしました。
そうすることで、見る角度に左右されにくくなったと思います。

image


image

ボタンが一つ取れていて、糸が垂れていて、糸の起点に小さな黄色のドットがありますね。
カフスの内側に接ぎ目があり、そこで黒のストライプがずれているところも再現しました。

image
後ろの裾がクルンとなっているのは、なかに形状記憶ボーンを入れることで表現しました。

image



ストレッチレザーのソックスです。

image
血糊模様も。



image





image


image










テーマ:
無双orochi 太公望のコスプレ衣装です


この記事中の写真では紫色部分(着物の模様も含む)が青くみえるかもしれませんが、蒼紫色です。

ipodfile.jpg
履物はパドゥカという親指と人差し指のあいだの支柱でのみ足を固定するものですね。
ソールに6~7センチの高さが欲しいとのことで、パドゥカはぺたんこ底しかありませんので
厚底下駄をベースにしました。
鼻緒を取り除き、支柱を埋め込みました。


ipodfile.jpg

髪飾りはパッチン留めにしました。




image

耳飾りは反り曲がってみえることもありますが、よくよく観察しているとほぼまっすぐのようです。
で、スパイラル状にネジネジになっていますね。
下4ネジネジが金で上部は燻銀かと思いました。

プリズムキャンディスターズ










テーマ:
艦隊これくしょん 飛龍と蒼龍のコスプレ衣装です。

甲板パーツと足袋と武器は無しですので
製作パーツはどちらも
上着
手袋
下駄
弓矢入れ(フレーム造形含む)
腰パーツ

です。


着物の色が意外に難しかったのですが、イメージが外れないレベルの色にはなったかと思います。
(この記事の写真ではもしかしたら多少色味が違ってみえるかもですが)






image


image



image




image

飛龍さまと基本お揃いですが、着物の生地質は色を重視したため少し違います。




image
弓入れにつくフレームパーツは取り外し式にして持ち運びしやすくしました。



image


image
ホントは、船底みたいに底に向かって幅が狭くならないといけないのですが(^_^;)
それを再現すると、安定感がなくなってしまいイベントでの着用では転倒する危険があるように思いましたので
まっすぐなプラットフォームのままにしました。







[PR]気になるキーワード