10坪の家

建築家に依頼した、敷地18坪・建坪10坪の小さな家で快適生活を目指しています。
家作りやインテリア、愛用しているグッズについてご紹介します。


テーマ:

我が家の食器棚がこちら。


家の東西一面の収納棚を活かしたオープン収納です。



オープン収納はホコリ対策が必須というデメリットはありますが、取り出しやすくしまいやすいという点では便利。


扉収納の食器棚と比べると、「普段づかいの食器は出しっぱなし」にはなりにくいかなと思います。


ただ、我が家はそもそも食器の数があまり多くないというのもありますね。


食器が大量にあるお宅だったら、やはりきちんとした扉のある食器棚が必要なのかもしれません。



また、我が家は数が少ないだけでなく、扱いに注意が必要な高級品も皆無。


ほぼ全てが普段づかいできるカジュアルなものばかり。


100均一でも、フリマで買ったものでも、パン屋さんでもらったものでも、デザインが「嫌じゃない」かどうかだけを基準にして選別。


平皿は真っ白の無印良品を3サイズ、その他小鉢などは、白&青系で揃えています。


お椀は最近、手頃な価格の塗りのものに買い換えたところ。


数年前まではプラスチックのカップやおやつ用のプラスチック皿もありましたが、子どもが大きくなったので処分しました。


あ、マグカップだけは別ですね。


よく使うものは決まっているけど、かわいくてつい買ってしまったものも処分できなくて。


これ以上増やさないように気をつけてはいますが(苦笑)。



オープン収納だとホコリがたまるので、年に1~2度、食器を取り出して棚を拭きます。


始めるまでは億劫だけど、キレイになるとスッキリ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

狭小住宅の我が家は、2階建て+ロフトという構造。


ロフトは吹き抜けになっていて、広さは16平米ほどです。


(ロフトについてはこちら


新築当初はおもちゃを広げっぱなしにできる空間を想定していましたが、あれよあれよという間に子どもたちもロフトで立つことができなくなり(ロフトの天井高は1.4m)、おもちゃで遊ぶ年頃を過ぎてしまいました。


そして1年前に収納の見直しを始めるまでの間、気がつけば「使わない物のとりあえず置き場」と化し、魔窟状態に…。


片付け途中の画像がこちら。


(これ片付け途中ですからね、片付け開始前はもっとひどかったです)




そして、片付け後はこれくらいになりました。



この画像のあたりの棚は、だいたいおもちゃ。


おもちゃ、これでもだいぶ減らしたんですよ!


もう遊ぶこともほとんどなさそうですが、レゴその他、私が捨てられないもの…が残っております、はい。


ロフトの反対側は、一部カーテンで仕切ったところを「棚に入らない大物の収納場所」にしてあります。



スーツケースや季節外の寝具、その他諸々。


ここがまた、うっかりすると再魔窟化しやすいんですが、これからは定期的にチェックするようにがんばります!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1年前に集中して片付けをやったときに、いちばん大変かつ達成感を感じたのが、写真の整理でした。



「写真をプリントしてアルバムに貼る」…なんて、今どきはあまりやってる人は少ないかもですね。


いろんな写真整理術を見ていると、最近はテーマごと(1年とか旅行とか)にフォトブックにするという方法がよさそうに思います。


ただ、私は上の子を出産したとき(1998年)がまだフィルム時代だったので、そのときの流れで「プリント+アルバム」派。


アルバムのほうが写真の入れ替えが可能で、「編集」とかを考えなくていいという利点もあります。


でもこれ、作業をためてしまうと大変(苦笑)。


1年前に「よし!」と片付けを始めた時点で、「その1年前にプリントした、過去6年分の写真数百枚」が、紙袋に入ったままという状態でした。


そこからひたすら作業を進め、なんとか画像のような状態まで片付きました。



以下、我が家の写真整理の流れです。


・写真をセレクトして、L版でプリント注文


・メインの家族用は無印のポリプロピレンアルバム(264枚用)で、ただただ時系列に並べていく。結婚生活開始から、今7冊目


・そこからピックアップしたものと、園や学校などの写真(集合写真なども)を中心に、子どもたち各自に3冊ずつ4穴式のアルバムも作っている
(これはいちおう、子どもたちが独立するときに持たせる用のつもり)


・結婚式のは、4穴式で1冊別に作ってある


・家族用でLサイズじゃないもの用にも、4穴式を1冊


うちは無印のアルバムで揃えてるんですが、以外とモデルチェンジがあるのであまりオススメしません。

(ポリプロピレンアルバム(264枚用)はロングセラーのようですが、4穴の布貼りアルバムは廃盤になってしまい泣きそうに悔しかった経験が…)


アルバムは長く使うものなので、ナカバヤシなどのアルバムを多く作っているメーカーのほうがいいような気がします。


さて、気づけばまたアルバムが2年前の写真で止まっているので、またプリントしないと!


でも、子どもたちがめったに写真を撮らせてくれなくなったので、次回の写真整理はそう大変ではなさそうです。


うーんいいような寂しいような…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

現在、高2と中2の子どもたちがいますが、勉強は基本、ダイニングテーブルで行っています。


それぞれの(激狭い)個室には(とても小さい)机とイスを置いているので、気分転換にそちらでやることもあるけど、それ以外はほぼダイニング学習。


(超狭い子ども部屋の様子はこちら


壁の棚に教科書やノートは立てているのだけど、どうしてもテーブルに積み上がるのが、その他細かい文房具やら何やら。


このような使い方になることも見越して、テーブルは180×90という大きめのものにしたはず…だけど、やはりそのまま私物を置かれてはスッキリしないので、箱という「枠」を用意することにしました。



これは無印良品で買ったフタつきの硬質パルプボックスで、A4の入るサイズ。


とにかくこの「枠」内に収めろ!ということにしています。


来客のときはフタをして、さっと別にところに移せば、テーブルはすぐにスッキリ!


(フタができないくらいにぎゅうぎゅうなことも多いですが…)


ちなみに画像の中のふたつの箱の間に見えるのは、無印良品のデスクライト。


コンパクトに折りたためるタイプなので、ダイニングに置いてあっても違和感ありません。


さて1年後はダブル受験生の我が家、このままふたりともダイニングで勉強し続けるのかしら…?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2014年7月に撮ったキッチン写真がもう少しあったので、キッチン収納についてちょっと詳しく書いてみます。



キッチン上部には、IKEAで買ったオープン棚が2段、その下にやはりIKEAの吊り下げ収納用のバー、そしてIKEAのマグネットバーを設置しました。


オープン棚の上のほうは、主に保存容器置き場です。


普段使いは、iwakiのパック&レンジ をサイズ違いで複数。


平日はなかなかオットが家族と一緒に食事をとることができないので、だいたい常に電子レンジが使える容器におかずを入れています。


温めなくていいものは、無印良品で昔かったステンレスの保存容器、あとはタッパーウェアも少し使っています。


オープン棚の下のほうは、左半分はよく使う調味料等、砂糖、塩、麦茶パックやだしパックなど。


右半分はスケールや食洗機用洗剤、アルカリ電解水スプレーなどなど。


吊り下げ収納はあまり説明が要りませんよね、見ての通りおたまやスパチュラなどのツールがずらり。


ワークトップにはできるだけ物を置きたくないので厳選して。


吊るせないキッチンツールを入れたツール立て、生ゴミ用のミニゴミ箱、フードプロセッサー、バーミックス、それくらいです。


キッチンのIHの左側、こちらは家の構造の棚につながっており、キッチン収納として使用しています。


ビンが見えるあたりは、酒やみりん、酢などの調味料や使いかけの食材。


下段は未開封のストック置き場です。


ビンの棚の上の三段引き出しは、計量スプーンや竹串など細かいツール。


その左側の半透明のボックスは、食材のストック。


マスキングテープで、ざっくりとラベリングしています。


三段引き出しの右側は、ラップなどの消耗品。


上のほうにはホームベーカリーやホットサンドメーカー、紅茶や梅酒、オイルポットなど。


(う、しかしこうして見ると、1年後の現在はちょっと物が増えてきてます…収納見直さないと!)


一戸建て住宅のキッチンとしてはかなり狭いとは思いますが、棚のおかげで何とか回っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。