ご訪問ありがとうございます虹


Live、観劇、読書、アニメ、そして日常の出来事をぼちぼち書いてますきらきら

作詞のことは・・・ほんのちょっぴりです。

告知は☆お知らせ☆をどうぞ。


小鳥日々、のんびりツイートしてます→$本日の「空」模様

(アメーバなうはやっていないので、受付もしていません・・・。
呟きはツイッターでぜひ。)







  • 08 Jan
    • 2018年。

      (遅ればせですが)明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたしますさてさて、お正月恒例となった車折神社に初詣に行って来ました今年も何らかのカタチで良い作品に携わって行けたらなと思っております。(ここで発表できないモノがあるかもだけど)車折神社、表。(嵐電の駅は裏側に着きますが、バスだと表の大鳥居前に着きます)本殿。去年はこちらでご祈祷して頂きましたが、今年はまた遠隔の方でお願いしました芸能神社皆さん一生懸命、芸能人のお名前を探しておられました。いつもどおりです。でも、中にはご本人が何か芸能にかかわる仕事をされているのか、真剣にお詣りされている方もいて、並々ならぬ親近感。(ジャンルは違いそうだけど)裏の参道を歩いていると、こういうカワイイ絵が目について、波とお日さま?何?と思いましたら反対側は、波と月で対になっていまして。こういうの、なんか好き。ちなみにここは弁天様が祀られていましたよ。弁天様に「お金持ちな美人」をお願いする方々多数の中、芸事の神様だし、とまた仕事のお願いをする私(笑)どうでもいいけど、お金持ちな美人って叶姉妹を思い出すし、お金持ちな美人は最強な気がするー皆さまも是非に。この後はランチへ。その記事はまた後日~。年末年始はずーっと歌詞を書いててアタマ使ってたせいか、今頃どっと疲れが・・・今日はたくさん寝ました。明日から通常モード。戻れる気がしないけど。今年も楽しく頑張りましょう

      テーマ:
  • 31 Dec
    • 良いお年を♡

      バタバタしまくっていたのでそんな気は全くしないけれど・・・今日は大晦日ですねぇ。今年は夏場を中心にあんまり書き書きすることがなくてその分、他のやりたいことに時間を使えた気がします。「この世界の片隅に」を見に行ってから他にも色々と映画を見たり、イベントに行ったり、プラネタリウムに行ったり、本を読んだり。自分の中に蓄積されたものがたくさんあって、これから先に活きると良いなぁという感じ。新しい出会いと新たな作戦で来年からもちょっと楽しみ。ここを訪れてくださった方々はどんな一年だったのでしょう。来る新年も良き年となりますように。では、また来年!!

      1
      テーマ:
  • 24 Dec
    • モテリーマン。

      メリークリスマス昨日は、このクリスマスツリーのある天王洲 銀河劇場へ行ってまいりました。コレ↓を観に。スマートモテリーマン講座。2010年、2011年、2013年と開講され今回は4回目。全部内容は違うので、再演ではないのです。ちなみに私は2011年と13年もそれぞれ観劇(受講)致しました。2011年の賀来賢人くん、2013年の高畑充希ちゃん。その舞台で初めて知ったけれど、後にそれぞれ朝ドラにもご出演なさって今や皆さんがご存知ですよね。今回さえないサラリーマンを演じる戸塚純貴さんはお顔がめちゃくちゃ小さい!!ちなみに彼はAmazonプライムのCMでおばあちゃんにヘルメットをプレゼントするあの好青年を演じている方、だそうです。(私も昨日知った)お話は2次元オタが3次元でどうやって恋をするか・・・っていう内容だったのですけど、なんかちょっと胸が痛かったなー。とはいえ、いろんなアニメのいろんなキャラクターぽい人が登場したり。今年話題になったあの人たちが盛り込まれていたり。たくさん笑いました。2年ぶりの観劇だったけど、次はそんなに間があかなくて来年3月にもう予定が入っています。こっちも楽しみです。(次はTEAM NACSの本公演です!)

      テーマ:
  • 16 Dec
    • 秋というより、もはや冬。

      夏も涼しかったし、秋も冷え冷えしてたし、そこから地続きな感じで冬がやってきました。ホント今年、何だったの。そして気がついたら秋アニメも終わり。早いー。寒すぎて冬アニメかと思っちゃうけど。この秋、ダントツで好きだったのは鬼灯の冷徹の弐期。特に芥子さん(カチカチ山のうさぎ)回最高でした。最近の私は一人遊びに芥子さんの真似を追加しました(笑)あと、座敷童ツインズ。OPの大!地獄地獄節とEDのリバーサイド・ラヴァーズ(奈落の恋)とても良いです。OPも最初は一期の方が・・・と思ってたけど回を重ねるごとに好きになるー。あとは意外にも今期は女の子が主役のアニメが好きだったかな。宝石の国、思った以上に好み。あ、でもこれ「僕」とか「弟」」って言ってるから女の子じゃないのかー。最初はもうこの子はっ!!て思ってたフォス。少しずついい子じゃん!ってなって最近じゃ、あぁぁぁ~フォスゥ~ッ!!ってなんか心が痛んでます。それから少女終末旅行。ちーちゃんとユーがホワホワして可愛い。物語に大きな起伏がないのも好き。今生きているこの文明が滅びたら後の人はこんな風に考えるのかななんて思いながら。旅と言えば、キノの旅。少年のようなキノが可愛いし、乗り物のクセに喋るエルメスとか犬のクセに喋る陸とか破天荒な師匠とか移動する国とかもう全て好き。あと、OPのhere and thereの歌詞に隠れて(?)キノって言葉が出てくるの、好き。他にはTSUKIPRO THE ANIMATIONとかSideMとかも見てます。プロアニはOPで踊る各メンバーの手足が妙に長いのが気になってしまい・・・ツキウタの時もこんなだった?って思ったけどやっぱり違うし、逆にツキウタはOPのダンスを見て心を鷲掴みされた感あったからあれれって感じ。でも、時折グラビ、プロセラが出てくるのでついつい見てしまう(笑)ちなみにプロアニだと里津花が好きです。そんなこんなな秋アニメもそろそろ最終回。今年心を動かされたアニメってなんだったかなって思うとダントツでスタミュでした。ストーリーも歌も大好きで、放送が終わってからも月曜の深夜になるとソワソワしてました。あとはACCAと鬼灯様かな、やっぱり。あ、それと正解するカドね(笑)「オイオイ、最終回はどこに向かってる!?」って自分の歌詞をもじったツッコミを入れそうだったけど。とりあえずザシュニナさんのもしもしが可愛すぎたので、全てを許せた次第(笑)冬は何が始まるのかなー。素敵な歌が生まれることを祈りつつ、期待。

      2
      テーマ:
  • 10 Dec
    • ハケンアニメ!

      久しぶりに本の話。9月だったかな、辻村深月さんのハケンアニメ!が文庫化されました。待っていましたとばかりに即買いの私。人気声優が続々絶賛とな。花澤香菜さん、小林ゆうさん、雨宮天さんとか。今をときめく方々のお名前。サスガ。今回はいつもみたいにうわっふ!!という大どんでん返し、謎めいた事件などは起こりません。でも、アニメ業界をしっかり取材されたことが容易に想像できるほど全編にわたって監督、アニメーター、フィギュア作家、イベント、声優、町おこしの自治体と丁寧に描かれていました。主題歌の記述についてもチラリと。それな!と思わずうなずく私(笑)闇が深いわ・・・私も今まで書かせていただいたもの全てきちんと内容に沿ったものだと言えるけどこれから先は分からないものねぇ・・・そういうところも含めて製作される方々のアニメへの深い深い愛情を感じ取れる良い作品でした。ちなみに私はアニメは好きだけど業界のことは全く知らないのでとてもお勉強になりました。(ついでに言うと、私は自分が属する音楽業界についても無知でございます。誰か教えて。)最初、読んでても全く気が付かなかったというか忘れていたのですが、ハケンアニメ!に出てくる王子監督、チヨダ・コーキのV.T.R.にちゃんと紹介されてましたね。「王子監督によるアニメ化」って。で、V.T.R.を再読することにした訳ですが、ちょこちょこ記憶が間違ってた(笑)あの人があれで最後ああなると思ってたけどそうじゃなかったわ。(←意味不明)この本の醍醐味はスロウハイツの神様(辻村深月著)の登場人物、天才作家 チヨダ・コーキのデビュー作品という体であること。表紙の中にさらにチヨダ版表紙があり、同じくスロウハイツに出てくる脚本家赤羽環の解説があり、本物の裏表紙の内側にさらにチヨダ版裏表紙もあるという遊び心。ということで、V.T.Rを再読したあと、スロウハイツの神様(上下巻)を再読。この話もホント好き。上記2つの本を読んだ話は2014年にブログ記事にしていますが超簡単にまとめていたので再度内容をば。こちらは登場人物それぞれの心の闇、夢への憧れと情熱、あれは一体・・・?という謎めいた出来事、あぁ、そうだったのか!という展開。辻村ワールド全開だと思います。そして、最後はやっぱり心がほわっと温かくなる。だから辻村さんの作品が好き。そして同じ世界線に別の作品の登場人物が生きているのも好き。世界はバラバラなようで実はつながっているんだなと思ったり。これを読むと凍りのくじらを読みたくなるけど、家族に貸したはずが実家で行方不明に。帰省の度に捜索するも全く出てこず。好きな本だから貸したのにツライ(涙)我が家では本は貸すモノではなくあげるモノなのかもしれません・・・うぅ・・・また買うかぁ・・・とりあえず、次はアレを読みますよ。こっちは凍りのくじらから派生したヤツね。楽しみ。あぁ、そうそう。文庫化されたハケンアニメ!の巻末には糸色望の「絶望した!!」で有名な(?)さよなら絶望先生、幼女と化した吸血鬼、ドーナツ大好き忍ちゃんが超カワイイ「物語」シリーズなどで監督をされている新房さんと辻村さんの対談も載っています。アニメ大好きな方、是非に。

      テーマ:
  • 09 Dec
    • アオゾラとクロワッサン。

      今更ながら、また11月の話続き。阿佐ヶ谷神明宮に行った後、明治神宮へ寄り道。一先ず腹ごしらえ。斜め向かいに移転した杜のテラスで。あんこクロワッサン。お久しぶりー!!そして、お詣り。新しくてピカピカで眩しすぎる三の鳥居。11月なのにポカポカで良いお天気でした。明治神宮も七五三やら外国人やらでごった返していました。でも、ここも緑が多くて好きだなぁ。適度に緑があって、木漏れ日がきちんと参道や境内に入って、明るすぎず暗すぎず。そういうところが好きなのかも。風通しの良さ、大切。お詣りしてご機嫌なまま帰ったらテレビが壊れてたっていう。毒だし?みたいな出来事もありました。運気が好転する前に起きる悪い出来事。というより、10年使ったテレビだから壊れた、っていうのが正解なんだけど(笑)ただねぇ、単に壊れただけなら古いからだね、ってなるのですけど帰ってきたその足でテレビ買いに行って翌日午後届けてもらったものが数時間後に電源すら入らなくなり。更にその翌日電話をして交換してもらいました。3日に壊れて、交換品が来たのが6日。いやぁ、長かったー。そんな感じで3連休+1日過ぎていったのでどっと疲れました。おかげでテレビがつかない間72時間ホンネテレビ見れたし、森くん出てきた時のテンションぐわっと上がったし(笑)マツゲ長いなぁ、いいなぁという感想。しかし、テレビ見られないと録画がたまちゃって困る。気が付いたら12月になってて誕生日もそこまで迫っていてだけど、そんな感じもなくただただ色んなことが忙殺される日々・・・今年もあっという間だなぁ。みんな、そんな感じなのかな。とりあえず毎日寒いので風邪に気を付けて元気に過ごしましょう!!

      2
      テーマ:
  • 03 Dec
    • 神むすび、ふたたび。

      今から一か月前。11月3日。とても良いお天気のその日。年内に母、姉、そして年明けに受験を控えた二人の姪のためいそいそと神むすびを頂きに半年ぶりに阿佐ヶ谷神明宮へ。さすがは11月。七五三のお子さまとそのご家族で境内はいっぱい。元気な姿は良いものです。ちびっこのお着物は可愛いしね。いつもより人が多いとはいえ、やっぱり緑に囲まれた穏やかな空間。好きだなぁ。以前は風水で「〇〇運にはこのパワースポット!」みたいなところにしか行かなかったけど、何度行っても仲良くなれない神社もあって、それでも運気を上げたくて(仕事運)ムリヤリ行ってた感があったけど、今は自分の感覚を頼りにしたい気持ちが強いです。人も土地もたぶん、気が合う、合わないってあるんだろうな。さて、目的の神むすび。11月1日の観月祭には行けなかったけどそれに合わせたウサギちゃんつき限定Verを頂きました。(と、通常もある虹鳥居、撫子)私のはコレ↓観月祭の紺色うさぎ。そして、一つずつつけてくださったウサギちゃん飴。カワイイ~!!お守りなのにお守りっぽくないところも好き。プレゼントした家族も喜んでくれたみたいです。この後、また別の場所へ向かったのですがそれは改めて。

      1
      テーマ:
  • 02 Dec
    • フランス 星めぐりの空で。

      11月はあちこち出かけたり、テレビが壊れたり、色々あったのですが追々書くとして一先ず先週末のお話。リニューアルオープンしたプラネタリウム「天空」でフランス 星めぐりの空でを見てきました。もともとお休みをもらった平日に一人で行こうかなぁと思っていたところ友人と会うことになったので一緒に行ってきました。Aimerさんの歌声と梅原裕一郎さんのナレーション、どちらもすぅっと心に入ってきてとっても癒されました。心がくたくただった友人も、束の間、穏やかな気持ちになれたんじゃないかな。星空の説明はほとんどなかったけど、パリの街、モンサンミッシェル、リヨン、ピレネー山脈といったフランスの美しい風景や教会や天文台の建物の内部などがすごい奥行きと立体感で迫ってくるようだったし、梅原さんの語り口がまるでデートのようで良かったです(笑)エンドロールで流れるAgehaspringsの面々にあぁ、こんなすごい人たちとお仕事をさせて頂いたんだなぁと感無量になり、そして、私もいつかこんな風にプラネタリウムで流れるそんなお仕事をしてみたいなぁと新しい夢ができた日でもありました。ちなみにAimerさんはご自身で詞を書かれるのですが、その世界観はとても儚く美しくそっと触れただけで壊れてしまう硝子のようでいて、芯は温かく、そして決して崩れないそんな強さを持っています。それが彼女のあの声と合わさってとてもとても素晴らしいので是非とも聞いて頂きたいです。作詞家の出番はほぼありませんが、私の知り合いの作曲家さんたちも素敵な曲を提供なさっているので曲も堪能して頂けたら。そんなこんなで、プラネタリウムに癒された後。チーズケーキを食べてきました。5種類のセットになっているんだけど、さすがにチーズケーキばっか食べたらしばらく食べなくてもいいかって気持ちに(笑)ちなみに私は左奥のケーキが好み。どれもお味見した後、隣接のショップで買って帰れるようです。ニューヨークチーズケーキもあればなぁ。(↑チーズケーキの中では一番好き)たくさん喋って、私も元気をもらいました。あと、お土産でこれももらいました↓東京で会うのに関西のお菓子を送り合うとかたぶん、地元愛着型のふたり。社会人になってから友だちになった彼女。とても心の安らぐ大切な存在です。たったひとつの偶然からこんなにも豊かなつながりを得られたことに感謝。それをくれたのは別の友人で、その方のバイタリティや人や美しいものを愛する心に私もパワーが漲ります。「書くお仕事」の大先輩なので、いつかあんな風になれたらいいな、という憧れの存在でもあるのだけど。プラネタリウムから随分と話が逸れましたが私の当初の予定のようにひとりで見に行ってもいいし、誰か大切な人と一緒に行っても幸せを感じられそうなのでどちらにしてもお勧めです。寒い冬の日に、暖かい場所で、温かい気持ちで、夜空を見上げる至福。

      テーマ:
  • 01 Nov
    • Take Your Marks。

      11月1日ですね!今年もあと2か月かぁ。8月末に今年ももう終わりだな、と何故か思ってしまいそこからの4か月はなんとなーく「アディショナルタイム」な感じで生きています。残された時間をどう使うかってやつですね。(そこまで真剣に考えてないけど)さて、待ちに待ったFree!の新作、特別版Free!-Take Your Marksを見てまいりましたそれぞれが新しい一歩を踏み出す前のみんなが一緒にいられる貴重な時間。そして、これからのことに思いを巡らす大切な時間。2期のあの終わりのシーンあたりにどんな事があったのか詳しく描かれていて(既に発表されましたが)3期へのフラグもちょこちょこあってすっごく面白かったです私は渚激押し、宗介顔押し(?)だけど、今回、百太郎がとっても良かったあの「心はいつでも小学生」みたいなとこ、宗介もそうだったけど、けっこうみんな救われてるのかも。アンジャッシュのコントのような展開も最後はほっこりする感じで。すぐにお話忘れちゃうタイプなのでもう一回見に行きたい。できれば3期前にもおさらいしたいです。Free!もやっぱり好きだなー来場者特典のコースターはコレ↑だった。遥も凛も大好きだし、どっちかがいいなーとか思ってたけど、TYMは百太郎なしでは語れない気がするので(愛も頑張ってたし)これはこれで大満足明日はまた日常が戻って来るけど、しばらく余韻に浸れそう。

      テーマ:
  • 08 Oct
    • 春じゃないけど。

      瀬尾まいこさんの「春、戻る」を読みました。本を選ぶ時って、いつも季節感を気にするんだけど今回は余りに面白そうだったので春じゃないけどこの本。瀬尾まいこさんの本、2冊目かなって思っていたらココに書いてる「おしまいのデート」、そして書き忘れてたっぽい「強運の持ち主」に続き、3冊目だった。もういつ読んだかも覚えてないし内容もぼんやりなんだけどスキなお話だったことは確か(笑)以前書いたように、本屋さんのカバーにマステを貼ってそれにタイトルを書いて保管しています。でね、そのマステの色をすっごく好き!→濃いめのピンク割と好き→薄いピンクと分けているのですが、(その他もある。二度と読まないやつ・・・)強運の持ち主は濃い方だったのです。改めてまた読みます・・・(相変わらず忘れっぽいなぁ、ワタシ)ということで、忘れないうちに「春、戻る」12歳も年下の男の子が突然現れ、自分のお兄さんだと名乗られたら一体どんな気持ちになるだろう・・・!ビックリしちゃうな。訝しい目で見ちゃうな。つか、何言ってんの!?ってなるね。30代半ばになって紹介された人と結婚を決めて燃え上がる気持ちはないけれどこんなものかな、と思っていた主人公。そこに「お兄さん」がやってきて生活をかき乱していくのですが、お兄さんのしっちゃかめっちゃかさ、年下のお兄さんを普通に受け入れる婚約者の彼、胸の奥に引っかかるものを感じつつその扉を開けられずにいる主人公。この3人を中心に面白おかしく最後はポロっと涙が出ちゃうテンポのいい物語でした。物語も春爛漫の時期というより春が終わり、梅雨に入る・・・そういう時期なのでなんでタイトルが「春、戻る」なのかなぁって思っていたけれど最後まで読むと納得です。またいいお話に巡り合えたな

      テーマ:
  • 01 Oct
    • 鴨のくぼて。

      今日から10月・・・今年もあと3か月かと思うとこのままではいけない!という焦りばかりが湧いてきます。(たぶん、この6年でいちばん詞を書いていない。その分、あちこち出かけたけど)さて、思い出したように京都の神社めぐりで手に入れたもの達。まず晴明神社。袋がブルーなのって珍しいですよね。これは見たまんま勝負運アップ。そもそも勝負する場所がない今日この頃だけど・・・風水的には☆マークはチャンス運もあるのでチャンスを手に入れて勝負に勝ちたい遥拝札。心が落ち着かない時に眺めるとザワザワがおさまるのって気のせい?でも全ての事柄は「気の持ちよう」なのです続いて下鴨神社。鴨のくぼて。実はこれ2代目。前の箱は白地にお花だったか、もっとカラフルだったし鴨のくぼてとか書いてなかったな。なんで二代目を手に入れたかというと、光の加減でちょい分かりずらいですけど、左の方、表面が剥がれてるんですよね。(右が新しいもの)この器は手のひらに乗るくらいの大きさでパワーストーンをいくつか入れたりしてます。(普通の器よりありがたみが増す気がする)そして、超今更だけど御朱印をいただくことにしました。(御朱印帳の写真は割愛)今年に至るまでに出雲大社やら塩釜神社やら、そこまで遠くなくても栃木とか熱海あたりまで足を延ばしてけっこうあちこち参拝したのにホント、何でもっと早く始めなかった?って自問自答なんですけど。(この間、天皇陛下と美智子さまが参拝された高麗神社にも行ったっけ・・・ふぅ。)でもいいのです。始めたいと思った時がその時なのです。ということで、秋も引き続き楽しみたいと思います。(今度はあそこに参拝しよう~♪)

      1
      テーマ:
  • 30 Sep
    • 才能、センス、コンセプト。

      ハイキュー!!劇場版の才能とセンス、コンセプトの戦いを見てきました。(それぞれ2週間限定で上映。現在はコンセプトの戦いをやっています)来場者特典はみんな大好き潔子さんと白鳥沢の大エース牛若。並べてデートチックにしてみた。そして、牛若の台は裏向けないとハマらない。何故だ。前にも書きましたが、ワタシはバレーボール経験者なのでキツイ合宿と差し入れのスイカ、試合に持ち運ぶボールや簡易のボールかご、ネットを張ったりしまったり・・・さっこーい!!!の掛け声サーブのドキドキ。記憶の彼方に押しやっていたものがひとつひとつ丁寧に描かれていて懐かしさだけでもう泣けます。それに加え、主人公属する烏野高校バレー部のひたむきで貪欲で勝つことに真っ直ぐな姿勢、練習、試合中に起こるあれこれがどれも胸を打つし、主人公だけじゃないレギュラー、控え関係なくスポットを当てたお話、他校の選手たちにさえも日の当たらないところでそれぞれに物語があるとちゃんと綴っている本当に素晴らしいお話なのです。とまぁ、ワタシが語るとただただ熱い人になっちゃうので百聞は一見に如かずです。(ワタシも元々は姪っ子が見てたんだけど)今回は新規パートも含まれていてあぁ、なるほどそういうことかー!!って思ったシーンもあったなぁ。ちなみにワタシは青城の及川さんが「才能は開花させるもの、センスは磨くもの」と言いながらコート外から超ロングトスをあげるあのシーンが大好きです。あと、梟谷の木兎さんが「将来のことはどうでもいい。目の前の相手をぶっ潰すことと自分の力が発揮された快感がすべて」(ちょっと省略↑)っていうのがすごく好きです。先のことをあれこれ考えるより今できるコトを目一杯やる。それは何もバレーだけじゃないし青春時代を送っている人だけでもない。及川さんの言葉も木兎さんの言葉も老若男女すべてに当てはまるステキな台詞だなって思います。そしてやっぱり烏養コーチの下を向くんじゃねぇ!!バレーは常に上を向くスポーツだ!声をあてていた田中さんがお亡くなりなってもうすぐ1年になるんですね。あの時は辛くて、しばらくテレビ放送も見れなかった。でも今こうしてあのお声を大きなスクリーンを通して見て聞いて彼の声はずっとずっと生き続けていくし改めて素晴らしい役者さんだったんだと噛みしめております。ぐっとこらえていた涙も終盤は危うく泣きそうなシーンが続き最終的に牛若が五色に言う台詞(新規パートです)で泣いちゃいました。そしてヒカリアレ。やっぱ良い曲だなぁ。中高生の頃に聞いていたらきっとワタシの青春ももっと熱くてキラキラしていたに違いない。AbemaTVとかGyaoとか無料放送でもTVシリーズを見られたりするので機会があれば是非に。あぁ、ワタシは本当にハイキューが好き(笑)それではまた。

      1
      テーマ:
  • 23 Sep
    • 京都その②(下鴨神社)

      先週の土曜日は京都だったのだなぁ。という思い出です。晴明神社に行った後お昼食べて、下鴨神社へ。の前に、こんなところへ寄り道。旧三井家下鴨別邸。見てないからよく分かんなかったけど、ちょいちょい説明の中に朝ドラの話でてた。隣にいた母と姉が教えてくれたけど正直、?だった(笑)雨じゃなかったらお庭に出て写真を撮ったりもうちょっとエンジョイしたかも。さっきHP見たら、この日は午後2時には閉門とか。雨足強まっていたしね。そして、下鴨神社。何年ぶりかなぁ・・・京都に住んでた時は1か月に1回行ってたことも!(近かったし)下鴨4兄弟(有頂天家族)のお尻が冷えそうな寒さでございました・・・この橋、冬に雪がうっすら積もった時もとってもキレイなんですよ(こればっかりはタイミングだけど)御手洗の池。結婚式も挙げられていました。白無垢が朱に映えて美しかったです。今回は予定していたお墓参りが台風で中止になったり京都らしい食事にありつけなかったり(笑)でも、半日で2つも神社廻れたのは最高でしたー母と姉と出かけるっていうのも姪っ子たちが生まれる前を思い出してとっても楽しかった。(姪っ子たちも違う視点で楽しいけど、神社とかは飽きちゃうからねぇ)早くも次に帰省するのが楽しみです

      テーマ:
  • 19 Sep
    • 京都その①(晴明神社)

      三連休、ほぼほぼ台風でしたが皆さんのところは大丈夫でしたか?ワタシはと言いますと土曜日からちょこっと帰省していました。そしてそして、念願の晴明神社へ一条戻橋。台風で雨・・・晴明井。本殿と晴明さん。右に厄除けの桃。高校生の頃からずっとずっと行きたくて途中行く気も失せつつ、また復活してそして紆余曲折、ついに行った感じ(笑)実はワタシ、ここからそう遠くない高校に通っていたので何で高校時代に行かなかったの?と何度も母に言われましたが。そんなこんなで念願叶ってなので、テンション上がりっぱなしだったお守り買ったり、御朱印頂いたり。羽生選手のファンの方もたくさんいらしているようですがご本人もお詣りに来られているのですね~他にもたくさんの有名人の方が参拝されているようでした。ワタシの大好きな不機嫌なモノノケ庵の主人公芦屋花繪は晴明のライバル芦屋道満から、安倍晴斎はもちろん晴明から名前を取られていてそういうのも繋がりを感じたし、なんだかんだ言って結局好きなモノは好きなんだなぁと改めて思った次第です。境内は台風で雨にもかかわらず結構な人がいたけれどピリッというかピシッとする空気が流れていたような気がします。ご神木に手を当てたり、厄除けの桃に厄を引き受けてもらったり。そうだそうだ、あの方のお礼も勝手にしておきました元気に戻って来られたのが嬉しくて。桔梗はそろそろ終わりだけれど少しだけまだ咲いていましたよ。また好きな神社が増えたなー時間を見ていつかまたお参りに行こう!!と心に誓ったのでした。京都その②へつづく。

      2
      テーマ:
  • 10 Sep
    • 天才軍師。

      天才軍師のイベントからもう1週間・・・あの幸せな時間の前と後でなんか時間の分断され方が異常に激しいのですがラジオのイベントどころか、声優さんを見たことすらなかったので(過去イベントの様子は知っていたけど)ドキドキしながら参加しました。どんな方がリスナーなのかとかも想像つかなかったし。でも、急遽の開催で箱も小さく一人一枚しか応募できなかった為ぼっち参戦の人が多かったのもワタシ的にはちょっと安心した理由(笑)わぁーっと盛り上がるグループもなく皆さん落ち着いた雰囲気の中開場を待たれていました。(次回は箱がめっちゃ大きいから怒涛の開場時間となるでしょうけれども!でも何となくワタシみたいな人が行っても大丈夫っぽいから次回も参加したいです♪)声優さんのラジオってそもそも皆さん声がいいから(笑)耳に心地いいっていうのがありますよね。そして、各々の性格がとってもよく出ていてすごく面白いワタシがラジオを聞き始めたきっかけは宮野さんがご自身のラジオのEDに提供させて頂いた曲を使ってくださったから。ただ時間が深いので寝落ちしちゃうことも多くでも、リスナーの方(男性)からのお便りで歌詞に触れてくださってた時はあぁ、聞いてて良かった 嬉しいってなったことを今でも思い出します。ありがとう、タフガイ。さて、今回のイベントのレポは既にたくさん出回っていると思うのでワタシ的にツボだったところだけ。オープニングで安元さんが1部で選曲を間違えたって仰ってクスクス笑っちゃってたんだけど、周り見たら誰も笑ってなくてハッ!!と自分の年齢を顧みました(笑)(中島みゆきさんの「世情」を使ったけどスタッフのOver40にしか受けていなかったそうな)細谷さんの旅行日記のひとつひとつがホントに面白くて吸い込まれるように聞いていたんだけど(たぶん、会場の皆さんも)余りに引き込まれて静かな会場に細谷さんが面白いのかどうか不安になっちゃうトコ。なんか良かったです。あと、屋久島の滝でテンション上がってうぇーいとか一人で言っちゃってたのも。NY旅行でひとりでご飯を食べに行った話。「昨日、一緒だった友達が食べたヤツ」を言いたくて、でも言えなくてHe Eat、を繰り返しているうちにWhat? What's your nameになっちゃったり、どのコインを出していいか分からなくってっていうお話がありましたよね。コインを並べて写真撮ってお友達に「どれ出せばいい?」って聞いたらしいのですが。実はワタシもむかーしハワイに行ってどのコイン出していいか分からなくてレジで「この中から必要なのとって!」って言ったことあるのですごーく気持ちが分かりました(笑)オーガニックメールの蜂が部屋に入って来た話窓と窓の間に蜂を閉じ込めて、「おとうさ~ん!!」って助けを呼んだことがあるっていう細谷さんの「お父さん」の呼び方がとっても自然で影から本当にお父さんが出て来そうだった(笑)細内寂聴さんのコーナーも安元父さんのコーナーも皆さんのお悩みがオトメだったので(世情のトコでクスクス笑っちゃったいいお年の)ワタシも恋愛脳がすこーしだけ活性化しましたヨ。ホントに少しだけどということで、一言一句、一挙手一投足、一分一秒がとっても大切でとっても楽しい時間でした5個買って、3つエッグベネディクト、2つ屋久島のカラフル石ころだった。テイスト似てるから、並べてお買い物バッグにつけようとにもかくにも、細谷さんが元気にあのお声で戻ってきてくださってとっても嬉しかったですおしまい。

      テーマ:
  • 04 Sep
    • まいにち引き寄せ。

      昨日はイイコト。で書いたミラクルチケットでラジオ天才軍師のイベントへ。全てが楽しくて幸せでした。っていう話はまた改めて。(途中ちらりとイベントの話題も出て来ちゃうけど)本日は無理やりお休みして耳鼻咽喉科に行きました。さすが平日。あっという間に終わった・・・話変わってこちらのご本を入手いたしました。↓そういえばイベント中のオーガニックメールのコーナーで「本の帯は取る派?残す派?」っていうのがありました。安元さんは並べた時に揃うように帯は取るって仰ってましたが、ワタシは何となく残しちやう派。っていうか、だいたいはカバーをかけてもらって(買うお店もほぼ決まっているので)カバーの背にマステを貼って作品名を書き込んじゃいます。これだと見た目揃っててキレイです。ちなみに、CDの背についてるのはお二人ともとってCDケースの内側に挟むとのこと。これはワタシも同じくかな。さて、まいにち引き寄せ。以前、風水を習っていたのですが、この本を読んでいるとだいたい風水でやってたことなんですよね。窓を開けて空を見る、雨の日を楽しむ、花を飾る、食生活を大切にする部屋を整える、etc、etc…だけど、決定的に違うのは心の持ち方だと思うのです。風水を習っていた時に知り合った方々はとにかくパートナー探しに必死。することが楽しんでいるというより義務でやっている、もしくはこれをやったから運気アップするはずという気持ちに捕らわれていたんです。恋愛や結婚以外では効果が出ていたみたいだけど本当に欲しいものを手に入れたという話はついぞ聞かず・・・ワタシは途中でこれはやるべき、やっちゃダメが多くて脱落してゆるーくやっておりました。好きなコトだけやればいい、みたいな。(占いのイイコトだけ信じるアレと同じ)奥平さんの引き寄せはとにかく今目の前のことに幸せを感じる、その気持ちを大切にすることを説かれています。でも、悲しい気持ち、辛い気持ちが沸き起こることもある。そういう時に何が何でもポジティブである必要もないっていうのも好き。あと、昨日のイベントで彼氏が「自分からは手を繋がないから!」と言い放ったお悩みがりましたが、細谷さんのありがたーいお言葉がこの本の、「男性は狩猟本能があるので追いかけたらダメ」というくだりを思い出させました。細谷さんも苦労して手に入れたものほど男は大事にするんだよと仰ってました。ちなみこの本では振り向かせるというのは相手をコントロールすることであり愛の波動ではないとのこと。ある程度年齢が行くと人の気持ちはどうにもなりませんな、ってあきらめもつくようになるけれど(笑)若い頃は相手への気持ちがとっても強いからねぇ。あの人、ステキだなという愛の波動それだけで本当は自分の心は満たされるのにね。ワタシも好きなモノは好き、好きなヒトは好き、やりたいことはやる、キレイなモノはキレイと感じる、そういう心を大切にしたいです。「今この瞬間の“好き!”」こそが今の幸せだし、明日も幸せな気がする。この心の持ち方で本来ネガティブにできてるワタシもずいぶんと救われています。風水をやっている時はこんなに頑張っているのに何で幸せになれないんだろう?何で願いは叶わないんだろう?なんて思いながらだったけれど、そんな気持ちじゃいつまでたっても幸せにならないんだなって目が覚めました(笑)幸せは今ここにしかないんだものね。ってことで、今日も充実の一日でございました。明日からまた怒涛の日々だけど(いや、既に今から怒涛ではあるけど)その中にもイイコト見つけて過ごします。皆さまも良き一週間を。

      1
      テーマ:
  • 02 Sep
    • 去りゆく夏。

      9月になっちゃいました。そして毎日涼しい。というか、今朝は寒くて風邪ひきそうでした。10日ぐらい前に発売の「不機嫌なモノノケ庵」9巻。やっと今週手に入れました。うぅ、諸事情あってヤキモキしたガンガンオンラインでは既に動きがあってワタシは次回更新が非常~に楽しみなのですが、9巻はそれより少し前まで。ちょうど季節が夏休み~夏休み終了まで。東京はちっとも暑くないから絵を見ながら終わりゆく夏を惜しんでおりました。盆踊りもとても良いのですが、ハナエの側転とモジャの滑り台が最高にカワイイのですいか割り回はおススメです。そんなこんなで9月ですが、弾丸で実家に行けそうなので毎日の忙しさなんてもうどうでもいいですお墓参りと神社(せめて1か所)に行けたら行きたい、行きたい・・・という願いが叶うのでそれで良しとします。年始にたっぷり休めないかな。また画策してみよう9月もステキな一か月になりますように

      テーマ:
  • 27 Aug
    • 太陽を恋しがっていた、そんな夏の終わり。

      8月最後の日曜日。いかがお過ごしでしょうか。朝はむぅっとするなって思ったけど、今は心地いい風が吹ています。秋もそこまで来ているのですね。さて、夏クールのアニメ。いろいろ見てはいるけど、これまでほどソワソワしながら次週を待つってことは少ないかなぁ。思えば去年の夏はやたら見たいものがあってあと、タブー・タトゥーもあって毎日楽しかったな見るのに忙しかったけど(笑)ところで、以前マツコの知らない世界でアニソン特集をやっていましたがそこで紅蓮の弓矢について語られていました。昔のアニソンはタイトルや主人公の名前が歌詞に出てきて、紅蓮の弓矢はそれを踏襲している、みたいなお話。それを聞いて、そうそう!!そうだよねー!なんて思っていたのですが、実はBeliefもタイトルの「タブー」と主人公の名前が歌詞に出てきます。だから何、って話だけど(笑)閑話休題。今年の夏は最遊記RELOAD BLASTバチカン奇跡調査官ひとりじめマイヒーロー妖怪アパートの幽雅な日常かな、好きなのって。さらっとBL混ざってますが他にも見ている&まとめて見る予定のものもありますがそんな中で、DIVE!!のOP Qyotoさん「太陽もひとりぼっち」キュンとして大好きです。見るのどうしようかなって思ってたけどもうこのOPだけで見る!!ってなったそして、最遊記のOP、GRANRODEO さん「move on! イバラミチ」EDのラックライフさん、「リフレイン」。この組み合わせ、文スト1期ですねラックライフさんってチア男子のOPとか毎回印象違う曲持って来て驚かされっぱなしそれからバチカンのOP、SCREEN modeさん、「MYSTERIUM」EDの岡本信彦さん、「サクラメント」。  →試聴はLantisさんのページでできます。OPとEDで上手くバランス取れているってやっぱりいいなぁ。こんな仕事しててなんだけど、ワタシは普段はほとんど音楽を聴きません(笑)コンペが来ると狂ったようにそればっか聞かなきゃいけないし、音に溺れてアプアプしちゃうから。なので、こうしてアニメで摂取する感じなんです。だから、好きなアニメのOPやEDが良いとすごく得した気持ちです秋アニメはどうかなー?音は良くないけど、色が好みのイヤホン。お出かけの時だけ使っています。(お家用は可愛くない・・・。カワイイの欲しい~!!)

      テーマ:
  • 20 Aug
    • イイコト。

      8月に入ってからずーっと雨が降っていた、と改めて知ると個人的には涼しくてよかったけど多少夏は夏らしくないといろいろ弊害が出るよね、と思う今日この頃です。こんにちは。先日、お出かけついでにチョコミントのスムージーを。夏のお楽しみさて、以前の記事でセドナストーンについて書きました。効果があるのか、ないのか・・・なーんて書いてましたが、ありましたよ!!とってもイイコト。激戦だったらしいチケット。抽選に当たるとしか思えなくて何を着て行こうかなー、とか応募した段階から考えていました。そして、やっぱり当たってましたコレ、絶対当たるな!とか上手く行く!とか根拠のない自信がある時って誰にでもありますよね?今回、正にそんな感じ。いや、でもまだホントに行くのかな?ワタシなんか行って場違いじゃない?とか色々脳裏をよぎりますがイベントまでもうすぐなので毎日ウキウキしながら過ごそうと思います今年の夏はFree!約束見る以外何にもしなかったけど良い思い出ができそうでは、明日からまた一週間頑張りましょう

      2
      テーマ:
  • 13 Aug
    • 夏の庭。

      3連休三日目。いかがお過ごしでしょうか。ワタシは明日もまた普通の一日。何とかして9月中に休めないかと画策中でゴザイマス毎年だけど、今年も夏らしいコトは何もなく。暑いと何もする気も起きないのにやらなきゃいけないコトはいっぱいで自分のコトに気が回らない(笑)さて、もうずっと前だけどこの本を読みました。湯本香樹実さんの「夏の庭」。小学生3人組と彼らが目を付けた(?)おじいさんのお話。彼らのうち一人の親戚が亡くなり、「死ぬってどういうことだろう」と疑問を持った3人は、近所で最もその時が近そうなおじいさんを見つけ観測する。ただの観測から、ひょんなことで交流が始まり・・・という、ひと夏のお話。おじいさんが変わり、彼らの意識も変わる。小学生らしいやりとりもありつつ、でも、小学生が抱えきれない悩みを持っていて。子供だってちゃんと考えているのに力がないから大人に振り回されてしまう。そういうやり切れなさも描かれています。・・・でも、おおよそは小学生のおバカさんな掛け合いがとても小気味よいです。人はいつかいなくなるけれど、その人と関わったことが誰かの心の中に生きている。誰かと時間を共有することは生を紡いでいくことのだなぁとじーんときました。この時期読むのにピッタリの本です。お盆に帰省できない方も心でそっと亡くなったご先祖様に手を合わせると良いそうですよ。ワタシも亡き祖父母に、そして遠いご先祖様に何とか生きていますよ!ってご報告と感謝を伝えたいと思います

      テーマ:

プロフィール

izumi soratani

自己紹介:
作詞家の空谷泉身です

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。