腐ってやがる・・・ぷログ

オタク系海洋生物ぷログです。

ぷっとしたログだからぷログ。

時々、というか度々ネタが生えてきます。
最近はふなっしー依存気味。


テーマ:

ついに最後です。


イリエワニ


イリエワニ ハピネット製ソフビ人形

怪獣じゃないじゃん!、原生爬虫類です。

これ自体は動物大百科というバンダイ系列のハピネットというメーカーがウルトラ怪獣のソフビと同じ企画で動物の人形を作ったもので、出来には様々あるんですが、イリエワニは凄く出来がいいので、元の塗装がよければもっと良かったかも。

全長10メートルの個体も非公式な記録にあるそうで。

実はこのほかにも恐竜のフィギュアとか塗装してるんですが、どうも見本がないとあまり上手く出来ないので、恐竜はやめたのですが、見本を見て塗装したら上手くいった現存するイリエワニを出しました。

すごく塗装が上手くいって気に入ってます。


ウルトラマングレート

 

ウルトラマングレート ボークス製ガレージキット改

去年、コダラーシラリーと一緒に作りました。

だいぶ前に買っておいたものですが、レジンのガレージキットは唯一ですね。

顔とカラータイマーはバンダイの600円のソフビ人形から移植しました。

えっ、なんでってそんな事言えませんよ、ねえ・・・。

ただ、塗装にえらく苦労しました、ウルトラマンなんて塗らない。


ウルトラマンコスモス

ウルトラマンコスモス てれびくん限定ソフビ人形

正直、最初のウルトラマンが好きなので、グレートとかコスモスルナモードみたいな初代マンの派生みたいな物を選んでしまうんですが。

これは塗装がはげた部分はレタッチしてますが、基本商品のままで、実際成型色が着ぐるみの質感に近いので、ただカラータイマーの素材を変えたり、薄めたアクリル塗料で墨入れして、質感を変えています。


ジグラ


ジグラ バンダイ製ソフビ人形

「ガメラ対深海怪獣ジグラ」に登場した怪獣です。

これは、2000年代あたりに出た一回り小さいソフビ人形ですが、前に出したガメラとは丁度いい大きさですね。

大映怪獣は水生生物をモチーフにしてるやつが多いです。

ただ、宇宙人でも巨大化して怪獣になっちまうパターンでバイラスとならんでこいつも知的生命体ですが、宇宙船を壊されて、水圧で巨大化して海中で泳ぎながら宣戦布告をするこいつに知性を感じろといわれても。

パワードザンボラー


パワードザンボラー バンダイ製ソフビ人形

「ウルトラマンパワード」に登場した怪獣です。

ウルトラマンに登場したザンボラーのリメイク版ですが、原典を超えたのはこのくらいかと思います。

ハリウッドで製作してエヴァンゲリオンの前田氏のデザインでリアルにした怪獣が登場するのですが、ザンボラーはいい具合に怪獣らしいモールドとリアリズムが共存した感じの造形に仕上がってます。

ただ高温を発していて、高温による空気の揺らぎで衛星レーザーを跳ね返す場面があるのですが、レーザーがゆがむなら、怪獣自体も見ええなくなるんじゃないかなあ。


ゴジラX


ゴジラX バンダイ製ソフビ人形改

最後の作品はオリジナルまではいきませんが、ゴジラをアレンジしたらどうなるのか。

俺ゴジラを作ってみたくなり、元から作るのはなんですが、せめてどういう表現をしたいのかというのを具現化しました。

ずっと海底で眠っていた爬虫類が、体中に固着生物や貝をつけて、それをばらばら落としながら上陸していき、、表皮にもそれがこびりついているという。

怪獣が上陸したら、見たこともない虫や生物を体から落としていって、見たこともない生態系をつくりあげたり、植物が生えてくるぐらいのほうが面白いんじゃないかなあ。

メガヌロンやショッキラスをチマチマ落としていくんじゃなくて、ポニョみたいに見たこともない生物が徘徊してる世界を怪獣自身が生み出すぐらいの物でもいいと思います。


とりあえず、今回はこれで終わりです。


クリックしてください、今年も半分終わったよ。
               人気blog ランキングへ         

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

猫玉さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。