腐ってやがる・・・ぷログ

オタク系海洋生物ぷログです。

ぷっとしたログだからぷログ。

時々、というか度々ネタが生えてきます。
最近はふなっしー依存気味。


テーマ:
水木しげるさん死去=「ゲゲゲの鬼太郎」など妖怪漫画-文化功労者、93歳
 奇怪な妖怪たちをユーモラスに描き、「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」などの作品で親しまれた人気漫画家の..........≪続きを読む≫

漫画家の水木しげる先生が亡くなりました。

いろいろ思うところはあるのですが、物凄くオモチロイ人だったなと思います。
京極夏彦氏によると、妖怪というもののイメージを固めたのは水木先生だったということです。

もっとも、皆さん、私も含みますが、現世から旅立ったという人が多いのは、やはり水木先生だからなのでしょう。

ご冥福を祈ります。


戦争と読書 水木しげる出征前手記 (角川新書)/著者不明
¥864
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
このブログ、最近中々更新されないんですが、訃報というものもあって、目玉親父の声の田の中勇氏やゾウアザラシのみなぞう君まで、人間に限らず追悼しているのですが、今回平成VSゴジラや平成モスラの特技監督、つまり特撮の監督の川北紘一氏が亡くなりました。

12月5日に肝不全で亡くなったとか。
つい先日、再来年の新しいゴジラ映画が日本で製作されるという話が出たとき、既に物故してたのかと思うと切ないですね。

享年72歳。
キングコング対ゴジラで現場入りして、ウルトラマンエースで特技監督デビューして、ゴジラVSビオランテ以降毎年ゴジラ映画を撮影していたんですね。

川北氏は元ボディビルダーで、帰ってきたウルトラマンで助監督をやったとき、ウルトラマン役も少しだけ演じたとかいううわさもありますが、そのパワーを生かした逸話といえば、ゴジラVSモスラのとき、バトラというモスラの黒い・・・というかトゲ虫みたいな怪獣の着ぐるみが出来た時、助監督が入るも誰一人としてピクリとも動かせない。
そこに川北監督が入って「こうやってうごかすんだよ!」とその体力で動かしてみせたという・・・。

そんなパワーに満ちた方だったので、なくなったことがそもそも信じられません。
ご冥福を祈ります。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

えーと、訃報です。


柔道一直線やがんばれ!!ロボコンの監督の奥中惇夫氏が亡くなりました。


昭和は遠くなりにけり、というか、記録を見てみると、この二作品の他に、先日持ち上げたぐるぐるメダマンや、犬くんと因縁深いレッドビッキーズシリーズ燃えろアタックロボット刑事星雲仮面マシンマン児童、ファミリー向けドラマの監督作品が本当に多い人で、代表作がロボコンというのもあながち間違いではない、というか東映チャンネルでの放送以降、ロボコンの作品に触れられたので、この方の作品をある程度意識するようにはなったのですが、1990年代以降記録映画の道へ進んだらしいです。


まあ、演出に特色が有る監督さんだと、マニアが取り上げる事も多いのですが、実直に基本に忠実な監督さんだと、あまり語られる機会も少ないようで、それこそ私の少年時代の作品を彩った監督の訃報でもあるのでご冥福を祈りたいと思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。