プニちゃんに言わせて!

バリアフリーって、ココロだよ。ダブル難病と
障害の「困った」を創意工夫と他人力もちゃっかり借りて「良かった」に変えて生きています。


テーマ:
電車に乗ることが多いのですが、この数年、駅のバリアフリー化は、ずいぶん進みました。

しかし、在来線ホームと電車の床の間には段差が大きいものでは20cmから30cmあるのが現状です。隙間も、10cm以上はあるように思います。

 車いすでは、スロープをかけてもらわないと乗り込むのは絶対に無理。

 杖と装具で歩いている場合は、上記のギャップ次第です。

エレベーターは、ホームの中央にある駅が多いのですが、JR下関駅は構造上どうしようもなかったとのことで、エレベーターはホームの端っこにあります。
 先頭車両から、十数メートル先に、階段の横を通る狭い通路があって、ホームの端まで行くと、トイレの向かい会わせにエレベーターがあります。

 乗り換えで、上手に選べば、同じホームの向かい側で、山陽本線と鹿児島本線(九州方面)を乗り継ぐことができます。ヘ(゚∀゚*)ノ

 そんなわけで、先頭車両に乗るか真ん中の車両に乗るか、あらかじめ考えておく必要があります。
下手するとホームを長い距離移動して、エレベーターに乗って、違うホームに移動して、またホームを行く…

 内部障害もありますので、やたらに歩き回るとしんどいです。(x_x;)

 ホームを横切ったり、階段へ向かう人の流れと違う方向に進むのは障がい者にとっては、恐怖なのです。杖をひっかけられたり、接触して転ぶことはしばしばあります。

 車いすのほうが安全なのですが、事前に駅員さんに連絡、最低でも15分前には指定された場所に待機することになりますので、時間に余裕のある場合は良いですが、日常の通勤にはやはり遠慮してしまいます。

新幹線は、段差も隙間も小さいので、車いすでも、キャスター上げで越えられそうです。(^_^)v実際には駅員さんがスロープをかける決まりになっているので、やったことはありません。

視覚障碍者の転落事故の問題すら、解決していません。まだ対応できない古い構造の駅が全国津々浦々、あるのでしょう。

オリンピックまでに、東京だけじゃなくて、日本の駅を、安全・バリアフリーなものにする国家予算をつけてくれー!

インフラ整備は、日本の得意とするところでしょ?

小倉駅の快速電車:高さがほぼ一緒。(一枚目)
下関駅:電車のほうが一段高い。(2・3枚目)
電車とホームの段差5
電車とホームの段差3
電車とホームの段差2
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ サルコイドーシスへ
にほんブログ村にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。