October 01, 2010

プロフィール

テーマ:過去を知る
__.JPG

ぷう吉

大阪在住のアコースティックギタリスト。香川県坂出市生まれ。好物はうどん。
地元の松山小学校、白峰中学校、丸亀高校と進学し、卒業後は大阪へ。大阪市立大学 理学部 物理学科へ入学。舞台が好きだったため、同大学で落語研究会に入部。ワッハッハ亭ぷう吉の芸名を貰う。芸人になりたいと思っていたぷう吉であったが、落語研究会でギターの上手な先輩から、アコースティックギターソロというジャンルを紹介され、ギターの練習にのめり込むようになる。落語は全く練習しなかった。結局、四年間で落語が一本もできるようにならなかったため、進路を一転。次は物理学者を志し、猛勉強の後、東京大学大学院 理学研究科修士課程に進学する。専門は一般相対性理論を用いた数値的研究。ブラックホール・中性子星連星の潮汐破壊問題でいくつかの論文を書く。しかし、休日もなく、朝から晩まで計算漬けという、研究室での鬱な毎日に耐え切れなくなり、修士号獲得後、逃げるように大阪へ帰ってしまう。舞台もあきらめ、研究者もあきらめ、自分は一体どうすれば良いんだっ!と悩む。が、それの束の間。物理の計算が行き詰まるたび、気晴らしにかき鳴らしていたギターであったが、あまりにも多くの時間行き詰まっていたため、腕前がプロ並みに上達していることに気付く。アコースティックソロギターの第一人者、中川イサト氏が行っているアコースティックギターセミナーに参加。修了後、関西を中心に演奏活動を開始する。
2008年、アコースティックギターソロの登竜門的コンテスト、フィンガーピッキングデイに参戦。西日本大会優勝、全国本選準優勝を果たし、一躍注目を集める。2010年、初のソロアルバム「ギターガールの冒険」を発表。全国ツアーを開始する。2011年には日本を代表するデニムブランド、ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D'ARTISAN)のデニム紹介動画に楽曲が使用され、メディアや演劇へのBGM提供といったライブ以外での活躍の場も拡がりをみせる。2012年、シンコー・ミュージック社が刊行するアコースティックギターブック35にてネクストジェネレーションギタリスト国内編15人のうちの一人に選出される。同年10月、大阪で初開催となるソロギターの全国コンテスト「フィンガースタイルアレンジコンペティション(FAC)」に参加。プロフェッショナル部門初代優勝者となる。獲得賞金をもとにオーストラリアに渡りバスキング(ストリートライブ)修行を行う。それを通してシドニーの世界的フラメンコジャズギタリスト Peter Dickson と交流が深まり、2013年5月にはジョイントワールドツアー(マレーシア、日本)が行われる。この時のパフォーマンスが関係者の目にとまり、10月にはボルネオ国際ギターフェスティバルへの出場を果たす。2014年には待望の新アルバム「キングオブザピッグス」をリリース。今後の活躍がますます期待される。


主な受賞歴
・2007年 -istフェスティバル -ist奨励賞
・フィンガーピッキングディ2008大阪大会 最優秀賞
・フィンガーピッキングディ2008全国本選 優秀賞、オリジナルアレンジ賞
・フィンガースタイルアレンジコンペティション2013 プロフェッショナル部門 最優秀賞、オリジナル作曲賞


主なメディア出演
・アコースティックギターブック35(シンコーミュージック社刊)
・アコースティックギターマガジン55(リットーミュージック社刊) (インタビュー記事と付録CDへの楽曲提供)
・ sora x niwa UMEDA 『Aki Miyoshi 音楽の庭』


主な楽曲提供
・ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D'ARTISAN)デニム紹介動画
・遊気舎 第37回公演「ソソソソ」
・コントパフォーマンス集団ドアーズ
・関西テレビ ニュースアンカー 「学生街の喫茶店」(BGMとしてカロ提供)
・パンタロンズ 第二回公演 「静けさ」 

AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。