障がい児のママ&パパ専門カウンセラー 山本峰司

障がいや病気を持つお子さんは、病院での治療や手術に伴う入通院、または福祉施設での療育、訓練等があります。それだけでも精神的にツラい想いをされている人がたくさんいると思います。夫婦で支え合い子育てできるように、ボク自身の経験を含めて綴ります。

ご訪問ありがとうございます。


障がい児のママ&パパ専門カウンセラーで、

特定非営利活動法人日本結婚教育カウンセラー協会

認定カウンセラー  山本峰司(たかし)です。


子育て中の夫婦問題に悩む人たちのために
障がい児を持つママ&パパたちのために

自分自身の経験を織り交ぜながら、

感じたことを書いています。


妻・長男・次男は口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)

次男は、ダウン症で先天性甲状腺機能低下症。


結婚して子どもを授かれば幸せなのでありません。


生まれも育ちも経験も考え方も違うパートナーと、

どのように一致点をみつけ、話し合い、折り合いを

見つけて理解し合おうとするかがポイントです。


結婚を決めた時のわくわく感やドキドキ感夢や

希望はどんどん風化し、ややもすれば失望に

さえ変わっていきます。


相手にだけ変わることを求めず、

まずは、自分が変わり、

あきらめずに行動することで

道は拓けると思います。


また、我が子が障がいや病気があると知った時、

どのように受け止め、どのようにパートナーと

話し合い、どのように乗り越えていくのかが

大切です。


治療で治ったり、療育により機能を促進させたり、

遅らせることを予防もできたりします。

何より、悩みを一人で抱えることがとてもつらい

ことだと感じます。


ともに歩んでいきましょう。


テーマ:

障がい児のママ&パパ専門カウンセラー

山本峰司(たかし)です。


長男と次男が口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)という病状です。

次男はダウン症,、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)もあります。


そして、妻も口唇口蓋裂です。



あの事件から1ヶ月。障がい児を持つ親としては、許せなく胸が痛くてたまりませんよね。我が子のことを思えば想うほど、その気持ちが強くなるのは、障がいがあろうとなかろうと愛しているからこそ。


でも、我が子だけを愛しても、平和で安心できる日はやってこないと思うのです。自分が家族が、我が子が「加害者」になる可能性がないわけではありません。


ボクたちは、そんな時代に生きています。


ボクの尊敬する「ひとは作業所」の所長さんのインタビュー記事、地元紙・中国新聞に掲載されました。

{742F6AC4-265E-4191-8C0B-B3445314FAEF}


「容疑者の男の異常性ばかりを指弾して、この事件を片付けではいけない…(略)今の時代の風潮が影響しているんじゃないかと。」


「容疑者が障害者に生きている意味がないと考えたのは、彼が頭の中で社会の「序列」を思い描いていたからでしょう。きっと自分もそのどこかに位置づけられていて、障害者はそれより下だと。そうした考えは、競争に明け暮れる社会の中で育ってきたんじゃないかと案じています。」


やはり、事件の表面だけでなく、その奥にある社会にこそ目を向けるべきではないかと。


後半に書かれている、「自生文化」をもっと学び、深め、広げていきたいです。

 

※長文お読みいただき、そして「いいね」、コメントいただき、誠にありがとうございます。


コメントの返信が遅くなったり、お返しできないかもしれませんが、一つひとつ読ませていただいています


障がい児の保護者や支援者のネットワークを広げ、安心と希望の持てるコミュニティを作ることをめざしています。


※以下のSNSでも記事を発信しております。

ご興味いただいたら、お読みいただけると嬉しいです。


<Facebook 山本峰司>

子ども・子育てのことを中心に書いております。

https://www.facebook.com/minetakashi


・友だちリクエスト募集中です。


<Facebookページ 障がい児のママ&パパ専門カウンセラー 山本峰司> 

このブログ同様夫婦問題や障がい児を持つ親の立場について書いています。内容は一部重複しています。          

https://www.facebook.com/handicappedparentscounselor


投稿ではなく、ページに「いいね」をしていただけると、タイムラインに記事が流れるようになります。

個々人がつながる「友達」という関係ではなく、一方的に流れることになります。


<twitter 山本峰司>

子育て、夫婦問題、生き方・・・いろんなことをツイート、リツイートしています。

https://twitter.com/


・フォローお願いします。



<instagram minetakashiyamamto>

子どもたち、家族の日常の写真をアップしています。

https://instagram.com/minetakashiyamamoto/


・フォローお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

障がい児のママ&パパ専門カウンセラー

山本峰司(たかし)です。


長男と次男が口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)という病状です。

次男はダウン症,、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)もあります。


そして、妻も口唇口蓋裂です。


例えば、子育て中の人にとって、いまの世の中が働きやすい環境か否か、といえば以前に比べればかなり進歩したとはいえ、充分安心できるとは言える状況にはないと思います。

乳児の頃は、すぐ風邪をひき、病気になり、保育園から電話が入るたびに、寿命が縮まりそうなくらい、ビクビクしますよね。

連れて帰りたいけど、仕事が中途半端、まわりの人に迷惑かかる、有給がなくなりそう…と考えてしまい、本当に子どもにやさしい親なのか!と自分を疑わざるを得なくなり自己嫌悪に陥ることさえも。

でも、そんなに悲観ばかりせずに、置かれた状況を受け容れ、そこから出発すればいいと、ボクは思います。

昨日、愛読しているメルマガで、このような一節に心揺さぶられました。

「我々の人生における「制約」もまた、
我々の人間としての「力」を高めてくれる。」

田坂広志「風の便り」四季第52便
「制約」という逆説
http://hiroshitasaka.jp/letter/7106/

「制約」とは、人それぞれ。

ボクにとっては、三人の子どもがいて、長男と次男は口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)のため、治療や経過観察のため病院へ通うことが多く、手術の際には付き添いをしていることです。

そして、次男はダウン症で体が弱く、療育に関わるため、そうでないお子さんよりもケアが必要です。

そのために、他人に迷惑をかけることもあるため、時間はとっても大切であり、仕事でも子どもに対しても「言い訳」をしてはいけない、何とかその分お役に立ちたい、と思います。

障がいや病気が自分やご家族にあれば、もしかしたらそのように感じる人もいるかもしれません。

ある人は、介護をする必要があるでしょう。それは、自分の親とパートナーの親では状況が違います。祖父母も介護されている人もいるかもしれません。

他にも
・家族が離れ離れの生活をしている
・ひとり親である
・外国人である

などにより、さまざまな「制約」があって、苦しんでいる人もいるかもしれません。

でも、それが「人間としての力を高めてくれ」、それがあってこそ成長できた、と思える感動があるならば、その「制約」は愛おしくてたまらなくなる日がくるように思えてならないのです。 




※長文お読みいただき、そして「いいね」、コメントいただき、誠にありがとうございます。


コメントの返信が遅くなったり、お返しできないかもしれませんが、一つひとつ読ませていただいています


障がい児の保護者や支援者のネットワークを広げ、安心と希望の持てるコミュニティを作ることをめざしています。


※以下のSNSでも記事を発信しております。

ご興味いただいたら、お読みいただけると嬉しいです。


<Facebook 山本峰司>

子ども・子育てのことを中心に書いております。

https://www.facebook.com/minetakashi


・友だちリクエスト募集中です。


<Facebookページ 障がい児のママ&パパ専門カウンセラー 山本峰司> 

このブログ同様夫婦問題や障がい児を持つ親の立場について書いています。内容は一部重複しています。          

https://www.facebook.com/handicappedparentscounselor


投稿ではなく、ページに「いいね」をしていただけると、タイムラインに記事が流れるようになります。

個々人がつながる「友達」という関係ではなく、一方的に流れることになります。


<twitter 山本峰司>

子育て、夫婦問題、生き方・・・いろんなことをツイート、リツイートしています。

https://twitter.com/


・フォローお願いします。



<instagram minetakashiyamamto>

子どもたち、家族の日常の写真をアップしています。

https://instagram.com/minetakashiyamamoto/


・フォローお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

障がい児のママ&パパ専門カウンセラー

山本峰司(たかし)です。


長男と次男が口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)という病状です。

次男はダウン症,、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)もあります。


そして、妻も口唇口蓋裂です。



最近、次男は大好きなトマトを口に含み、プシューと吹き出し噴水状態‼︎


{C33AF5F4-7600-4FEF-97FA-8DC3D3C396C3}



何度も、何度も。明らかに反応を見て楽しんでいるのです。


食べ物で遊ばせてはいけない、と思いつつ、「ぼくをみてー」と誘いまくる愛らしい笑顔で見つめられると、メロメロです。こっちが吹き出して笑ってしまいました。


ても、これに味を占めお約束の遊びにならぬように、腹で笑い顔は耐えるしかないのかも。


身体的にも知的にもゆるやかに成長していますが、次男も相手の反応を見て遊ぶようになったことは、それはそれでうれしいことです。


障がいの有無に関わらず、あるがままを受け容れつつ、一つひとつの成長を目に焼き付け、喜び、過度に期待したり、願いを込めずに…


これからどうなっていくのか、を楽しみにしたいと思うのです。


※長文お読みいただき、そして「いいね」、コメントいただき、誠にありがとうございます。


コメントの返信が遅くなったり、お返しできないかもしれませんが、一つひとつ読ませていただいています


障がい児の保護者や支援者のネットワークを広げ、安心と希望の持てるコミュニティを作ることをめざしています。


※以下のSNSでも記事を発信しております。

ご興味いただいたら、お読みいただけると嬉しいです。


<Facebook 山本峰司>

子ども・子育てのことを中心に書いております。

https://www.facebook.com/minetakashi


・友だちリクエスト募集中です。


<Facebookページ 障がい児のママ&パパ専門カウンセラー 山本峰司> 

このブログ同様夫婦問題や障がい児を持つ親の立場について書いています。内容は一部重複しています。          

https://www.facebook.com/handicappedparentscounselor


投稿ではなく、ページに「いいね」をしていただけると、タイムラインに記事が流れるようになります。

個々人がつながる「友達」という関係ではなく、一方的に流れることになります。


<twitter 山本峰司>

子育て、夫婦問題、生き方・・・いろんなことをツイート、リツイートしています。

https://twitter.com/


・フォローお願いします。



<instagram minetakashiyamamto>

子どもたち、家族の日常の写真をアップしています。

https://instagram.com/minetakashiyamamoto/


・フォローお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。