まだ一回のみ

新6

..さて、試験日まで残り少ない今日この頃でありますが、

いかがお過ごしでしょうか...。


 

平成23年・・・記憶がない、易しい年度だった?

平成24年・・・記憶がない、標準だった?

平成25年・・・記憶がない、微妙に難化傾向?

平成26年・・・記憶が薄い、明らかに難しくなった?

平成27年・・・受験料値上げ!ドクロドクロ¥、過去最高の易しい年度か!

平成28年・・・昨年度、、、最悪の超超難化、、もはや終焉の終焉!


 

..ああ~~ぁ、合格者数が660人かあ~!

新司法書士試験になって以来で最低の人数である。

もはや、旧時代へ戻っていくのか?、

誰でもは受けない時代の試験へ。 ブレない時代の400人台時代。


 

・ カタカナ交じりの条文時代、一握りの受験者のみ。

・ 法学部の上位者のみの試験、国家試験ではなかった?

・ 旧司法試験の滑り止め試験といえど、一般人には無縁の資格。

・ その他


 

どうなっていくのでしょうか?、まるで予測不可能な司法書士試験。

受験者数の下げ止まりはナイでしょうねぇ、どこが底?なのか...。


 

..昨年の試験問題は、おそろしく難しい年度だったのでは?

平成26年度に次ぐ難しさだった?

択一問題の商業登記法なんか、零点が当たり前じゃないってくらい

難しかった?、、適当にマークした方が正解率が上だった、にひひドクロ


 


仏閣

==========================================================================

AD