腐ってやがる・・・ぷログ

オタク系海洋生物ぷログです。

ぷっとしたログだからぷログ。

時々、というか度々ネタが生えてきます。
最近はふなっしー依存気味。


テーマ:


腐ってやがる・・・ぷログ-ポニョ捕まる  
囚われた人面魚


久々に、「崖の上のポニョ」がテレビ放映されました。


このアニメ適度に出鱈目で私は大好きです。

そして、「女の子が男の子に会いたいというだけで、町を水没させたり、世界を危機に陥れるような話はいけない」という良心的な人も恐らく世の中にはいるでしょう。

何がいけないのか、「個人的なことで公益に大きな被害が出る話がいけない」という見方でしょうが、そういう見方は実に大人な、つまり政治的な見方なのではないかと思います。


ところで宮崎監督はそういう政治的なテーマは作品で語らない人ではないかと思っていたら、実際そう公言しているようです。

人によっては、環境問題をテーマにすることで左翼と見る向きもありますが、これは昔日本において左翼の人たちがエコロジーを語るようになったという点に起因している偏った見方で、何でもかんでも政治的に語れると思うと、そういう思い違いをするのだと思っています。


しかしながら、政治的なテーマを語らない代わりに、政治と離れた正義を貫く人が政治の立場から非難、敵対される作品は度々描いています。

ただ、貫く人は人をやめて、豚だったり、山犬の娘になっているので、そもそも人間の政治の側に立つ必要はなくなっている訳ですが。

たとえば、「紅の豚」のポルコは戦争で仲間を失い、戦争と離れた所で飛行気乗りである為に豚になりました、これは人間である限り政治と関わり戦争と関わらなければならなくなるからでしょう。

「もののけ姫」のサンも、山犬の娘という立場から、鉄を生産する人々が木を伐採したりするのに対立しています。これも工業化による豊かな生活を旨とする政治的な正義と対立している訳です。


しかしながら、この世界の正義のあり方を政治から離れた部分で描き出す姿を人をやめた者を通して描くのは、アニメーションという非現実を現実化できるメディアだからこそ出来るのではないかという気がするのです。

また、ポルコもサンも人と人ならざるものの狭間で揺り動かされる存在です。


さて、偉く長くなりましたが、ポニョにおいてはこれに該当するのはポニョではなく、父親のフジモトです。

人でありながら、海を愛し、海の女神と結ばれて海を護る立場になった人です。

そう、地球の為に人類の滅びを用意していた彼も人を捨てた存在です。


しかし、今までと違うのは揺り動かされる存在に子供がいるということです。

子供に親の事情なんか関係ありません。

お陰で悩んで人間を捨てたフジモトを差し置いて、ポニョはいともあっさりとハムを食い人間の道を選びます。


実はポニョは宮崎監督が息子の為に作った、という旨の発言をしていた気がするのですが、ポニョはそんな父親に反抗して、逆に半魚人の正体を持ちながら人として生きることが出来るのかが本筋になります。

ファミリー向けのイメージに反して実に情報が詰まったジプリのアニメの中でもポニョは子供に向けたつくりで比較的シンプルですが、故に簡潔に宗助がポニョの存在を認め、ともに生きる選択をする事でこの物語は完結します。


思えば、山犬の娘のサンが抱えていた葛藤は当人のもの、ここではフジモトの葛藤ですが、それを子供の代にまで敢えて強制しないのも親の愛ではないでしょうか。

そうなるとフジモトは宮崎監督を反映し、子供は・・・言わずもがな。

つまりジプリで作品を作り続けるであろう息子に宮崎駿の作風にこだわる必要はないという肯定なのかな・・・と思うのですが、どうでしょう。


まあ、他に・・・というか、これは私がリアルタイムで見た感想ですが、実は人間が自然を護ると言っても人間をやめてまでできるのか、これは子供が親を裏切る事で一つの破綻ともいえるのかな・・・とか思ってて、結構そういうところも好きなんですけどね。

そもそも環境問題に真面目に向き合わなければこういう形の破綻さえも思いつきはしないだろうから。


追伸

宮崎監督は映画にテーマが要らないと言ったので、政治的なテーマ云々とは言ってないという指摘を頂きました。

ただ、映画そのものに傾向や作風があって、それについて語ってみたんだけどね。

結局の所、作品を語ることは思い入れや琴線に触れた部分を語るので、正しい読み方や意味を模索しても誤読することもあるし、逆にあかの他人が作り手の想いを代弁というのはおこがましいとは思うんだけどね。

正しい読み方があったとして、みんながそれに固執したら、誰が語っても同じ文章しか出来ない訳で。

クリックしてください、水から出てきます。

             人気blogランキングへ










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今回の文章は、安斉トモ子さんへ「文章を書く」プレゼントをし、受けたリクエストに基づいて書いたものである。

携帯などで読みやすいように前後編に分けて送ります。


ここまで、大空ひばりを彼女と呼んでいる。通常は彼呼ばわりなのだと思うが、ここでは大空ひばり本人の意向を尊重したいと思う。

このように男性の肉体を持つ少女である彼女に関しては様々な面で物議をかもす事もあり「大空ひばりは女装して欲情しないのか」と言う人もいた。
私は、それは考えた事もなかった。夢の中のオカズがあの耕作君という人が女装で欲情はしない気がする。
もっとも女装は女性でも何らかの感情を呼び起こしている気もしなくはない。
ただ女性の場合ポジティブな感情へ変換されるものが、男性はネガティブな感情へ変換されるのではないかと・・・、ただそんな常習性の毒も毎日摂取していれば、肉体の方が慣れてしまう。そして日常になれば、ただのプロセスと化す。
かのように、その問いは愚問なのだが、世の中には「女装は欲情するもの」と語りたがる人がいるらしく、ネットで、そういう相手に反論をしたら、IPから素性を暴かれたという話を聞いた、恐ろしい話である。

まあ、兎に角、ひばりくんが男性で主人公の耕作が「それを良しとしない」ということでないならば、そのまま恋愛へなだれ込んでもおかしくない。いやそこが見せ場なのであろうが、兎に角ひばりくんは隙のない惚れるレベルでかっこいいキャラクターとして描かれている。

特に彼女はめちゃくちゃ強いと言う設定であり、描写もある。私は今までその特色は彼女が男性であるという演出だと思っていた。というよりこの部分を過大に信じてひばりくんを男性として好きな女性ファンもいたのではないだろうか。
しかし、改めて見てみるとこれも「うる星やつら」のしのぶのように、「少女に怪力」と言うややギャグ入ったキャラ付けであったようだ。
もっともそれが事実であれば、作者江口もひばりくんを何処か女性であるように描いていたのではないか、とも思えるのであるが、作品中で人間としての魅力が描写されているのは耕作の方である。

それも、ふだんはひばりくんが男だからと袖にするくせに、女のひばりくんに負けられない(作品中で女と断言しているのはここだけでは?)と発奮してボクシング部に入るなどという、男らしく(しかし冷静に考えれば身勝手な気も・・・、ただ相手がうる星やつらのラム並の押しかけ女房属性のひばりくんなので、同情を引く描写もないばかりか、ボクシング部に入った彼はひばりくんに対して女の子はボクシング部に入れないんだっけとか、男性の肉体を持つ彼女の複雑な胸中を一蹴する作品中で一番酷い事を言っているにもかかわらず)、ポジティブに描かれている。

実際、この作品は文庫二巻に収まるほど少ないが、これは作者の江口寿史が最初に投げ出した作品だから完結していない。
最近完結したらしいが、それはあえて扱わない。

作品としては、初期から真ん中までのあたりが一番面白い。
また、ちょうどアニメ化されたのもその部分なのだ。

後半を楽しみにして、二巻を読むとだんだん・・・、休載も多かったのかもしれないが、特定のキャラの言動がマンネリしてきていて、それを作中でネタにしたり、梃入れ的に新キャラの登場、旧キャラの復活とか色々あって、突然終わってしまっていた。

作品がひとつの世界なら、あの世界は突然消滅したのだ。

しかし、この世界の主人公である大空ひばりはなんだったのか、彼女の感情は主観で殆ど描かれる事はないが、本音が描かれていない訳ではない。
それは、「嘘がない」と言う事である、だから嘘をついた人には容赦しない。
たとえ、草の根分けても探し出して殺すと脅されて、恐れて逃げた相手であろうが容赦しないのである(まあ、件の襲撃には姉の失恋の復讐と言う側面もあったのだが)。
男なのに女性として通学しているじゃないかという向きもあろうがが、彼女の心が女性であるのは嘘じゃない(対して「ミントな僕ら」ののえるは女装は本意でない上に、脅して秘密漏洩を防いでいた・・・)。


余談だが、対照的な話として種村有菜の「紳士同盟クロス」でひばりくんの系統を継ぐような女装少年が登場するが、突如男性に戻り、「主人公の親友」から「恋人」になろうとしたが、主人公に倒されて元に戻る。

これは彼女が逃避のために男になろうとしたのが嘘であると看破された為である。

ギャグ作品の自由な世界で「放浪息子」のように、現実の運命に翻弄されずに作品世界を自由に飛び回っていたひばりは、ある日作品世界から飛び去った。

そして「ストップ!!ひばりくん!」は終わった。
当時の江口寿史は明らかにひばりくんのキャラクターをもてあましており、その限りにおいて、かなり苦しんでいたようではある。
作品が作者の意図から離れていったからだと人は言うが真実はわからない。
20数年越しのリクエストに応えて、完結させてしまった今では尚の事。

作品と言うものは、好きな人のものだと私は思っている。
その限りにおいて結末は、現実の世界のひばりくんに委ねられたのだと思う。
実際、その道へ進んだ人の道標になったと言う話はよく聞くのだが、結局この作品は時代が生み出したともいえる。
だからこんな中途で終わったのに忘れられるどころか伝説として残っている。

大空ひばりは現実の世界で希望になったのだ。

ストップ!!ひばりくん! コンプリート・エディション1/江口 寿史
¥1,470
Amazon.co.jp



クリックしてください、止まりません。

            人気blogランキングへ


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の文章は、安斉トモ子さんへ「文章を書く」プレゼントをし、受けたリクエストに基づいて書いたものである。

携帯などで読みやすいように前後編に分けて送ります。


時折、漫画家が叩かれていることがある。
それは色々あるが、批判とは名ばかりの中傷または難癖であると思えることも少なくはない。特にそれは作品の内容について、しかもかなり偽善的な視点からの批判も少なくはない。
しかしながら、作者なら作品を本当に好きに出来るのであろうか?。
否、結局のところ漫画作品の場合、編集サイドの意見も入るから実は漫画家が一人で作品を作っていると言うのは幻想だ。
だが、それだけではない。
人間と言うものは根本的に自分を思い通りに出来るわけではないのである。
今回、取り上げる「ストップ!!ひばりくん!」はそんな作品である。

さて、リアルタイム世代であるが実は原作をまとめてちゃんと読んだのは今回が初めてであるが、アニメ版をほぼ視聴していたので懐かしくなると同時に、アニメ版は出来が悪いと思い込んでいたが、存外に原作よりも演出を凝ったりとそう悪くなかった事実に気づく。
とはいえ、作画レベルでひばりくんの妖艶さを出すには至ってはいない、ただ大空組の面々のどたばたを描くにはちょうどいい感じであったともいえるが。



ストップ!!ひばりくん!DVDコレクション II/出演者不明
 
¥20,790
Amazon.co.jp


現在、客観的な見方と言うか評価としては、当時隆盛を極めたラブコメ路線の少年漫画を茶化す意味でギャグ漫画として作られた作品であるという。
そもそもラブコメ自体が少女漫画の恋愛路線を少年漫画へフィードバックする過程で生まれたものなのだが、しかしながら結局この作品のギャグ路線はラブコメの一ジャンルとして認められ、「きまぐれオレンジロード」の路線へ修練される。
作者の意図からすれば実に皮肉な話である。

しかしながら、この作品自体が作者の意図を受け入れない暴れ馬のような作品だったようである。

当時はオカマやジェンダーマイノリティで笑いをとることがまかり通っていた時代である。ギャグと言うものがそもそも、何処かスレスレの部分をかすめていく性質のものであり、それをとやかく言う必要はないのかもしれないのだが、まあこの漫画もそういう作品になる・・・はずであったようだ。

内容は主人公の耕作少年が母を失い、母の知り合いの伝で上京してみたら知り合いは暴力団大空組で、4姉妹と一つ屋根で暮らす生活という、振って涌いた恋愛ゲーム状態の日常・・・かと思いきや、一番好いてきた妹は実は男性だったと言う話である。

女装少年物の始祖として、伝に有名なこの作品、既に様々なパターンを展開しており、その点でも始祖の名にふさわしいといえるのだが、本来はひばりくん・・・彼女が男性であると言う点をギャグにしたかったらしく、一説には無駄毛処理のシーンなどを入れたかったそうだが、編集サイドから止められたと言う。
また、彼女を美しく描けばギャグになるであろうと言う意図もあったと言う。

そう、この作品はギャグ漫画なのだ。
故に周りの評判でもボクシング部のキャプテン梶君の人気が無駄に高い。
梶君のシュタ!(と手を挙げる様子)とか。

基本女装漫画はファンタジーになる。
というか、現実を鑑みるとそうでないと娯楽にならない題材であるともいえる。
特に「ミントな僕ら」などはいい例である。少女向けの作品の場合、「女は嫌だと」いう普遍のテーマに対応する娯楽としての性質か、最近までは自分はオンナだという自我を持った人はあまり出て来なかった。
(最近は少女少年や紳士同盟?などに女性の自我に忠実に生きるキャラも出てきている)
近年の作品ではずせない「放浪息子」も結局はファンタジーと言う事で辛うじて娯楽として成り立っている。
まあ、今までの作品が宇宙に空気があるのか曖昧で飛行機でも大気圏離脱できるような世界観のファンタジーと規定するなら、放浪は月に空気がなくてロケットでなければ大気圏を離脱できない事を前提に進む、実に地に足が着いたファンタジーといえる。
しかし、ひばりくんはギャグである、そのまま生身で飛んでいって月へ行ってもおかしくないレベルの世界観なのである。

だから、彼女が男性でありながら、女生徒として学校に通う理由は永遠に語られない。
それが「作品の前提」なのだ。
というより、ギャグだからあの時代でこういう作品が成り立ったのかもしれない。

クリックしてください、止まりません。

            人気blogランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。