Coffee Technologist 吉田一哉

コーヒーテクノロジスト 吉田一哉 のブログです。


テーマ:

 

インドネシア スマトラ島、ガヨ地区視察。





現地、活動時の所在や標高などが

わかったらいいな、と思って、

ABC + GPS ウォッチを購入。





A  高度計(Altimeter)

B  気圧計(Barometer)

C  コンパス( Compass)

GPS機能 が 付いたアウトドアウォッチ。






工房と家の往復が生活のほとんどとなっている現状

腕時計は普段使いませんが旅にはあったほうが便利です。





で、所有しているものがずっと電池切れで放置されており、

愛着もあまりなかったということもあって、

また、どうせなら、

見知らぬ場所へ行ったときに役に立つものがいいと思い、






といって

はたして役に立つのだろうか、という疑念も大いにあるのですが、

「ガーミン」という 

GPSメーカーがつくっているアウトドアウォッチを購入しました。







明日届くことになっていて、

セットアップするつもりです。







出国まで10日あまりとなりました。

準備もあわただしくなってきました。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

インドネシア スマトラ島行きは、
関空からマレーシアのクアラルンプール、

ここで1泊、
クアラルンプールを中継し、

そしてスマトラ最大の都市メダン着です。





メダンはハブ、モノの集積地で
周辺で収穫されたコーヒーが集まってくる場所。。
諸々の輸出業者がメダンにあって、
このインドネシア第4の都市に所在する輸出業者の

作業見学を予定しています。。






その後、このメダンから栽培地へ向かうという流れです。





タケンゴンという町があり、ここがコーヒー栽培の中心となる場所。





今回の旅は、
コーヒーの苗づくり、その後の定植作業、栽培の要点などがテーマで
できるかどうかは別にして、
そうした実務的なことを作り手の方たちに聞けたら、と思っています。





この土地のパーチメントを輸入するつもりで、
そして、できればカカオポッドも・・・
それを稲沢バナナ園さんのハウスで育ててもらい、






ガヨ産のコーヒーが日本でどのような香味に育つか、
ガヨ産のコーヒーのアンテナにどうなれるか
ということの
前提づくりがこの旅の目的の一つ。





もっと具体的な計画にしていきます!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、午後

コーヒー商社

ワタル(株)さんで開かれた

ベスト・オブ・パナマ 2017

の カッピング会に参加してきました。





ベスト・オブ・パナマとは、

パナマの最高のコーヒーを決める

国際品評会のこと・・・・






品評会に出品されたコーヒーロットは、

カッピングで順位がつけられ、

入賞したロットは

インターネットの公開オークションで

世界を相手に 販売されるという

それはそれは、特別なコーヒーたちです。






そのコーヒーたちの味見をしてきました。






ベスト・オブ・パナマには5つの部門があります。






コーヒーは品種や精選法の違いで特徴が異なり、

例えば、良さの違う、

ブラジルのコーヒーとパナマのコーヒーを

一緒にして評価できないように






パナマ内のものでも、

品種や精選法の違いで特徴が違い

それぞれの部門で順位がつけられることになります。






・トラディショナル ウォッシュト(ハニーも含む)部門

 (ゲイシャ種 パカマラ種以外のこと) 




・トラディショナル ナチュラル部門 

 



・ゲイシャ ウォッシュト部門




・ゲイシャ ナチュラル部門





・パカマラ部門 (新設)

 (ウォッシュト・ナチュラル混在)






この5つの部門の

それぞれ 

すごい得点を獲得したカップばかりを集めたカップ会でした。





トラディショナル部門はすべて87点以上、

ゲイシャ部門は 89点以上、

パカマラ部門は 88点以上、






お店では取り扱ったようなことのないような

レベルのコーヒーです。・・汗






この品評会に審査員として現地へ行かれた

ワタル(株)村越さんのお話のとおり、

パナマ ウォッシュト のレベルがとても高い!






これが今回の貴重な体験となりました。






特に・・

そのトラディショナル、ウォッシュト部門、

4位入賞の

「Carmen Special Reserve」がすばらしかったです。

1位~6位までが並んでいたのですが、

このロットがとてもいいなと思いました。

本当に感動しました。






最近、品質の高いコーヒー、そしておいしいコーヒー

それぞれはいったいどんなコーヒーなのか、・・・・・と・・・

だんだん、わからなくなってきていて

その、もやもやに刺激を与えてくれたカップとなりました。






内で格闘しても解決できないものは

外にいかなければ、解決できない。

そんなことが改めて・・






明日から、リスタートの気持ち。






よしっ、がんばっていきましょう!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インドネシアは島国。

世界で一番島の多い国です。






そしてコーヒー生産は世界第4位。






そのほとんどが

ロブスタ種ですが

(インスタントコーヒーなどの工業用として利用される)






スマトラ マンデリン

スラウェシ トラジャ

バリ

ジャワ 

フローレス

などの

知られたアラビカ種があります。






8月1日に出発する

インドネシア視察は、西部のスマトラ島です。






スマトラは

マンデリンの産地として知られ、

最北部のアチェ独立州、

その南に位置する北スマトラ州

この一帯でマンデリンは栽培されています。





マンデリンといっても

最北部のアチェと北スマトラでタイプがちがっているのですが、

(アチェは標高が生み出す特筆すべき酸がある)

今回訪問するのは アチェのほうです。






北スマトラ州の都市 「メダン」

この国際空港を降り、

その後、陸路で アチェ州の 「タケンゴン」 を目指します。








ちょっとわかりにくいのですが、

オレンジに黒丸のひときわ目立っているポイントが 「メダン」。





スマトラ島北部に点が集中している

色の濃いエリアがありますが、

ここが

GAYO  HIGHTLANDS (ガヨ高地)、

この中の赤ではなく、黒い点が ・・・・・・・・タケンゴン です。

(確認しずらいですね)







目標産地は「ガヨ」。







メダンからは 車で10時間以上。

大変な道のりです。








今回の旅は

優良産地としてとりわけ名高い

「ガヨ」を目指します!








※スマトラは西部標準時で

時差は、日本の2時間遅れ。 日本、朝7時の時、朝5時。






※ 気候は熱帯雨林で雨季と乾季の繰り返し。

  8月メダンの最高平均気温は 33℃。最低平均気温は22℃

  降雨 は 17日 / 31 日   185㎜ 。

  産地は標高高く 10℃~15℃。防寒衣類が必要。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


インドネシア行きのスケジュールが確定し

8月の営業の予定が立ちましたので

お知らせいたします。










インドネシア スマトラ島 産地視察は、

8月1日(火)関空 午前11時発 の便からはじまり、

8月11日(金)関空 午後 3時25分 着の便で完了する

11日間の旅程です。






8月11日帰国後、

1日準備時間をいただき、

13日(日)営業いたします。







その後、14日(月)から

お盆とお正月年2回 実施している

大掛かりな設備メンテナンスのために

5日間、お休みを頂戴します。





 

全て一人でやっているため、

何事も時間がかかってしまい

ご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんが、

何卒よろしくお願いいたします。








8月、PUBLIQ COFFEE は

通常と大きく異なる営業日程となっています。








どうぞ8月営業カレンダーをご参考に

コーヒー豆をご利用くださいませ。







何卒よろしくお願いいたします!         









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。