ぼうしパン知ってるぅ?

※パンは取り扱っておりません


テーマ:

 日曜は地元のイベントをすませ、本当は須崎のシャレたフェスとやらに行きたかったが

時間的に無理ってことで、悩むことなく日ノ御子へ。


 途中でピーポーピーポー救急車とすれ違う。 で、助手席に乗ってるカチコミ隊員と目が合う。


 何登ろうか全然決めてない。 どうしようか考えてると、中流で藤P発見。

寒い日陰の課題をおさわり中。  うぅぅ。 寒いよぉぉぉ。 こんなどうでもいい課題さわってねぇで

あったかいところに移動しようぜぇぇぇ。。。。




▲「カリエス」と「エキストレイション」。 下地がガッツリ1mは下がったかな。


 パイプカット周辺に移動。 とりあえず陽が当たってポカポカ。

まだどこかに新しいラインが引けないか捜索。   で、以外な場所に発見。




▲トポでマントルエリア「大岩」で紹介されてる岩。


 トポの「6」のラインは実は間違いで、途中からY君フェイスに合流するのが正しいライン。

「6」は未登らしい。 あの階段上のガバらしき棚をつなぐライン。(誰か登ってたらゴメンちょ)


 前に触ったことあるけど、らとりあえず悪い印象。 未登と聞いて俄然やる気。

まずはガバスタートから。  ちょこっと探ったら一抜け。   3級かな。

藤Pもトライするけど、俺に先こされて明らかにテンションダウン。

藤 「これ登れんかったらどうする」

平 「やめてしまえ」

藤 「じゃぁ。 盆栽でもはじめるか」


 てことで、盆栽3級。 下部の小さなガバから棚をつないで右上。

非常にわかりやすいライン。


 次は左奥からトラバースして盆栽にリンク。

スタートは、Yトラフェイスと同じガバホールド。


 3トライあたりでトップアウト。 2級かな。

手数が13手くらいの長もの課題。 こんな長いボルダーは久しぶり。

課題名は 「盆栽トラバース」 略して「盆トラ」。




▲「盆栽」のスタートから1手目。




▲「盆栽」の核心手前。  こっからがオモロイ。


 久々に初登。

後日webTOPOにアップしときまーす。



※年末になったし、今年のFA課題をまとめます。
 初登情報をください。  以上。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 今シーズン二度目でG4が揃い踏み。

G4をご存じない方はこちら



 まず単独で、風の谷で「神隠し」。

明らかにアンダーホールドが先週と違う。。 見た目でわかるほどに剥離。

ムムム。 また欠けたか。。  う~んこればっかりは自然相手だししゃーない。

で、つなげてみるとどーにもならん感じになったのでパス。 もう知らんわぃ。

そこへゲス岡こと藤P登場。

この日はどこもかもシケシケの日ノ御子。 日の当たる石舞台ならまだ遊べるかも

ってことで石舞台へ移動。

お久しぶりの宿毛組にまじって、なぜか「いざなぎ」にトライ。

なんとかなりそうでならん。 でもリピートできそうな雰囲気もある。


で、散々やって前腕と体幹を削ったところへ、ゲス辺ことナベが登場。

こうなると既成課題やっても仕方ないし、周辺を物色。

で、水没した岩を見に行ったら奇跡で渇水。 ちょっと土木作業すりゃ登れそう。

って思ってるところへ土木専門のゲス村、こと忍者氏が登場。

はい。 また揃いました。



▲中州状になってるランディングを土木作業で快適スペース化。 これが今回のミッションです。




▲しだいに快適になり始める。


 こんなに快適になったのに、空はいまにも降りそうな予感。

工事はそこそこにしたいけど、完全にスイッチオンした忍者氏が止まらない。。。

おいおい。 もうえ~っちゅうねん。 どうせ次の雨で流されるんやから。




▲ナベが誌登。


 中央から直上、左抜けで2本設定。(スタートは共通) 

 左がフラット。 右がアンダーでスタート。 

直上が「ナナフシ」3級。

左抜けが「ロクムシ」3級。


岩は「カチラーは誰」の岩より上流側。 川に面したボルダー。(週末には水没するかも?)

やってみてくだされ。   



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 日曜の日ノ御子は、ローカルや県外組がほとんどいない静かな一日だった。

風の谷で「神隠し」にトライしたが、気温が高すぎてヌメリがひどく

とても満足に登れる状況にない。

それでもガバ止めに何度かランジをかますが、小指の皮とテーピングが削り取られ

意気消沈モード発動。  どっちにしても気温高すぎ。  こりゃ無理だわ。




▲日ノ御子は紅葉のハイシーズン中。




▲毒まみれた心が洗われていく・・・。  




▲石を投げて遊ぶDとen。


 
そんなところへ随分とご無沙汰ぶりに、Mr.ワンムーブ登場。

「石の大木」をやってるらしく、観戦に。




▲なんとかなりそうで、なんともなりそうにない感じ。




▲そういえば、渇水したんで「カリエス」「エキストレイション」 今ならできますよ。



 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

 月曜は昼から日ノ御子。

Dをさんざん誘惑するもダメで、この日はenと一緒。



▲ついに我が家の最終兵器を投入。 核爆弾なみの破壊力「en」。


 明らかにワルくなった「神隠し」。

手順の構成を練り直ししたら、今の自分の実力でもなんとかなりそうな雰囲気。

よし。

と思ったところに、某県外から3人のクライマーが風の谷に。

挨拶らしい挨拶もなく、そのうちの一人がシレーッと神隠しに合流。


課題を共有するなら、それなりの一言があって然りだと思うが。。。

その時点で、この日の登攀意欲が消え失せる。


こんなこと言ったらまた怒られそうだけど、

こんなアホども、こなくていい。  どこかよそで登ってくれ。


・・・・と、口にせず心でつぶやいた。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 日曜。 朝から色々と用事をすませ

昼前から日ノ御子へ。 Dも一緒に。


 この日も「神隠し」。 ただ、前回かけたアンダーホールド。。

改めてトライすると、どうやってもワルクなってしまった。。。 まずい展開。




▲トーマスセットで遊ぶD。




▲神隠しは指のお肉が削られるんでテーピング必須ね。
  


 凹んでるところへ、忍者氏登場。

話してるところに藤P登場。

 しかも後からナベも来るらしい。  ほうほう。 揃いますか。


 このメンバーなんで開拓。 ちょいと上流へ。

かっこよすの岩あり。




▲ポツーンと被ったボルダー。  みんな知ってたらしい。


 被ったラインは、ホールドの向きが全部わるくて歯が立ちそうになし。

垂壁は適度なホールドがあって2本の課題設定。 5~6級くらいかな。 髙さもあるから

初心者にはいいと思う。  ランディングもよい。

だって、土木工事したもん。




▲まずは岩に覆いかぶさった木々の剪定。




▲汗だくで下地づくり!





▲なんとか形になったところで、遊びますかぁ。



   そうこうしてたら、ナベが家族で登場。

いつぶりかで、G4揃い踏み。  奇跡。




▲岩と戯れるレジェンドたち。


 カンテがホットラインということになり波状攻撃。

ただフツーにわるいし。  段あるしコレ。




▲頑張るカチコミさん。




▲あーでもないこーでもないと探るナベと忍者氏。 藤Pは我関せずモード。


 5時前までたっぷり遊んで撤収。

この4人が揃うことは、しばらくないだろね。   楽しかったわ。 
 



いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

 Dの運動会がおわった午後、天気もまだ大丈夫。

日ノ御子へ単身向かう。

 オカバの近くで大先生と鉢合せ。  なんでも「稲妻」の右に新しいやつ作ったとか。

ふ~ん。

 今日はシケシケらしい。



 風の谷行ったけど、確かにシケシケのグチョグチョ。

神隠しは、スタートきれるけど足がヌルヌル。





▲神隠しのスタート左足。 ちょっと触っただけでツユダク状態。 ズブ濡れ。。


 踏ん張ってアンダー行ったら

ホールドがカタカタ・・・・。 こわっ!


思わず飛び降りてチェック。   ちょっと触ったら ボロッ・・・。




▲はい。 奥歯がとれました。    うそです。 アンダーホールドの一部が欠けちゃった。 テヘペロ。





▲わかりにくいけど、少し段違いになった。



 もともと脆かったし、しゃーねぇわ。  前はフラットだったけど、欠けたことで段違いになった。

だから持ちにくくなってちょいワルくなった気がする。

しかも割れた断面が土と湿気でグチョグチョ。 スッポ抜ける気がして怖すぎるんで撤収。


 台風一過後にリベンジ!




いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:

 登山やランから、クライミングに心が戻りつつある。

夜、ベッドに入ると次の目標課題に頭を巡らせるようになってきた。


 もう少しで、しばらく忘れていたあの感覚が戻るのかもしれない。

でもまだ油断は禁物。 とにかくスイッチのオンオフがいつ入るかいつ切れるか分からないのだ。



 日曜。

宿題だった「神隠し」に次の目標をさだめた。

トレーニングもしないまま、前回は流血しそのままお蔵入り。

高さもあってか、気持ちが乗らないとうかつに手が出せない。

 今回は何の準備もないまま、なぜか登れるのではないかという根拠のない自信に

包まれ、あとはどうにかなるだろうと風の谷エリアへ。




▲相変わらずかっこいい岩だ。 しかも高い。




▲切り株をテーブルに見立ててとりあえずティータイム。  森林浴を楽しむ。



 そうこうしてると、H高さん登場。

平吉初登の「音信不通」にド嵌り中。 あざーす。


 お互い、同じ岩の裏と表で課題に向き合う。

とりあえずスタートから。   さすがにアンダースタートがキツイ。  これは体ができてないと厳しいか?


 とか言いながら、何回かやってたらガバポッケとりまで到達。

あとは止めるだけ。  でもキツイ。  今日の完登は無理くさい。



で、ケガしてもアレだしってことで、H高氏と「岩海」アタック。




▲「岩海」2Q。  これも何気に高い。


 平吉がリップガバとめて、体をひっぱりあげるところで足がきれて最上部からフォール。

ありえん。。。

 まっ、次回でしょ。


 さて週末は「塩の道」です。




▲しっかし高ぇな。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 何を思ったのか、16時から日ノ御子。

とりあえず石舞台へ。



▲ブーン


 分かっちゃいるけど、誰もいない。

そうりゃそうよ。 だって、ローションタイムど真ん中の時間帯。

そんなこと、誰よりも知ってるけど、関係ねぇな。 おれには。 そんな次元。




▲ん? んん?


 先週はなかったのに、再び池になってる石舞台。 かろうじてランディングは無事。

なんだよ。 平日にたっぷり降ったってことか?  聞いてねぇし。

 どう見ても先週よりさらに下地が下がった。  しかも「いざなぎ」はスタートの下が

ガボーンと掘り下がってるし。  この1週間に何があったのだろう。


 そんなことを考えながら 「舞」。


 はい。  サックリ。




▲アレですね。私のレベルでいくと、ヌメリがココチイイノ。。


 あっさり2撃したところで、Dがつまづいてタンコブつくって撤収。

さて、明日からは 本気で「神隠し」。  トレしてなくてもモチだけで登れるところを

証明します!


 




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

  日ノ御子貸切でした。 ほんとに一人で貸し切るのは久しぶり。

だーれもいない。





▲最終クラック落ち。。。 まぁ次回一撃っすね。


 近くに1Q~1Dありそうなラインを発見。 

しばらく遊べそう。   15時過ぎにはいつものごとくでローションタイムに突入。

十分楽しめる時期にはきてるけど、ハイシーズンはもう少し先かな。 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 G3での日ノ御子。

このメンツでの登攀はいつぶりなのかも記憶の彼方。


既成課題おさわりしたってしゃーないし、テキトーにつくって遊ぶ。

あれやこれや探しに探して、渡渉して苦労してたどり着いた単独岩。




▲日ノ御子の小さな主 D。



▲とりあえず泥試合の様相。 まずはこのおっさんから。




▲必死の形相のナベ。(マジです) 


 比較的簡単っぽい4Q課題あたりを平吉とナベがゲットン。

次は上流側のかっこいい被りからカンテに合流するライン。


 

▲おぉ。かっこいいじゃん。 このスタートの一手が遠くてワルイ。




▲カンテからも全然ワルイ。


 そんなムズイ訳じゃない。  でも登れなーい。

人間おちるとこまで堕ちれば、あとは上がるだけ。 頑張ります。




▲ってことで頑張った。 ハイボール。(お酒じゃないよ) 
 

 リップは写真上端から、さらにちょっと上。  結構高い。

藤Pとナベは早々リタイア。  平吉的には、スラブでハイボール。 ちょっと得意系。

2トライ目で魂が抜けかけながらトップアウト。 ホールドないからね。 うん。

 まっ3Qやろね。  メンタル的には初段ね。




▲G3が遊んでる傍で、いい子にしてるD。




▲走ってる場合じゃないぞオレ。 って心底おもった。   登ります!



 で、昨日。  掃除のあと藤Pと火消しへ。

なんかナベと山Pがアップでつくった4Qにド嵌りして、

でよくよく見たら、スタートホールドの近くにまーるい穴を見つけて

山Pにホジホジさせたら何も出てこないからトライしてたけど

気になったからケータイのフラッシュで見てみたら

明らかに足が見えてて、なんかいるし!!  キショッ!

っておっさん2人が逃走。  もうやだ。 もうやんねー。



▲穴の中からのぞく2本の足。 ピクピク動いてるし。Σ(゚Д゚)




▲最後はテキトーにフェイスで。




▲3本ラインをひいて終了。 6Q~4Q。


 さて次はいつかな。 

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード