☆獣医師 中野あや@動物行動クリニックなかの☆小動物のしつけ・行動相談☆犬猫子どもとの暮らし応援ブログ☆

犬猫のしつけ・行動相談をおこなっています☆
パピーパーティについて~子犬の時期に知ってほしいこと☆
犬猫との暮らしについて☆
犬猫と子供のいる家庭・ママ応援します☆

☆動物行動クリニックなかの☆クリニックHPはこちら↓↓です

http://www.eonet.ne.jp/~abc-nakano/

詳細はメッセージ等でお問い合わせください。


現在、犬猫のしつけ・行動相談等を行っている動物病院

(不定期です:日程・詳細は病院にお問い合わせください)


松尾動物病院  http://www.kk-acc.jp/matuo/ 078-911-0234

ジェームス山ペットクリニック http://www.james-pc.co.jp/078-753-2273

やまびこ動物病院 http://yamabiko-vet.com/ 078-975-8611


神戸市垂水区・西区、明石市にて個人でも相談をお受けしています。
他の地域も交通費相談でお伺い、またはお越し頂き診療可能です。




テーマ:
昨日の
クローズアップ現代+『追跡!ペットビジネスの闇』
ご覧になりましたか?

NHKのHPでダイジェスト(というかほぼ全部いい感じに)がまとめられているので、テレビを見逃した方はぜひ見てみて下さい☆
クローズアップ現代+『追跡!ペットビジネスの闇』
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3811/1.html


内容は「ペット引き取り業者」が横行しているというもの。
愛護法の改正によって、保健所がブリーダーやショップからの引取りを拒否できるようになり、その結果 余った動物を引き取り飼い殺す「引き取り屋」が増えているのではないか、というものでした。

テレビはかなり衝撃的な映像がHPよりも多く流れましたが、私はペットショップで動物を飼う前の人にぜひ見てほしい映像だと思いました。

放送では日本人の「純血志向」に問題があるということも言われましたが、確かに一理ないとも言えないものの、私はむしろメディアでその子犬や子猫をこれみよがしにペットの知識のない一般人に向けて流していることの方が問題じゃないかと思います。

メディアがこぞってペット流通の闇を流せば、誰もペットショップで買おうとは思わなくなる。
単純なことなのに。

カワイイ子犬ランキングをやったりする民放の番組は、そのスポンサーに大手ペットショップやなんかがついているということなのかな。
ならば、次はそのメディア業界の闇もぜひ特集してほしいものです。

とりあえず、ダイジェスト見てみて下さい!!!



この子も、生後5が月、ペットショップのショーケースとは別に置かれたケージに入れられ、来るお客さん来るお客さんにワンワカ吠え続けていた子でした。
もうすぐ9歳。
怖がりで、後から家族になった幼い娘が怖くて何度も咬んだものの、今はスッカリ娘の大事な犬になり、娘の友達にも触らせてくれる犬になりました。
…というのは、全くの余談ですが…。

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回『①金魚は苦手』からの続きです。

2匹になった金魚さん。
そのうち、1匹はなんか泳ぎ方よわよわ。
そもそも、金魚あんまり好きくない私。
しかも今週予定いっぱいでそれどころじゃない。。

子供の関心、かなり金魚から離れてしまった、金魚導入から5日目。


旦那さんと金魚について協議する。

白点病は確定。白い点々が体に見える。
しかし、治療の薬は数千円?
旦那はもともとメダカを飼いたがっていた。。。
子供の金魚への関心。。。。。これだから子供はっ!!

私的には「もう看取ろうよ。。」が80%、「塩水にぐらいつける?」が20%というところ。

しかーし、旦那さんは私のやる気がないことにより天邪鬼根性が首をもたげたのか、突然塩を測りはじめる!!


金魚さんの塩水浴について今回調べたこと
金魚さんは体の塩分濃度が0.6%程度
(なので真水=塩分0%にいると体に水が入り、頑張って尿で水を外に出している)
体の塩分濃度に近い塩水に入れると浸透圧のストレスがなくなり元気になる
塩によって初期であれば(とたいてい書いてある)寄生虫を駆除できる
濃すぎると死ぬ!! …なので0.5%塩水を作るのが一般的
0.5%塩水は1Lの水に塩5g(小さじ1)
(=500mlペットボトル2杯の水に塩小さじ1 =500mlペット6杯の水(3L)に塩大さじ1(15g)ぐらいです)
塩はなんでもいいらしい
本来 金魚を迎えたら数日これをやって寄生虫を落としてから飼うべきらしい


というわけで、2匹の病気金魚の入った水槽に旦那が塩を測って溶いた水を流し込む。。。


あら不思議!!
2匹が明らかに元気に泳ぎだしたではないか!!!
ミラクル!!!


そして翌朝。
2匹の金魚たちは元通り、というか元気だった方もひどくダルそうに泳いでいる。。。
いや、弱っていた方はもはや泳ぎもせず止まっている?
なんだ??塩水に入れたのにもう弱ってるじゃん!?


というわけで、次回「最後の1匹を救え!」に続く


余談。
金魚の塩分濃度は約0.6%
人間の塩分濃度は約0.85% …だから人用の生理食塩水では金魚は濃すぎていずれ死ぬようです。
お風呂に長く入ると手がふやけるのも水が浸透圧で体に入るからなんだって。
でもって、
海水の濃度は約3% …1Lの水に塩30g(小さじ5gで6杯、大さじ15gで2杯)だそうです。
だから、アサリの塩抜きをするときもこんなに塩を入れるのね、今まで知らずにてきとーに塩を振っていたけど、塩の無駄だったのか。。。
某 くっく○っどによると、上記3%塩水につけて暗くして3時間で塩抜き完了だそうです、参考までに!

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
魚のお医者さんになれるか!?なんて、大それたことを書いておりますが、初めに申し上げて、私、水生の生き物は哺乳類以外は全般苦手な人間です。
魚も見てる分にはキレイだし、食べるのは好きですが、あえて飼いたいとは思いません。
カメも日光浴のつもりが熱射病(アスファルトで焼け死んだのかも…)で亡くすという幼少期の暗い思い出を持っており飼いたいと思わないですし、ましてやカエルは嫌いです。

『獣医さんになるぐらいだから動物全部好きに違いない!』なんてのは夢物語です。
いえ、全般好きな先生もたぶんたくさんいるとは思いますが、私は恒温動物が好きな獣医です。
ついでに虫も嫌いです…、なんかスミマセン。


さて、これまで子供が魚を欲しがるたびに「猫が食べる」を理由に避け続けていたのに、魚が、ついに家にやってきてしまい、タイトルの『魚のお医者さん~』の話が始まってしまいました。

前書きだけで長すぎるので、複数回に分けてになる予感ぷんぷんですが、ハジマリハジマリ。


まず、なぜ魚がやってきたのか!?
それはありきたりですが、金魚すくいでした(T T)。
そもそも、金魚すくいの金魚は「動物福祉」の観点からはありえないギュウ詰め過密飼育の劣悪環境におかれ、しかも子供たちに追い回されかき回され…、そして捕まるのは弱った金魚から…、という冷静に考えて健康に家で育つ金魚の素質なんて極めてゼロに近いこと、ご存じの方も多いと思います。
それでも子供の快楽としてそれをさせるのか、他の子がしてるからさせてやるのか、特に気にしたことがないのか、金魚すくいにお金を出す親の気持ちは様々だと思いますが、私は「NO! 長生きもできない魚を連れて帰るな!」でこれまで金魚すくいさせたことナッシングでした。

ところが、敵(子供)もさる者! この度ついに「友達のお母さんにねだる」という知恵がついたのか高等テクニックを駆使して2匹の金魚を持って帰ってきたのでした。
「ちっ」




しかし持って帰ってきたものはしょうがないので、旦那に水槽を買ってきてもらうことにして飼うことに決定。


が、
水槽が届く前に1匹死亡。。。。。

買いに行った旦那さんに急遽電話をし、「1匹じゃ虚しいから仲間金魚も買ってきて」と金魚追加。


我が家の水槽を3匹の金魚が泳ぐことになりました。


が、翌日2匹目死亡!!!!!!!!!


やっぱりか! 20数年ぶりの金魚飼育なめすぎてました。
ノートリートメントの金魚すくい金魚が速攻で死亡。。。

でもショップっ子は強いはず!?
と思っていたけど、なんと翌々日には、買ってきた金魚も1匹元気がない。。。。。。
旦那や子供には違いがわからないらしいが、どうみても1匹元気がない。
ショップ由来金魚なのに病気うつってしまった。。。ゴメン、金魚ゴメン。


あとあと調べたところ、金魚界では超メジャーな白点病にかかってたわけですが、白点病、なんと病気金魚がいる水1滴からでもうつるんだとか。
ショップ金魚、一緒にするんじゃなかった…、と思うが後の祭りで次回へつづく!!


白点病メモ
・金魚やメダカなどのおうち飼育でおそらく最もメジャーな寄生虫の病気
・初期は体を痒がり、海草などにこすりつける(全然気づかなかったけど…)
・ひどくなると体に白点(ていうか初心者はこの段階まで気づかないって…)
・イクチオフチリウス
・6~25℃の水温で繁殖??
・水が汚いとき・水槽温が下がる時期に金魚の病気で出やすいらしい

詳細はwikiってもらったりググっていただくと、いろんな人が書いてます(^^)

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
タイトルの通り、本日我が家のミルクキャットたちが神戸市動物管理センターに旅立ちました。
ミルクボランティアについてはコチラ

意外と大きな子たちを引き受けたので、あっという間にみんなそれぞれ充分旅立てる大きさと心に育ち、譲渡前の検査等の時間も考えて、「飼主さんのもとへと引き継がれ、そして新しい家庭で愛着を結ぶには今!!」という強い思い入れももってセンターにお返しさせて頂きました。



かなり人に慣れ、ミャーミャー甘え声を出してくれるようになった子猫たち。
本当に短い期間でしたが、子猫たちの成長を感じることができました。

心残りがあるとすれば、我が家に来た生後約4週で既にしっかりママから学んでいた(と思われる)威嚇のシャーがほぼ出なくなったのは2頭のみということ。
あとの2頭は寝起きなど驚かすとまだシャーが出てしまいます。でも出てしまうからこそ、早く一生の飼主さんと絆を結んでもらいたいので旅立ちを今と読んだことも確かです。
そしてこの2頭、特に甘えん坊でよく遊ぶ子たちなのでいい飼主さんと出会って、残り半分の社会化期の間にシャーを言わない人生(猫生)を歩み始めてくれると信じています☆

動物管理センターで検査をクリアし必要な処置が終わると、譲渡猫として登録されます。
神戸市動物管理センターの譲渡ページはこちら

譲渡を受けるには、あらかじめ登録して講習を受ける必要がありますので、保護猫たちを救い家族に迎えたいと考えている方は、気に入った子猫が登録される前に、ぜひご自身のご登録をお願いしますね。
猫が人間と愛着を結ぶのに重要な「社会化期」は生後9週齢までと言われており、子猫たちにとっては、まさにその子猫たるカワイさ全開のうちに新しい家庭に慣れるのが最良です。
どうぞ、子猫たちを待たせないでやってください。


春から初夏は子猫がたくさん産まれます。
続々 譲渡対象の子猫たちがデビューしてくると思いますので、本当に、この記事を読んだら(笑)、ご自身の里親ご登録お願いいたします☆

参考に、神戸市動物管理センターの譲渡までのフローチャートも神戸市のHPからお借りして載せさせていただきます。


※正式なものは市のHPからダウンロードしてください


別れはちょっとしょっぱいけれど、旅立った子猫たちに明るい未来が待っていますように!
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日のことですが、突然近所の子供たちに呼び出され、公園に連れて行かれるという素敵なイベント(笑)がありました。
子供たちは口ぐちに「鳥がケガをして落ちてる!」「鳥が飛べないから見て!」と言います。

うーん、鳥。しかも野鳥…、できることがあるんかいな、と思いつつも、ついて行ってみました。

その結果、が、まさしくコレ!!です↓↓↓





写メったもので見にくくてごめんなさい。

子供たちが見つけたヒナも、巣立ち頃のヒナだったようです。
羽はまだ毛羽立ち不揃いなのの、目も開き、一生懸命羽ばたきながら…、落ちていく感じの鳥でしたが、幸い折れたりケガをした様子はありませんでした。

子供たちは地面にいて動かない鳥を見つけて、「ケガをして飛べない!」と思ったようです。

子供たちが毎日大勢きて駆け回る公園の緑地部分だったので、子供がこれ以上触らないように、そしてカラスに見つからないように、安定して乗っていられそうな木の上の高い場所を探し、木登りが得意な子に登って置いてもらいました。

しかし、鳥のヒナ事件に集まった子供は、まぁ10人以上?15人かもっといたんじゃないかな。
さすがに親鳥おっても近づけんよな~という事態になってしまい、しかも結構さわってしまったようなので親鳥が来るかどうか…。

でも、子供たちのそんな何とかしたい暖かい気持ちはとても嬉しいし清々しいですよね。
やっぱり子供はみんな動物が好きなんだな(^^)。
親鳥が餌をもって戻ってくれますように。
親鳥が来るまでヒナの体力が持ちますように。

子供たちも祈っていると思います。

今日、子供たちが学校に行っている間にヒナを置いた木の周りを見てきたところ、ヒナは見当たらず、木の下にも落ちていなかったので、お母さん鳥と無事に飛んで行けたのかもしれません。
ヒナ自身の運命と生死の分岐点、自然界はきっとまだまだ厳しいだろうけれど、ヒナが強く生きてくれますように。


そして、最後に、巣立ち頃のヒナを見つけた時の対応、皆さんもぜひご一読ください。
・基本はそのまま見守る!!
(ただしその場を離れてあげてね、親鳥が近づけないから)
・危険な場所であれば安全な場所に移して見守る
・巣がわかれば巣に戻す
・ケガをしている、明らかに巣立ち前だが巣がわからないときは市や県の鳥獣保護担当部署へ!

ヒナへの対応はこちらのページにも載ってます☆

ヒナを拾わないでキャンペーン


ヒナちゃん、頑張れ!!!

いいね!(13)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。