腐ってやがる・・・ぷログ

オタク系海洋生物ぷログです。

ぷっとしたログだからぷログ。

時々、というか度々ネタが生えてきます。
最近はふなっしー依存気味。

猫路地ィ団体「ランド丸チーズ」の公式ブログです。


このたわけた団体は何をするわけでもありませんが、ここはなんでもありの不思議なプログです。


1990年代特撮作品リスト


検索で来た人が分かりやすくする為の入り口です↑



      
ヒーロー大戦 餌をやるな  


コメントに関して、古い記事のコメントも受け付けるけれど、一部誤認がある部分(分かってても面倒で直していません)を突っ込まれても対応しきれないので華麗にスルーする場合があります(コメントが面白ければその限りではありません)。

また、連載で後から記事内で答える予定の事象などの返答は、答えたその時まで延ばすことも有り得ます。ご容赦ください。

捕鯨に関しては、中立の立場です。

ただ、非科学的な言説の流布が嫌なだけで・・。言っちゃあなんだけど政府の捕鯨推進の論拠って穴だらけで、支持しづらいのよね。

後、調査捕鯨の意義がないとは言わないけど、リスクが多いんだよね。


あと、未成年の方の場合メッセージ送信などに問題があるので、基本このブログは大きなお兄さん、お姉さんなど向けということで。


テーマ:

初夏の怪獣祭り、続けていきます。


テロチルス


テロチルス ポピー製ソフトビニール人形

「帰ってきたウルトラマン」に登場する怪獣です。

これは、古いです1980年ぐらいにポピーから商品化されていた、キングサウルスシリーズというシリーズです。

正直、私自身、リアルタイム世代でしたが、買ってもらえずほとんどこのシリーズはもってません。

80年代なら手に入りやすかったかのように思われるでしょうが、二年目ぐらいにはこの人形は店頭では全然見かけず、入手難になってしまいました。

これは最近手に入れた、ヒビが入ってた中古で、亀裂はパテで埋めてリペイントしました。

現在に至るまでバンダイが商品化しないものなので、つい色を塗ってしまい、改造もしたかったけど、希少なものなので見た目はそのままにしてます。


ケムラー


ケムラー バンダイ製ソフトビニール人形

ポピーはバンダイに吸収され、3年後にウルトラ怪獣シリーズを商品化したのですが、唯一キングサウルスシリーズからこいつだけ継続して生産されました。

部分的に本物と違う部分があるのですが、それを差し引いても出来がいいので、改造してリペイントしました、バカボンみたいな歯を全てプラ棒を削ったキバにしました。


ガゾート


ガゾート バンダイ製ソフトビニール人形

「ウルトラマンティガ」に登場しました。今回唯一平成ウルトラより出ました。

ティが放送時にはデバンとか塗装してたんですが。

食料が少ない空中で生息していた生き物が怪獣化したのですが、餌が少ないから共食いしてたのですが、敬愛する者を捕食するという性質を持ち、意思の疎通自体には成功したのですが、好意を持たれて食われそうになるという、でもそんなところが好きです。

海凄生物っぽい感じもいいです。


グランドキング


グランドキング バンダイ製ソフトビニール人形

実はガゾートやグランドキングは最近改造したものですが、発売当初にもリペイントしたりしてます。

つまりリメイク。

このグランドキングは初版を買った翌日に改造してしまって、その後20年近くレアなままで、これでよかったのかと思いつつ、まあいいやと。

今回再生産版も改造しました、今回は後頭部の角の数が間違っている事実が判明したので角を作り直しました。

あと、本当は電飾で光るようにしたのですが、今回は光りません。

あらゆる怪獣が合体した、超合体獣でウルトラ5兄弟をものともしないこの怪獣もウルトラマンギンガで再登場したらあまり強くなくて、あと胸の電飾が無数にチカチカするのがすきなのに、そこは全然再現されません。

二代目以降って難しいですね。



アントラー


アントラー バンダイ製ソフトビニール人形。

「ウルトラマン」に登場した怪獣ですが、これは「ウルトラマンマックス」で再登場した時の人形ですね。

大顎をシェイプしてみたんですが、あまり効果もない上に、壊れやすくなっちゃって。

前回、やや壊れてたので見送ったのですが、今回あえて出しました。

バド星人


バド星人 チブル星人 バンダイ製ソフトビニール人形

バド星人とチブル星人は「ウルトラセブン」に登場した宇宙人で、バド星人は宇宙の帝王を自称するただのおっさんで、チブル星人は高い知能に比して肉弾戦では脆弱な人です。

バド星人はウルトラ怪獣500ですが、カプセルトイのみで販売されたもので、これがどこにも売ってなくてネットで買ったという・・・。

うろこのモールドが無駄に細かいのがいいんですが。

チブル星人は食玩の対決セットの小さい人形なんですが、ちゃんとしたソフビ人形がなくて、こんなもんでも商品化されて感謝してます。

迷路みたいな脳みたいな頭がたまりません。

子供の頃、怪獣図鑑で始めてみたとき、この三本の足にどうやって人がはいるんだろうと思ってました(マリオネットのように操演で動かしてます)



クリックしてください、よく直ったな。
           人気blog ランキングへ      


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


キンゴジ


ゴジラ 対キングコング バンダイ製ソフトビニール人形

ゴジラでもこれは「キングコング対ゴジラ」に登場したゴジラです

これは先日出したのですが、元々は十数年前に改造したものです。

歯はバンダイ製初代ゴジラのプラモデルから流用してあります。

再販した時のキングコング対ゴジラのソフビ人形を徹底改造しました。

原型の速水仁司氏の味がある造形ではあるのですが、正直リアルなキンゴジが欲しければ、海洋堂から再販されたソフビキットを組み立てた方が手っ取り早いです。



キングコング


キングコング バンダイ製ソフトビニール人形 大ダコ シュライヒ製フィギュア改造

キングコングは20年ほど前にバンダイが、一々キングコングの版権を取って商品化したソフビ人形です。

当時はあまり売れなかったとも聞きますが、できはめちゃくちゃいいので、4個ぐらい買ったんだけど、しまった場所が分からなくなっちゃって。

大ダコは去年シュライヒと言う海外メーカーから丁度いいマダコのフィギュアが出たので、ただ、あまり安くありません。

20年前とはいえキングコングと大差ない単価なので、コング対大ダコ!という人にこそ勧めます。

タコもリペイントしてあります。



ラドン


ラドン バンダイ製ソフトビニール人形

東宝怪獣の中でも有名なラドンですが、これは映画「空の大怪獣ラドン」に登場したラドンです。

これもまた出来がいい。当時のバンダイはおかしい、じゃなくて凄いです。

20年近く前に改造、塗装したものをそのまま引っ張り出しました。



ビオランテ


ビオランテ バンダイ製ソフトビニール人形 羽化するモスラ バンダイ製フィギュア改造

ビオランテは「ゴジラvsビオランテ」に登場する植物怪獣・・・いや、平成ゴジラ怪獣随一の知名度を誇るので今更説明は要らないかな。

ビオランテは実は対決セットの小さい人形・・・のはずですが、どうもビオランテだけウルトラ怪獣500と遜色ないほどでかい。

こんなものを商品化して担当者が怒られなかったのか心配です。

このビオランテで以前芦ノ湖の写真と合成写真を作ったり、ふなっしーやケロニアと並べて植物三銃士やったりしました。

モスラは、東京タワーのミニチュアと並べたジオラマで、繭、羽化、成虫と三パターン作ったうちのひとつ。

というより、羽化しているモスラ成虫のフィギュアというものを、他所で見たことがありません。

世界にひとつかもしれません。

で・・・、気づいたら東宝3大怪獣、ゴジラ、ラドン、モスラが揃ってしまいました。


グビラジオラマ


グビラジオラマ バンダイ製ソフトビニール人形 奇譚クラブ製フィギュア使用

こっちはジオラマが無事に残ってます。

グビラ自体はウルトラマンの怪獣です。対決セットの小さなソフビ人形ですが、当時出ていた奇譚クラブ製のウミウシやタツノオトシゴ、フジツボなどのフィギュアと組み合わせた、熱帯魚っぽい演出のジオラマにしました。

外側のケースは100円均一の透明なケースです。

大昔、雑誌宇宙船の投稿でグリーンモンスとトリフィドの鉢植えと言うものがあったので影響されました。



クリックしてください、よく直ったな。
           人気blog ランキングへ    



シュライヒ ワイルドライフ タコ フィギュア 14768/シュライヒ
¥1,274
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とりあえず、前回出せなかったもの、あとから見つかったもの、修理が出来たもの、作りかけていて完成したもの。


そういったものを引っ張り出して、初夏の怪獣祭り第二幕いきます。


ガラモン


ガラモン ビリケン商会製 ソフビキット

30センチぐらいの怪獣フィギュアというものがあって、80年代にポピーから商品化されたリアルホビーという怪獣フィギュアがあって、リアルホビーサイズとも言われます。

大体、50メートル級の怪獣だと1/144とかNゲージの大きさになるので、ジオラマも作りやすいです。

ガラモンのフィギュアというとトゲですが、このフィギュアは組み立てキットなのでトゲも別部品で一々取り付けたわけですが、今回、先ほどのブログに書いたとおり、トゲを自作して修復しました。


ダイゴロウ


ダイゴロウ アトリエG-1製フィギュア

円谷プロの映画「怪獣大奮戦ダイゴロウ対ゴリアス」に登場した子供の怪獣で、ある日東京に上陸した怪獣が残した子供が人間の加護の元に飼われるものの、人間の事情に色々翻弄されて、そんな中宇宙怪獣が地球に出現して・・・という。

子供の怪獣なので小柄ですが、これもリアルホビーサイズです、リペイントしてあります。

.本当は宿敵ゴリアスとのセットなのですが、ゴリアスは角が破損して・・・。


ブルトン


ブルトン ユニファイブ製フィギュア

「ウルトラマン」に登場する異次元怪獣ですが、これもリアルホビーサイズと言うか、普通の怪獣よりも大きいので同じスケールでも一抱えぐらいあります

軟質ソフトビニール製なのでプルプルしているんですが、今回お色直しで塗装しなおしました。

先のガラモンは三年前にこのブログに出したんですが、このブルトンは12年前に出してました、そのときには同じサイズのウルトラマン(ビリケン商会製)と並べてあったんですが、どこへ行ったのやら。



レッドキングたち


テレスドン、レッドキング、ドラコ バンダイ製ソフトビニール人形

でかいフィギュアばかり続いたので、最後に「ウルトラマン」の怪獣三匹のリペイントで。

ただ、この面子だと小さな英雄だか怪彗星ツイフォンだかわかりませんね。



クリックしてください、よく直ったな。
           人気blog ランキングへ     


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。