出版に関するご相談、お問い合わせなどはご遠慮なくメールください。

  ken@denon.bizz.st

メールでご返信ご案内します。

出版をご希望のあなた!

この機会が出版デビューのチャンスかも知れませんよ。

ときに遠慮や消極性は社会的な罪でもあります。


ただし、お問い合わせやご相談の前には、必ず、

このブログを熟読してください。時間がない方は<出版案内>

だけどお読みください。時間のある方は<日記>もお読みください。

出版案内に付随することが日記に書かれています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007-08-02 22:59:16

★チェーンダーク★が楽天で今週のベスト新刊に選ばれました

テーマ:出版案内

楽天ダウンロードで今週のベスト新刊に選ばれました。



http://dl.rakuten.co.jp/shop/rt/book/


★チェーンダーク★
 
どこまでが事実なのか、
どこからが夢想なのか? 
   バーチャルというネット社会で実際に
   起こっている犯罪的な誹謗中傷を告発
   する衝撃の書

タイトル   チェーンダーク
著者   九鬼蛍&五島一平
撮影   五島一平
企画   二階堂賢治
出版   創始館
ネット犯罪を告発する問題の書がついに発売され
ました。本日はビットウェイブックスからの発売で
すが、来週には楽天ダウンロードからの発売が
予定されています。
定価   399円
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-07-31 14:27:33

読者モデル募集  <読書感想文募集>

テーマ:出版案内


つぎの新刊の読書感想文を書いていただける方を
募集します。
月下草の声      小学校のイジメ問題告発の書
見えない輪      同じモチーフですが表現方法を
             変えた書
チェーンダーク    どこまでが事実なのか、どこから
             が妄想なのか、話題のネット風評
             被害を摘発する問題の書
  著者   九鬼蛍+五島一平
  写真   五島一平
  企画   二階堂賢治
  出版   創始館
感想文は1000文字程度以内で、2週間以内にご提出
ください。ご提出された感想文は創始館の書籍販売広告
で自由に使用させていただきます。お申し込みは、これに
ご同意いただけたとみなします。
ご希望の方は、つぎの事項を記載して二階堂までメール
でお申し込みください。
  HN
  所在都市
  性別
  年齢
  職業
  メールアドレス
  希望するタイトル
ken@denon.bizz.st まで、お申し込みください。
             
月下草の声
見えない輪
チェーンダーク
よろしく
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-07-27 14:31:18

新刊案内  <チェーンダーク>

テーマ:出版案内
★チェーンダーク★
 
どこまでが事実なのか、
どこからが夢想なのか? 
   バーチャルというネット社会で実際に
   起こっている犯罪的な誹謗中傷を告発
   する衝撃の書

タイトル   チェーンダーク
著者   九鬼蛍&五島一平
撮影   五島一平
企画   二階堂賢治
出版   創始館
ネット犯罪を告発する問題の書がついに発売され
ました。本日はビットウェイブックスからの発売で
すが、来週には楽天ダウンロードからの発売が
予定されています。
定価   399円
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-07-06 01:43:04

楽天ダウンロードからも出版されました

テーマ:出版案内
先日ご案内した私がプロデュースした電子書籍が楽天ダウンロードから
も出版されましたのでお知らせします。
◆実際に小学校で起こった事件にヒントを得て書き下ろした
小学校イジメ問題を告発する衝撃の絵本(児童文学書)です◆◆
今日もTVで電子出版についての報道がされていました。
今年の売上総額は250億円で昨年の3倍、2010年には1000億を
越える予測とかで、とにかく急成長の市場だと報じていました。
ところが、残念というか、まだまだ電子出版についての誤解が蔓延し
ています。もっとも迷惑なのは著者が直接取引(自分で登録)できる
のが電子出版だというデタラメな誤解です。
確かに、そういうところも多くありますが、それらは同人誌です。
従来からの出版業界の正規な出版の形態ではありません。
私は日本を代表するトップクラスの電子書店からの出版をプロデュース
しています。当然、著者が直接取引など出来るわけがありません。
信用の低い出版社も取引などできませんので、自費出版専門社など
の出版物は並べません。
不信であれば、ご自分の目で納得できるまで確かめられることを
お勧めします。
重要な点は、私のプロデュースでは小学館と同じ方式で電子出版の
売れ行き次第で自動的に紙製本に切り替え全国の書店から出版さ
れるという出版契約書が締結されます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-22 14:34:11

新刊プロデュースのご案内

テーマ:出版案内

本日、私がプロデュースした新刊が出版されました。



   タイトル     見えない輪

   著者       九鬼蛍&五島一平

   企画       二階堂賢治

   出版       創始館



http://books.bitway.ne.jp/meng/cp.php?req=top&site=book


6月29日からは


http://books.bitway.ne.jp/meng/cp.php?req=126_01_01&site=book&bid=B1470500011


上記URLをご参照ください。



来月からは楽天ダウンロードでの出版が順次予定されています。


http://dl.rakuten.co.jp/shop/rt/book/


上記のサイトは電子書籍のほかにアニメ、音楽、動画、ゲーム、コミックなどの

販売も可能ですので、いずれはプロデュースの対象も拡大したいと考えてます。


私がプロデュースする作品は、一流の業者を介して、一流の販売店から

市場に提供されます。



  ちょっと余談ですが、昨日も気違いブロガーの一味が著者に言いがかりを

  つけたようです。発言の自由とはいえ、ネット犯罪にも警察が犯罪者を検挙できる

  ように日本の法律を修正して欲しいと思うのは私だけではないでしょう。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-20 16:08:39

プロダクションから独立しました

テーマ:日記

私的なお知らせですが、私は実質的にはフリーで仕事をしてましたが、

それでもデノンという出版プロダクションに所属してました。


そのデノンの解散に伴い、独立することになりました。

実態的な仕事の内容は以前も今後もまるで変わりませんので、

今後ともども、よろしく、お願いします。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-19 02:36:09

いま話題の書をプロデュースしました

テーマ:出版案内
いままでは結果的に実績を隠していましたが、悪徳ライターとか
気違いブロガーの誹謗中傷や犯罪行為としての営業妨害に
あったのは読者なら殆ど全員が既知の事実だと思います。
まあ、その記事を読めばチンケな内容に思わず吹き出す程度
なので笑ってもいましたが、それに騙される低俗な出版希望者
もいるが事実でしたので最小限に限ったプロデュース実績の
公表を始めることにしました。
「月下草の声」    著者   九鬼蛍&五島一平
            出版社  創始館
上記を昨年末より半年かけてプロデュースしました。
ビットウェイブックスの今週のピックUP(売れ筋商品紹介)に
登場しました。これは7月22日に内容が変わります。
小学校のイジメ問題を告発する話題の書です。
今後、大手の電子書店から準備発売が予定されています。
これらの大手の電子書店は自費出版会社などとの取引は
しませんし、もちろん、著者が直接取引できる同人誌レベル
ではありません。
読者でご興味があればご自分の眼で確かめてください。
大手の電子書店に並ぶのは著名な出版社、著名な著者
のみです。
そして、私がプロデュースする原稿は信頼すべき出版社を
通じて大手の書店に並びます。
これは以前ご案内した二人三脚のプロデュースの一例です。
著者の持ち込み原稿を修正変更して出版社と交渉する
よりも、プロット制作をご指導してから出版社を巻き込み
出版交渉する方が断然出版できる確率がUPしました。
当然、すべては出版審査から始まりますので、悪徳ライターや
気違いブロガーに騙されないようにしてください。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-07 19:49:13

読者を楽しませる・・・<5>

テーマ:日記
プロの執筆家を志望されている方が急送に増えています。
でも、プロ執筆家というのは、どのような職業なのかを
具体的にイメージされている方は少ないのではないかと
思いますが、みなさまは、どうですか?

先日、ブログの読者からのお便りに、つぎのような内容の
ものがありました。

  最近はストリートミュージシャンが増えています。
  路上で勝手に歌を歌い、それが有名になり音楽プロ
  デューサーがスカウトに来る。ネットで作品を公表する
  のも同じだと思います。

という内容でした。
その通りだと思います。
でも、業界から声が掛かったときに、ギャラはいくらですか?
と高飛車に居直るストリートミュージシャンは皆無だと思い
ますが、みなさんなら、それが当然だと思いますか?

ストリートだとは言え、私もミュージシャンです。
このように少なくとも小銭を貰っていますのでプロの端くれ
ですからアーティストに対する態度を示さないのは失礼です
という人がプロになれるでしょうか?

でも、ネットにはそういう作家志望者がいかに多いことか?

出版デビューします。
(自費出版は世界が違いますので一緒にしないでください)
それで一気にベストセラーになることなんて稀ですよ。

出版には漕ぎ着けたけど、その後が鳴かず飛ばずで
結局2冊目がでなかったという人が何割いるのでしょうか?
経験的な憶測ですが50%を越えていると思います。

その原因は才能でしょうか?
違うと思いますね。
デビューするまでは人脈形成に気を遣ってきたが出版と
同時に無意識であっても先生気取りになるひとが多いです。

それでもベストセラー近くの売上があると関係者は先生、
先生と持ち上げて、大型新人だと逆に騒ぎ立てますが、
売れないのに先生気取りだったら人情としてどうですか?

執筆業というのは職業的に見ると完璧なフリーランス
だと思います。デザイナーというのは売れると自分で
製品を作り販売も始めますので、そうなると半分事業家
だと思います。

タレントや建築家、弁護士などと職業的には同じフリー
ランス(自由業)に該当すると思いますね。フリーランス
という職業を伸ばすには、人脈です。

個々の収入の道は人脈から繋がってきます。
その人脈を太くする。広くする。
これに尽きると思います。

作家などを志望するみなさんは、収入に繋がる人脈の
形成について、真剣に考えたことがありますか?


いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-04 22:25:17

250万部突破の快挙の裏?

テーマ:日記

読者の皆さまは、ご存知だったでしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか 」という著書の売上が

250万部を突破したと噂されています。


日本では環境という言葉だけが表層的に先走りしていて正しい

理解や心深い意識に欠けるように思いますが、これは中部大学

教授の武田邦彦氏の著書です。


日本はゴミ問題や公害問題への取り組みは名実共に世界的レベル

でも優れていると思います。その頃からリサイクル運動が盛んで、

各所からリサイクル率なるデータは盛んに公表されています。


ところがリサイクルされた資源の再利用率になると何故だか

どこもデータを開示してくれません。その虚をついたのが上記の

著書の根源です。


発売当初から、どうも、あまり売れてなかったようです。

ところが日曜日の午後のTV番組「たかじんのそこまで言って

委員会」で著書内容を暴露したところ一気に売れに売れて、ざっと

2億5千万円の印税収入となったわけです。


TV宣伝というのは凄いものですね。


漫才の島田洋七のガバイばあちゃんも北野武などの勧めもあり

執筆したものの、どこの出版社に持ち込んでも相手にされず、

それで自費出版したといいます。でも、売れるわけなどありません。

それで講演会などの際に出口で販売したり、老人ホームなどに

慰問して販売したり、ネットで直接販売したりしてたところTV朝日

系列の徹子の部屋に招かれ、番組で著書を宣伝したところ一気に

ブレイクして100万部を突破しました。


通常、出版社で広告宣伝してくれるのは編集部や営業部が推して

いる書籍のみで全部の出版物が広告宣伝されるのではありません。

その光栄なる広告宣伝でも新聞広告に何度か載るだけで、それ

以上は稀なことです。


TV宣伝の広告効果は凄いですね。


弊社はまだTV宣伝などできませんがネットを活用した各種の

宣伝を日々開発しています。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-01 23:46:11

読者を楽しませる・・・<4>

テーマ:日記
作家は売れるようになってくると先生と呼ばれるように
なります。みなさまはご存知ですよね。そして、芸能界
でも、同じですね。
ジャンルに関係なく、新人の頃は雑用係と言うよりも
はっきり言って奴隷並ですね。でも、それで嫌気が差し
て喧嘩したり反抗したり逃げ出しては将来がもろくも
一気に消えさってしまいます。
その点、執筆の世界では悪徳ライターと言われる犯罪
の温床がありますので、そこに逃げ込めば無法地帯
ですから生息はできるかもしれませんが一生陽の目を
浴びることはできませんね。
その先生業には2種類あると思います。
ひとつは学校の先生とか訓練所のインストラクターの
類ですね。職業に就いたときから生徒さんがいて先生
と呼ばれます・
他のひとつは政治家、コンサルタント関係、芸能関係
などで呼ばれる先生業です。そして執筆業と言うのは
まさにこの部類に入ります。
最初は頭を叩かれ叩かれして世間に鍛えられてこそ
世間から認められるようになってこそ初めて先生と
呼ばれるようになる敬称としての先生業ですね。
その先生業に共通しているのは世間に認められる
までは辛くても常に笑顔で誠意を示し自分を殺してで
も相手を立てるという修行です。
最近、作家志望の新人に、この一番大事で基本的な
修行を忘れてしまっているのが急増していませんか?
だから、悪徳ライターが急増しているのかも知れませ
ん。最初から先生気取りが増えています。
 ・ 自分が満足できる作品作りに没頭して他は目に
   入らない
前回でも書きましたが、他人を楽しませて初めて始ま
るのに、自分が楽しむことを念頭においている。本当
のプロというのは他人を楽しませる苦痛がいつの間に
か楽しみに変わっている人たちです。言葉では同じ
楽しみでも中味が180度も違うのに気が付けないの
ですね。
 ・ 私に声を掛ける前には作品を読んで感想文を
  持ってくるのが礼儀じゃないか?
ネットで作品を発表することは自由ですが、それを
マスコミで発表したと勘違いしている人が多いので
しょうね。これだけ一人前の言動はある程度売れっ子
になって回りから先生と呼ばれるようになっても、
なかなか言えることではありませんね。
確かに陳腐な作品であっても趣味を持つ人は趣味の
ない人に比べると執筆は得手ですよ。その事実に
自信を持ってもそれは趣味の世界での話しですよね。
もしも、本気でプロを目指すなら、それは自惚れや
傲慢として笑われて相手にされなくなるとは理解で
きないのでしょうか?
でも、残念ながら、この種の人たちがメンヘラーに
陥ったり、悪徳ライターになって誹謗中傷や営業妨害
を繰り返すのが多いですね。
弁護士の先生でも、経営コンサルタントの先生でも、
駆け出しの頃は、いつでもカバンに履歴書を何通も
忍ばせています。
誰かに紹介してもらったり名刺代わりに、お暇なとき
に眼を通してくださいと履歴書を相手構わずに配る
のが人脈作りの基本ですね。これは起業家も同じ
ことです。
ところが履歴書はプライベートなことですからと
相手から安全と保障を提示してもらわないと履歴書
を提示できないライター希望者が増えているのは
謎ですね。
はっきり言って将来性はゼロだと思います。
起業家というのは現在サラリーマンの人が多いです
ね。あのぉ~、副業は社員規定で禁止されてますの
で身元は明かせませんと真顔で胸を張る起業志望
者が増えているというのも謎ですね。
起業が成功する確率はゼロだと思います。
自分の立場や利益の最大化を狙うと言うのは競争
の社会ですから大事なことだと思います。それくらい
の気概があって当然だと思いますが、自分ひとりで
社会が成り立つのじゃないですから、必ず、相手が
いるのですから相手の立場や利益ををまず考える
常識がなければ成功の確立はゼロだと理解しない
と駄目ですね。
起業家というのはまず相手のリスクを背負い込んで
さらに利益を誘導できますと証明して初めて相手が
話を聞いてくれるのではないでしょうか?
それは執筆家志望者も同じじゃないですか?
出版社が無名の新人の原稿を出版するということは
どれだけのリスクが背負うのか、その想像力が働か
ない作家にプロの道はゼロだと思います。
プロを目指すなら読者を満足させる、出版社を儲け
させるといったプレゼンが出版関係者にできない
ようでは将来性など皆無だと思います。ましてや
履歴書など名刺代わりどころかチラシのようにばら
撒くようでなければ将来などないでしょうね。


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。