腐ってやがる・・・ぷログ

オタク系海洋生物ぷログです。

ぷっとしたログだからぷログ。

時々、というか度々ネタが生えてきます。
最近はふなっしー依存気味。


テーマ:
サバ缶などの安い魚の缶詰は、大丈夫だと思っていた・・・。
【全国送料無料】金華さば缶詰 T2(170g) 味噌煮、水煮、醤油味付け8缶×3 (24缶)
 
¥7,560

サバ缶などが値上がりするそうです。

魚自体の値上げとか・・、イワシなんか、人間が食う分より多く家畜に回しているのに・・・、もっとも肝心の燃料費が反映しているのかな・・・。


缶自体の鋼材も値上げしたとか・・・。


また、貧乏人が暮らしにくい世の中が一歩近づいた。


イワシと逢えなくなる日―5億年の結晶『魚種交替』の謎に迫る/河井 智康
 
¥1,275
Amazon.co.jp


あけぼの 炭火焼缶詰 6缶セット(いわし蒲焼・さんま蒲焼・さば照焼 各2缶)
 

¥1,152

e-CORE イーコレ

大場酒店 Yahoo!ショッピング店

クリックしてください、犬くんの荷物積み賃も値上げされます。

                               人気blogランキングへ  

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

有料化したら、犬くんが倒れた時頼めなくなるよ。


大分前に、犬くんが倒れて、救急車が有料だと思っていたので頼まないでいた、という状態で見つかった事があるからなあ、私が無料だと言ったら後から頼んだのだが・・・。


この話、以前にも書いたが・・・、実はその時点で犬くんが明らかにショック状態で担ぎ込まれた状態で危篤状態という・・・。


よく生きているもんだ。

一応、犬くんが自分が倒れたら、自分のものを始末してくれと頼まれたのだが、倒れなくて良かった。


だから、生きているうちになんとかしてくれ。


ちなみに、救急車が有料化しそうなのは、「かゆい」だの「(奥さんを亡くして)胸が苦しい」だの、「灯油を買ってきてくれ」だの、ふざけた依頼が原因だそうです・・、救急車一回の出動は4万かかるそうです。

トミカヒーロー レスキューフォースヒーロー&トミカシリーズ レスキューフォースR4&コアエイダー
¥1,181
Amazon.co.jp



TOMY 【トミカヒーロー・レスキューフォース】 ハンディヒーローシリーズ 『レスキューフォースR1 (アールワン)』
¥630
渋谷模型ヤフー店



クリックしてください、犬くんの荷物積み賃も有料化されます。

                               人気blogランキングへ


声に出して読めないネット掲示板 (中公新書ラクレ)/荷宮 和子
¥777
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「え?ああ、平気へいき。やっぱ、浅野さんはみてて飽きないよ。表情コロコロ変わって面白いね。」

 わかる。今の私は顔が真っ赤だ。なんていうか…。

 その時、鋭い刃みたいな、冷たい声が私と竹田クンの間に差し込まれた。

「こんな状況で、よくやるわ。いちゃつくなら私の見てないとこでやってよ!」

 声の主はいかるのさんだった・・・。


第17話 より


「い・・いちゃつくって何よ!」
「いちゃついてるじゃない!、ふざけないでよ!」
「あーあ…、女ってこれだからな…」
「口挟まない!」
「私の横でウルサイ!」
「ハイ…」
「兎に角、私はなにもしてないってば!」
「してたでしょ、馴れ馴れしく…、顔真っ赤にして」
「おい…」
「何もしていないって言ってるでしょ!、大体他人もいるのよ!」
「人なんかいたっていいわよ!」
「おい!・・、人いないんだよ…」
「そうよ、人いないのよ!…あ…」
「人がいないわけない…、いない…」
薄暗い夕日が差す車両の中には、二人しかいなかった。
二人で…、たった二人で喧嘩をしていたのだ。


「ズダちゃん、どういう事?」
「どう言うも糞も、手前らが喧嘩している間に、みんなおっさんに呼び出されて、さっさと行っちゃったんだよ…、だーからオイって言ったのによぉ」

二人っきりというのはこんなに心細いものかと思ったのだけど…、
「ズダちゃん、みんな戻ってくるかなぁ?」
「知るか、馬鹿」
片腕の人形がさっきまで喧嘩していた子と勝手に会話しているのはなんとなく居心地悪い…。


「あっ…、ひよりん、つばさぁ」
「たまちゃん…」
いかるのさんは私と同時にたまちゃんの名を呼んだ。
「あーあ、仲良く残っちゃって…」
「仲良くなんか…」
「たまちゃんごめんね」
「こいつら面白かったぜ…ウグ…」
人形の口を二人同時に塞いでいた…。


紳士と竹田くんが…、他のお客さんもぞろぞろ戻ってきた。
そして、紳士が言った。
「今から、D-ライナーは駅まで走ります。そこからホテルを手配してあるので、今夜一晩はそちらに泊まってください」
「え…、何があったの?」
「電車は少し修理が必要だから、翌朝まで駅で停車するって」
「つか、このおっさん何者だ。作者の猫がアレだから説明不足だぞ」
「私はこの電車のオーナーです」
「オーナー?」
「つまり、持ち主?」

「私鉄だね」
竹田くんが口を開いた。
「じゃあ、僕はオーナーさんと泊まる事にしたから」
「すでに予約済みの君たち三人と人形君の部屋の分の宿泊費もちゃんと後から支払いますよ」
「えっ」
私とたまちゃんといかるのさん…?。
嫌だな・・と思うのは彼女も同じだったようで…。
「ぼく、男の子だから竹田君と一緒でいいな…、いや…男の子だから」
「大丈夫だよ、いかるのさんの事は言ってあるから」
竹田君の一言で、いかるのさんの表情が暗転した。
呆然とする、いかるのさんの顔。
その時、再び照明が明るく輝くと同時に電車は走り出した。
いかるのさんの心を置き去りにして…。
「やべぇ、魂ぬけてるよ」


「オーナー、じゃあこの電車の事をあとでゆっくりと聞かせてください」
「わかりましたよ」

「あいつら、楽しそうだな」
「そうだね…」
「ああ…、竹田くんが…」


電車が駅につくころにはすっかり、夜になっていた。
「いやあ、二人の面倒見るのか…」と、たまちゃんの顔から伺えたと後に人形から聞かされた…。いかるのさんと相部屋という件だけで頭が一杯で、たまちゃんの事まで分からなかったから。


クリックしてみそ、なんだかよくわからねえ!。

                      人気blogランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。