いつでも里親募集中

こんにちは!pucoです。

2007年9月22日に迎えたトイプードルのリッピ(♀)は3歳に、

2008年7月16日生まれの保育園児。ニンゲン マメオ(♂)も早2歳。

今年はいろいろ変化の年になりそうです。


2人女の子男の子+1匹しっぽフリフリ+1人赤ちゃん(男の子)の日々徒然などつづっています。
どうぞよろしくおねがいします!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年09月03日(月) 00時17分13秒

やっと夏休み

テーマ:日々あれこれ
こちらはかなりお久しぶりになってしまいました。
6月から仕事の担当が変わり、またもや激務な毎日を送っています。
私の人生流されっぱなしといったところ。苦笑
そしてやっと夏休み。

photo:01



伊豆は今井浜海岸へ。

photo:03



リッピどんも一緒です。

photo:02



前回強風波浪警報中の千葉での海水浴に味をしめ?
今日もかなりの高波の中、
果敢に突進していくこの方。
親はハラハラでした。汗

私も日頃の運動不足を解消しようと
マスクとシュノーケル着用でお魚鑑賞など。
さすが伊豆!
すぐそこの岩場でタイ?らしき回遊魚に出会えて興奮v

photo:04



運動の後の「生」は格別でした~( ´ ▽ ` )ノ

宿泊は むつみ庵 。
とっても素晴らしいお宿です!
明日の朝食も楽しみ~♪







iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012年05月29日(火) 21時15分58秒

保育園嫌い・・・

テーマ:マメオ10〜12ヶ月
最近のマメオです。

週末発熱→火曜日くらいまでダラダラ続く・・を2週続けて。

土曜日にお友達との楽しすぎるイベントで大興奮!→翌日発熱がコースなのですーー;

もちろん私とくまと交互に会社を休むのですが、

だいたい昼間は平熱に戻り、かなり元気。

明日は大丈夫かなあ~と思っていると発熱・・を繰り返し、

本人が一番かわいそうなのだけど親も心身ともに・・・><

今日は今のところ熱が下がったままなのでこのまま朝を迎えてほしいです!!(切実・・)



ここからが本題なのですが・・・

「○○ちゃん(←マメオ)、△△(保育園の名前です)嫌い~。行きたくない。」

最近のマメオの口癖です。

進級したばかりの頃もよく言っていたのですが、

この春から年中、年長さんたちと同じ部屋で過ごすことになり、

おもちゃの取り合いなどで勝てないことも多いのでそれが原因だったようなのです。

このときは1週間ほどでおさまったのですが、最近また口にするようになり・・・

理由をきいてみると・・・

「どうして?大好きなお友達いっぱいいるじゃない?
 AちゃんやBちゃんやCちゃんたちと遊びたいでしょ?」

マメオはうなずきながらもこう答えました。

「だって、AちゃんもBちゃんも早く帰るの・・・
 ○○ちゃんもパパとママにもっと早くきてほしいの・・・」

マメオの言うAちゃんやBちゃんはママが時短なのか、

お友達の中でもかなり早くお迎えが来るようなのです。

とはいえ、クラスのお友達の半分くらいはマメオと同じくらいのお迎え時間で、

更に遅い子もいるのですが、

やはり 早いお迎えのお友達が羨ましいと感じるようになったようで・・・

切ない気持ちになったと同時に、

そんなことも感じる年頃になってきたのだなあと感慨深い気持ちになったり。

今までは体のケアのみしていればよいくらいだったのが、

これからは心のケアも必要になるのだなあと痛感しました。

うすうす分かっていたことだけど、

子供の成長に比例して仕事に重きをおいていけるというものでもないなと。


実はある理由から更に30分ほどお迎え時間を遅らせようと考えていた私たちでしたが、

それはさすがにやめることにしました。

ただ、お迎えを早めることも今すぐは難しいので、よい方法を考えなければ・・と

頭を悩ませる今日この頃です・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年05月21日(月) 14時10分43秒

『一瞬でいい』

テーマ:最近読んだ本
『一瞬でいい』唯川恵 読了。

調べたらもう10年以上前でビックリなのだけど、
3本の小説をベースにしたオムニバス形式のドラマが放映され、
ドラマが面白かったので原作に興味を持ち、
それをきっかけに読むようになった唯川恵。
基本的には恋愛と友情がテーマみたいな話が多く、
ちょっと軽めなものを楽しみたいときに読みたくなる作家です。

この間amazonで体重計を買ったときに、
おすすめリストみたいなところに出てきたので、
amazon商法にのってまんまとポチってしまった『一瞬でいい』の上下巻。
内容をあまり見ずに買いましたが、
これは唯川作品の中では結構「重め」な1冊。

高校卒業の記念に一緒に山に登った4人の仲間のうち、
1人が不慮の事故で亡くなってしまい、
残された3人はそれぞれが友人の死は自分のせいだと思っている。
その3人のその後30年のお話。

大切な人の死に目にあうということは何歳になっても重い。
しかもその原因が自分にあったとしたら・・
18歳に背負わせるには重すぎる十字架。

3人(死んだ子もいれれば4人)はそれぞれ淡い恋心を抱きあい、
それぞれがそのことを意識しながらも、
1人の死をきっかけにそれまで思い描いていたものとは全く別の人生を
それぞれバラバラに歩み始める。
そして30年の間の節目節目で偶然あるいは意図的に近付きまた遠のいていく。

三人三様の人生やまつわる人間関係も丁寧に描かれ、
最後の方は大人のファンタジーと言えなくもないけれど、
自分に当てはめて考えさせられる場面も多く、
恋愛小説というより「人生とは・・・」ということを考えさせられました。

全体的に重めな内容でありながら、他の著書同様読みやすさはぴか一。
結果、上下巻を2日間で寝る前のベッドの中で一気に読んでしまい、
かなり寝不足になったことは言うまでもありません・・

反対に『右岸』はなかなか読み進められない私・・・
得手不得手がありますの・・・--;

一瞬でいい(上) (新潮文庫)/唯川 恵


一瞬でいい(下) (新潮文庫)/唯川 恵



*****

本とは関係ないことですが・・・

気持ちの行き違いゆえ、
疎遠になってしまっていた友人と
数ヶ月ぶりにコンタクトがとれました!

疎遠になってしまったキッカケは私なのだけど、
このまま縁が切れてしまうのは本当に寂しい・・という思いにかられていたので
思い切ってメールを送りました。
そうしたところ、ご本人からすぐにお電話が!

こういうことはお互いのタイミングも大切だと思うのだけど、
彼女も「もういいかな」と思えるような時期だったみたいで・・

変なプライドに縛られずに素直に謝れてよかったです。。。
またそれを絶妙なタイミングで受け止めてもらえたことが
本当にありがたかったです。

この流れに乗ってまた弟に連絡とってみるかな・・・
こちらは、何かあるまでこのまま放っておきたいのが正直なところなのですが。

でも「連絡を取り続けることが大事」という
Tちゃんママの言葉をこれからも実践していこうと思います。
ちゃんとお会いしたことはないけれど、
大切なことに気づかせてくれたことにお礼を言いたいです。





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。