過活動膀胱にアロマ

テーマ:

CMで耳にする「過活動膀胱」


40歳以上の男女の8人に1人が、過活動膀胱の症状をもっていると言われる「過活動膀胱」
膀胱炎とは違い、細菌により起きる疾患ではありません。


 「参考記事」
 膀胱炎にアロマ


その症状は・・・

急に我慢できないような尿意が起こる尿意切迫感

・トイレが近い(頻尿)、夜中に何度もトイレに起きる(夜間頻尿) 

トイレへ行く回数は、日中で5~7回、寝ている間は0回が正常と言われています。

このとこ寒いので、夜中に1回くらい起きるのはいいのではとは思いますが・・・。あんまり神経質にならなくても大丈夫。自分でトイレの回数が多くて困ったと思えば頻尿くらいの気持ちで。

急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある(切迫性尿失禁(尿漏れ)


原因は・・・


 神経因性過活動膀胱(神経のトラブルが原因)
脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病などの脳の障害、脊髄損傷や多発性硬化症などの脊髄の障害の後遺症

        

・非神経因性過活動膀胱(神経トラブルとは関係ない原因)


 ・骨盤底筋のトラブル
女性の場合、加齢や出産によって、膀胱・子宮・尿道などを支えている骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることによる排尿のメカニズムの不調

・前立腺肥大

 などがあげられますが多くの場合、原因不明のことも


治療方法は・・・
 投薬治療


セルフケアは・・・

・水分を摂取・利尿作用のあるカフェインの入った飲み物を避ける。
・骨盤底筋を鍛える(骨盤調整系のヨガやピラティスがおすすめ)




アロマでケアするとしたら・・・
 

◆過活動膀胱のアロマケア
交感神経安定作用のあるゼラニウム・エジプト

自律神経調整作用のある
  バジル・サイプレス・プチグレン・ローレル



上記精油の中からお気に入りの香りを植物油で希釈して、下腹部塗布するのがおすすめです。

 参考⇒希釈の目安


 過活動膀胱の治療薬として使われるのが「抗コリン薬」と言われるもの。
膀胱の収縮はアセチルコリンという神経伝達物質が担当しています。そのアセチルコリンの過剰分泌を抑える薬です。

アセチルコリンは副交感神経の末端から分泌されるので、アロマでは、自律神経を調節する作用のある精油を使うのがおすすめです。
 



 病気が深刻になる前のケアにはアロマがとっても効果的!



 たとえ原因不明の疾患だったとしても、身体のバランスをとっていけば回復に向かいます。その身体のバランスを一目瞭然にチャート化するのがサードメディスンチェックです。


サードメディスンの詳細はこちら⇒サードメディスン理論

 

サードメディスンチェックとは・・・
8種類の香りを嗅ぎ、好みの順番に並べ替えるというシンプルな手法で、その結果をチャート化することにより、体質診断はもちろん、体質改善に必要な精油や栄養素(食事)、体質に合った健康法など、あらゆる対処方法を「自分で考えられるようになる」のが特長です。(TMPのHPより引用

サードメディスンチェックメールサポートケア
おうちにいながらにしてサードメディスンチェックを受けられるメールサポートケア好評です。
詳細はこちら⇒サードメディスンチェックメールサポートケア

 

 

◆PUKALANIのサードメディスンチェックはここで受けられます


ふじみ野サロン(トリートメント前のカウンセリングで)

表参道首藤クリニック(火曜午後)

体験講座(ふじみ野・坂戸(若葉)・大宮・銀座・横浜・生活の木原宿表参道校)
日程の詳細はこちら⇒現在開講予定の講座

サードメディスンチェックメールサポートケア(ご自宅でチェック)

 

 

 

楽しく学んで使えるアロマの講座もいろいろやってます

 

現在開講予定の講座はこちら

 

 

サードメディスン入門講座開講します!

 

詳細はこちら⇒サードメディスン入門講座

 

 

 

 

東武東上線ふじみ野駅下車徒歩12分
アロマセラピーサロンPUKALANI(プカラニ)

~あなたのためのレスキューサロン~
肩こり・冷え・ムクミ・生理痛など女性の不調
お任せください!

サロンの詳細はこちら↓をクリック
●メニュー&料金
●サロンの場所&アクセス
●最新ご予約状況

ご予約方法はこちら↓をクリック
ご予約フォームはこちら
●お電話(080-5084-0764)でのご予約も可能です。
(留守電時はお名前とメッセージをお残しくださいませ)
●その他お問い合わせは、メールまたは、
こちらの⇒お問い合わせフォームをお使いくださいませ

 

 

AD