...来年は、↑、でしょうか?、未来は未定...。

今年の出願数は、2万人を割りました。

そして、現に受験した人の数は、たった15,440

だそうで、新司法書士試験?になったのはマチガイない。

受験料が6300円から8000円になったのは2年前か...。

  

   受験料や受験者数の変化で、<新> なんて

つけられませんが、では問題傾向とかは、どうなんだろう。

万年受験者の感想や、短期合格者の感想では

説得力が弱いのだが、

明らかに、試験問題が難しくなった!! のが実感か...。

 

 

今年の基準点・・・

・ 午前の部・・・・・25問正解

・ 午後の部・・・・・24問正解

 

エライ低いのではないか、それだけ問題が難しくなったのか?

あるいは、合格者数を調整するには仕方なかったのか?

受験者数が減れば、基準点が下がるのは当然か。

採算に見合う合格者数にしないとねぇ~って、

    

    このまま下がり続ける受験者数でしょうか?

平成23・24・25・26・27・28・29年と

連続7年間下がり続けている。  どうなる??

もう司法書士試験は無くなる運命か、改名も実行せずに...。

 

・ このまま下がり続けて、廃止になるまで放置する。

・ 試験問題を簡単にして、受験者数を増やす。

・ 試験問題もそうだが、単純に、合格者を倍増 にする。

・ 改名して、独占業務を増やす。

・ その他

 

さあさあ、どうなる?、未来は誰にも分からずか!!笑い泣き笑い泣きドクロ

 

                 

===================================================================

AD