☆獣医師 中野あや@動物行動クリニックなかの☆小動物のしつけ・行動相談☆犬猫子どもとの暮らし応援ブログ☆

犬猫のしつけ・行動相談をおこなっています☆
パピーパーティについて~子犬の時期に知ってほしいこと☆
犬猫との暮らしについて☆
犬猫と子供のいる家庭・ママ応援します☆

☆動物行動クリニックなかの☆クリニックHPはこちら↓↓です

http://www.eonet.ne.jp/~abc-nakano/

詳細はメッセージ等でお問い合わせください。


現在、犬猫のしつけ・行動相談等を行っている動物病院

(不定期です:日程・詳細は病院にお問い合わせください)


松尾動物病院  http://www.kk-acc.jp/matuo/ 078-911-0234

ジェームス山ペットクリニック http://www.james-pc.co.jp/078-753-2273

やまびこ動物病院 http://yamabiko-vet.com/ 078-975-8611


神戸市垂水区・西区、明石市にて個人でも相談をお受けしています。
他の地域も交通費相談でお伺い、またはお越し頂き診療可能です。




テーマ:

ここ最近、TVで「獣医師」という言葉を聞かない日はないですね。

たまたま先日お昼についていたワイドショーで「獣医大は倍率15倍、それだけ需要があるから獣医大学は増やすべき!?」かどうかみたいなことをコメンテーターさんたちが議論していました。

 

ここで私が一言書きたいのは(というか深夜の独り言ですが…)、増やすべきかどうかとか新しい大学の是非の議論ではありません。

だって、できると決まったのであれば、その大学に入り卒業して獣医師になる人に文句を言ってもしょうがない。

 

ただ、獣医師って、「犬猫のお医者さんドキドキ」というイメージが強く、たぶん志望する方たちの多くがこれになりたいんだと思うんですが、「犬猫のお医者さん(小動物臨床獣医師)」って、せっかくなれても辞める人もすごく多い職種だということをもう少し世の中の人に知って欲しいなぁと思っています。

 

なぜ辞める人が多いか、それは労働条件が悪いから音譜

ってブログに書いたら他の偉い先生に怒られるだろうか…。

 

でも、よく

「大学6年行って、国家資格持っていて、そんなに給料安いの!!?」

って言われてました。

例えば、約10年前ですが、

個人病院の勤務医で朝8時から晩8時まで仕事して、新卒で年収300万以下。

当時は残業手当もなくて額面どおりでしたが、深夜まわって夜オペなんてこともありました(「向学のために参加」という感じ?)。

個人病院では産休・育休もあるところの方が珍しいんじゃないかな。

(私も出産退職…)。

勤務医3年目でも年収300万程度でした。

地域差もかなりあるのでしょうが、今はどんなもんなんだろうな。

 

勤務医時代を経て開業しても、軌道に乗れないと数年以内に閉院になる動物病院もあると聞きます。

 

獣医師、全然 高給取りじゃないよ。。。。汗 

高級稼いでいる先生もいっぱいいるけどね。

 

もひとつ、というかメイン!

獣医師目指している方に伝えたいこと、小動物臨床の獣医師ってどんな仕事か。

それは、

 

獣医師である限り一生勉強し続けないとやっていけない仕事

 

人の医療は日進月歩。

そんな中、「犬猫のお医者さん」は基本的に内科も外科も皮膚科も眼科も泌尿器科も整形外科も歯科も腫瘍科も、一次医療は全部自分でやるので、勉強してもしても常に新しい情報で溢れているような世界です。

今のところ私には子育てしながらこれは無理なので、ひとり細々と行動診療科をやっていますが、行動診療も足を踏み入れたら学ぶことは尽きません。趣味は「獣医」ぐらいじゃないと地獄(笑)。

 

犬猫のお医者さん目指したい皆さん、それぐらい覚悟して獣医師志望してねしっぽフリフリ

 

夢を壊すようでなんですが、やはり難関乗り越えて獣医師になって、でも「こんなはずじゃなかった」ってなるんです。で、女の子なんかは仕事に夢より現実を見ているので産休育休の手当のある製薬会社や定時で帰れる公務員に転職しちゃうんです。

 

まずは、獣医師の社会的地位が上がり、労働環境が改善されることを目指さないとぶーぶー

 

小動物臨床獣医師、それでもものすごくやりがいがあって、常に命を感じ、人の喜びや悲しみの感情の隣で仕事をする、夢と魅力のある仕事です。 なかなかちょっとやそっとじゃもうからんけどねてへぺろ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、相変わらず、週に1度程度しかPCに向かう暇のない暮らしをしていますが、最近気になっている話題を少しずつつづっていってみようかと思いますので、お付き合いくださいわんわん

 

さて、第一回は、「逃げることの大切さ」についてです。

あたかも連載のふうを装っていますが、これまでのブログからもわかる通り無事に続くかはわかりません(苦笑)あせる が、ひとつお付き合いくださいねビックリマーク

 

さて、あなたは自分と暮らす動物たちにちゃんと逃げ道・逃げ場所を与えていますか?

 

日々ペットの攻撃行動(威嚇する・咬む等)に向き合っていて、逃げ道がなかったために攻撃がどんどん進んでしまった(頻度と程度が増加した)なぁ、というケースは本当に多いです。

 

動物の攻撃行動は基本的に以下のように現れます。

 

不安・恐怖(不快)を感じる雷

 下矢印

逃げる・避ける 右矢印成功:攻撃しない合格

 下矢印 (避けることができない)

威嚇する:「ウー」などうなり声や表情によるもの

 下矢印 (威嚇しても恐怖・不快を取り除けない)

強い威嚇をする:牙を見せる、当て咬みなど

 下矢印

咬む!

 

攻撃行動は育っていくものであり、病気や強い痛みなどに関連しているのでなければ、「突然 犬が本気で咬むようになる」ということは極めてマレです。

では、攻撃行動の出る子にどうしてあげれば良かったのかというと…、

日常の場面になんらかの不安や恐怖を感じて「威嚇」が生じてている場合、まず逃げ道や逃げ場所を与えてあげましょう

 

例えば、

足を拭こうとすると「ウー」と鼻にしわを寄せる = 足拭きは不快だからやめてほしいという犬からのメッセージ

 

もしこれが、犬ではなく人間の大人だったら、あなたはどうしますか?

相手は明らかに「やめてよ!」と言っている場合。

それ以上 無理やり押し通したりはあまりしませんよね。

 

動物にとって「威嚇」は、「なんとか穏便にこの場は引いててくれませんかね」のボディランゲージでもあるんです。

「やめてくれれば、逃がしてもらえればそれ以上は何もしませんから

と言ってくれている。

 

せっかく言ってくれているのに、人間の都合で動物が不快に感じることを無理やりしてしまっているために、次の段階へと進んで行ってしまうのです。

 

動物に威嚇が出たとき、それでもその子に日常的にしなければならないことであれば、威嚇が出ないぐらい小さな刺激から練習することが必要です。

威嚇しているのに「やり続ければ慣れてくれるはず」「慣らすためにさらに頻度を増す」というのは実は大間違いな考え方になりますので、まずは一つ心に留めておいてくださいねしっぽフリフリ

 

ではどうやったら「慣らす」ことができるのか!!?

など、引き続き「逃げる/避ける」をテーマに書いてみたいと思っていますので、どうぞお楽しみに三毛猫

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どん底から (2004/12/31)    
 
忙しくて頑張っているときと同じくらい、
辛くて頭からもぐり込んでいるときも文章が書けない。
そういうことに気付いた冬。
 
辛いことを辛いと、
苦しいことを苦しいと、
逃げ出したいことが沢山あることを、
言葉に表すことさえできないそんなとき。
その瞬間って残せないよ。
だからどんな「どん底からのサクセスストーリー」を応援歌にされても
自分のどん底からは這い上がれないのかもしれない。
引き上げてくれるのはたった一つ自分自身の小さなサクセス☆
 
だから
枕を離す勇気が芽吹いて
布団からゆっくり顔を出して
一歩外の空気を吸って
そして
誰かに会ったら、その人を少しだけ幸せにしてあげる何かを考える。
そのサクセスをちょっとづつ積み上げて
元気になるための応援歌を作る。

 

(獣医学専修5年の冬)
 
【解説!?
ブログ更新が相変わらず滞ってしまうので(汗)、前回の「どん底」つながりで、過去の私も引っ張ってきてみましたが、本当に昔も今も変わりません。

他人のサクセスストーリーは「どん底から抜けられた人」が書いたもの。だからどん底のときは他人の「ああしたらいいよ」「こうしてみれば」なんて、たぶん聞かなくていいんです。

自分がこうしたい!と思うことをする。できれば感情を表に出せる場所や方法を見つける(泣く、叫ぶ、怒りをぶつける、無理なら愚痴や叫びを書きまくる!)。

そして待つ。小さなサクセスを作れる自分が目覚めるときを。

自分を大切にしよう。自分は自分で大丈夫。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

いつの間にかと言うか、怒涛のように5月が終わっており、もう6月半ば…、なんてことガーン

犬猫の話題ではないですが、5月大波乱の上の子が少し落ち着いたところで、今度は下の子がアデノと手足口病を同時に発症。

見事に出席停止をくらっておりました。

5月の大波乱から続けて私もけっこう参ってしまい、文章が書けない程度にちょっとどん底でしたあせる

 

文章って昔から思っていますが、どん底(まで行かなくとも気持ちが下向いている)のときには書けないんですよね。

まぁ、愚痴は書けますが、愚痴を書いてアップしても、それを読んだ人が楽しいのか?と一呼吸考えると、もうアップできなくなってしまいます。

 

で、そこを少~し抜け出して、振り返ると書ける。

底にいた間も考えるだけは無限に色々考え続けていたから、ネタはある。

 

にしても、しんどかった(笑)。

 

今日は自分のこと、人の「自尊感情」と子育てについて少し。

「自尊感情」って、自分のことをスゴイなとか頑張ってるな、いいやつだぞと思える気持ち。自分を大切に思える気持ちのことです。

実は、私、この自尊感情が極めて揺らぎやすい(基本は低い)タイプの人間です。

というか、公私の公(オフィシャル)な自分は自尊感情が高く、私(プライベート)の自分は自尊感情が低いんですね、めんどくさいことに。

でも、オフィシャルでは高いから、外に出て活動していると、「あ、自分は人のためになれているんだな」と思える。その気持ちをプライベートの時間まで維持できると調子がいいけれど、プライベートが主になると落ち込みやすい。プライベートで下がりすぎるとオフィシャルにも影響が出る。

そして、ここに子育て(現在のプライベートのメイン)の罠もあるわけなんです(笑)。

 

子育てというのは、基本 家にこもって他人の世話を焼き、頑張っても子供は思い通りにならず、むしろ家がグチャグチャになったり、予定通りものごとが運ばなかったり、イライラして嫌いな自分が現れる時間が増えたり、そこまでしているのに、誰も誉めてくれない!!ものです。

これでも素晴らしいお母さんをしている人って、よっぽど子育てに向いているのか、根っからのポジティブ(自尊感情が高い)か、周りのサポートが絶妙(家族が手伝ってくれる、一人の時間が持てる、「いつも(頑張ってくれて)ありがとう」と言ってくれる人がいるなど)なんだろうな~と思います。

 

子育ては一人でしてはいけない。

子育てで鬱になる(育児ノイローゼ)人がいるのは、子育てとは一人で全部やっていると、確実に自尊感情が下がる環境だから!!です。

IMG_20170613_222429553.jpg

 

登校困難(→不登校→引きこもり→ニート等)になってしまう子供(人)も、(全てひとくくりにはできないですが)自尊感情が下がっていることが多いようで、「自分に自信を持てるようにしましょう」「得意なことをさせましょう」「エラーレスの環境(生活、学習)を整えてあげましょう」と言われています。…後述の「発達を科学する」、他 学んだことより

 

不安傾向の犬のしつけと一緒やな~わんわん

 

不安な動物(もちろん人間も含む)に、トライ&エラーで学べ(失敗は成功の元、失敗から学べ)というのは非常に困難だから、今の教育の主流は「成功を誉めて育てよ」の陽性強化なんですね。

 

書く順序が混乱していますが、最近、人間の発達障害、学習障害、自閉などについて勉強しています(自分も発達障害と自閉だったのかな、という気づきがあったので…)が、これまた私が専門にしている「行動学・心理学」の一分野の話なので、学んだことを動物に投影できることもあったり、非常に知識欲をそそられます。

 

私はいったい何者になるんだろう…(笑)。

 

それに関連して、以前から興味のある講座をつまみ聴講しているgaccoの講座の「子どもの発達を科学する」からも色々学ばせて頂きました。

関心のある方は見てみて下さいね~。

また、たぶんこれはこれで、レビューしたいと思っていますが。

 

以上、本日は伝わる人には伝わるかもしれないけれど、脈絡なく、私の頭の中の連想ゲームほぼそのままに綴ってしまいました、分かりにくくてゴメンナサイ。

日々いろんなことを考えます。いろんなことを思いついたり、書きたいと思ったり、まとめたいと思ったりするものの、時間が足りません。

頭グルグル考えすぎて、無駄なんですが、これが私で、この頭グルグルがあるから、多分、ものすごく人の感情や動物の感情(特に不安)について考えることや察することができて、今の仕事ができるんだろうなぁ、と思います。

動物の不安を減らす役に立てて、そして子供の心の育ちと動物を結びつけることがライフワーク。これですねチューリップオレンジ

 

なんとかオチがついたようなので、本日はこれにて音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、ブログ書けていなくてゴメンナサイ。
お知らせでーす。
 
イベント等でお世話になっている、堤トレーナーの『deep-dog 飼い主塾』が、7月にピカピカの店舗でリニューアルオープンするそうですラブ
 
 
現在、プレオープン期間の犬の幼稚園のモニター募集(1歳未満は無料びっくり?、1歳以上もモニター料金キラキラ)もされているので、ぜひブログ覗いてみてください音符
 
私も遊びにいきたいな~しっぽフリフリ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。