著者: 村上 春樹
タイトル: ノルウェイの森〈上〉
著者: 村上 春樹
タイトル: ノルウェイの森〈下〉

20年弱ぶりに読み返しました。

昔、初めて読んだ時、私はまだ中学生で、この本とは、とても不幸な出会い方をしたのでした。

 

貸してくれた友達が、本を貸してくれる時に、先に、あらすじと、見所・・・性的な部分を選び、興味深く刺激的に、それもかなり詳しく・・・解説をしてくれたので、読んでいても作品世界に入ることが出来ず、『ああ、○○ちゃんが言ってたの、ココのかぁ~。あ、本当だ。○○ちゃんが言ってたとおり、レズ、すっげ~』みたいな・・・(笑)、言うならば、読書というより、確認作業。

不幸なことに、主人公や作中人物の悲しみや、織り成す感情の襞を味わうよりも強く、性的な場面や表現に刺激されてしまう年頃だったんだよね・・・

結局、作品そのものは良く理解できずに、なんとなく、村上春樹作品に苦手意識を覚えてしまったわけです。

 

そして、その後、村上春樹作品は、読まず嫌いな感じになってしまったのでした。

 

私の大好きな サリンジャーの『 ライ麦畑でつかまえて』の訳を手がけられたので、村上春樹作品に興味がわき、読んでみようと思い始めましたが、人気作家さんで著作の数も多い。

何から手をつけるか?というところで、かなり悩みました。

 

そして、出した結論が、もう一度、『ノルウェイの森』を読んでみる・・・でした。

 

 

なんていうのだろう。

なんだか、すごくもったいないことをしたようです。

なんて悲しく、一言では言い表せない、余韻の残る、素敵な作品でした。

 

まだ、恋もしたことのないようなお子様には、オススメできません。

 

AD

スナーク狩り

テーマ:
著者: 宮部 みゆき
タイトル: スナーク狩り

 

う~む、あまり、好きではなかった。

タイトルが意味深な感じで、興味をひかれたものの、読んでもよく分からないこじつけのタイトルのような気がしてしまって・・・イマイチ

 

だけど、なんか、こういうことを言いたいのかな?みたいなのは感じた。

でも、なんか、モヤモヤが残っちゃった。

 

AD
著者: 宮部 みゆき
タイトル: 鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまでを読みました。

 

以前読んだ    クロスファイアの登場人物が出るらしいので、クロスファイアの伏線として読んだ方が良いのかと思って、借りたのだけど、別に、読まなくてもクロスファイアは面白く読める。

 

 鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまでは、超能力を持つ三人の女の人の話。

どれも、それぞれに面白かった。

だから、他の話とか気にしなくても、良かった。

なんだか、すごいうまいなぁと、思った。

 

AD