アメリカに 単身やってきてから 早いもので もう20年になります。辛いこともあったけど、大学、大学院、就職、仕事、数多いデート、そしてアメリカ人の彼との結婚等々 楽しい思い出も一杯。今までとこれからの生活で 起こった色々なことを 少しずつ 書いていくつもり。


コメント、ペタを楽しみにしてます!


私のことをもっと知りたい!と思われる方は、コチラ へ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Tue, September 25, 2012 09:55:00

喧嘩できてこそ・妥協できてこそ・しまりすさん考

テーマ:Dating in the USA
先週は 本当に久々に旦那サマが1週間出張無しの週だったので、平日の夜に一緒に外食したり外出したりと結構忙しい週でした。

さて、前回の私の「喧嘩できてこそ・妥協できてこそ」のアップと丁度同じタイミングで しまりすさん(超クールでカッコ良いSFにてデザイン・製作なさっている… もうこういう方、凄く尊敬です)が 非常に心に残る記事を書いてらしたので リンクさせていただきます。

「パンが無ければ、お菓子を、、、」
(以下 引用させて頂きましたが、是非全文を上リンクからお読み下さい)

この辺、
バーバル・コミュニケーションも大事ですが、
「ノンバーバル」であるところのコミュニケーション
によって、そういう匂いを嗅ぎ分けてゆくことも
大切だったりするし、


喧嘩したとき、
話を聞いてくれているのかどうか、
わかろうと努力してくれているか、

わかってくれるまで、
こちらも絶対折れない、
なんつうか


自分の
「人としての尊厳」に対して敏感であること
が一番、大切なのかもしれませんね。ええ。


もう、私の言いたい事をドンピシャリと書い下さってるので、付け足しは野暮なんですけど敢えて一言。
リレーションシップって二人いなきゃ出来ないモノ…バーバルにしろノンバーバルにしろ コミュニケーションの技術と度量は必要だし、コミュニケーションの面で相性の合うお相手に巡り会う事の方が肩書きのみのお相手とお付き合いするより長続きする確立は高いんじゃあないかしら?

婚活中、特に国際婚活中の方、ご参考まで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Thu, September 13, 2012 13:00:00

喧嘩できてこそ・妥協できてこそ・2

テーマ:Dating in the USA
昨日の私なりの考察にちょっと追記です。

あれを書いてからもうちょっと考えてみたのですが、もしかしたら 「建設的にお互いのオピニオンを聴き合い、理解し合い、妥協し合う」にはそうさせてくれる相手が必要なのかな…とも思いました。言い換えれば 建設的にお互いのオピニオンを聴き合い、理解し合い、妥協し合うことをさせてくれる相手の存在が その行為と同じ位重要なのかも。

好きだという気持ちがあっても、相手が譲ってくれない人だったり自分から譲りたいと思え無い人だったとしたら、その人とのリレーションシップは長続きしないでしょうね、多分。

婚活中の方々、妥協出来る心と勇気を持たせてくれるお相手と、そして同時に妥協出来る心と勇気を持つお相手を見つけられれば Jackpott (大当たり)ですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, September 12, 2012 13:56:00

喧嘩できてこそ・妥協できてこそ

テーマ:Dating in the USA
昨晩は 仕事が終わった後行きつけのワインバーへ一人でふらっと行って来ました。とっても小さいバーなんですけど ご近所バーってカンジの処で、大抵は他の常連さん兼友人と出くわします。

昨晩もやはり友達の一人であるKC君とワインを飲みながら 色々と話をしたんです。会話の前半は最近別れた彼女とのリレーションシップについて。この話もかなり興味深い話だったので、又別の機会に書きたいと思います。

後半は最近日本女性の婚活、特に国際婚活について話が盛り上がりました。KC君はアメリカ人なのでもちろん「婚活」と云う言葉は初めて聞く言葉なんですが、欧米人をターゲットに婚活をする女性の事や、欧米人との結婚を求めてこちらへいらっしゃる女性がかなりいる事、そして特にお相手の役職や収入などにこだわりのある女性がいる事などの話しをすると かなりビックリしていました。

そんな欧米人との結婚へ向けての婚活をする女性について 彼が一言。
KC: 「で、そう云う女性はもちろん英語が話せるんだよね?」
私: 「うーん、そうとは限らないみたい。英会話を勉強している人は多いと思うけど。」
KC: 「同じ国同士の結婚でも難しいのに、コミュニケーションの出来無い人とどうやって結婚して行けるの?特にエクゼクティブの妻なんかは社交的な事もこなさないといけないし。」

ここで二人でかなり色々と話し込んだんですけどね、結論としては言語の部分は関係なく、まずは相手とコミュニケーションが上手に出来なければリレーションシップとか結婚とかは難しいんじゃないかと。 手っ取り早く言うと ケンカができなくっちゃリレーションシップは長く続かないんじゃないかと言う事なんですよ。ケンカ、と云っても掴みあいのケンカとか怒鳴りあいのケンカとかじゃ無いんですよ。私が言いたいのは 建設的にお互いのオピニオンを聴き合い、理解し合い、妥協し合う事。あっ、ここで云う妥協って 建設的な話し合いから生まれたものであってネガティブな事じゃあ無いんですよね。

これって語学力とか言語の部分だけじゃあなくって、言う勇気、そして聞く度量が必要なんじゃないかな? そしてこれは日本人同士、アメリカ人同士、国際カップル、どれも関係無いですよね。ただし国際婚活をしたい女性の場合、理解してもらう事も 理解してあげる事も まずはコミュニケーションの技術はかなり重要なんじゃないかと。

KC君曰く、「リレーションシップは妥協し合う事。」
私も心に留め続けたいと思います。

photo:01


(先日 友人宅でのプール・パーティー。日が暮れてからプールサイドで映画鑑賞しました。)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。