NEW !
テーマ:

 

 

年末にハワイの友人たちが遊びに来ていたのですが、

 

そのうち1人がベジタリアンでした。

 

厳密には"pescetarian"といって、限られた魚類は食べられるのですが、

 

僕がお店の候補を考えていた時に、きっと彼女はそういう状況にも慣れているでしょうから、

 

"気にしないでいいよ!"

 

そう言われたものの、

 

他のみんながお肉を食べている時に・・なんて気にしてしまうと、なかなかお店が思いつきませんでした。

 

僕らが違うので普段ほとんど考えませんが、

 

こういうことにも進んでいるようで進んでいない日本、なのかもしれません。

 

Tokyoといえば、なんでも最先端で揃っているようなイメージなのに。

 

 

世界中を旅してきた最後、スリランカで数日過ごしてから東京へやってきたのですが、

 

到着した日の夜、僕らの知り合いのお店へ案内しました。

 

野菜をたくさんいただけるお店。

 

"ここだったら良いと思うよ!"

 

 

ショーケースからいくつか選んで、というスタイルで、メニューは英語表記もあります。

 

どんな料理なのか?も見られますし、

 

最悪、店員に指を指せば、という中で、僕らもいるので通じないことはありません。

 

 

そのベジタリアンの子はスペイン人なので、本人としては、簡単な英語しかできない、という頭でいます。

 

スペイン語、英語、日本語、というイメージなので、僕らよりも一段階難しい。

 

それでも、日本人のそれとは大違いで、普通に話せると言ってもいいくらいのレベルにあるのです。

 

この時点で、今回のブログのテーマが分かりますよね。

 

 

店員はそんな見た目も外国人の友人たちに向けて、思いきり日本語で接客をしてきます。

 

ほんの少しの英語も出てきません。

 

1や2、ではなく、0なのです。

 

 

まず、AかBを選んで、ベースが決まったら内容を選んでいくのですが、

 

その中には、"このメニューは100円増し"のようなものも出てきます。

 

最初に僕が、僕ら4人の担当になった店員に、

 

"全部まとめて僕が支払います"

 

"彼らには好きなものを食べさせたいから、値段は気にしないので選ばせてください"と言いました。

 

それなのに、マニュアル通りにしか動けない店員は、

 

"いいですか?"と絶対に聞かなければならないのでしょうが、前もってその部分をフォローしているのにも関わらず、

 

"こちらは100円プラスとなりますがよろしいでしょうか?"と、僕ではなく友人たちに聞くのです。

 

それも、何度も何度も。

 

友人が僕に、"なんて言ってるの?"と聞くので、"気にするな!"と言うと、

 

友人も頭が良いので、そういうことねーとなんとなく察してくれてその会話は流していくのですが、

 

僕が、何度頼んでも、その店員は、友人たちが別料金のメニューを頼むたびに、真顔で完全な日本語でそう聞くのです。

 

ものすごく簡単な質問に対しても全く聞き取れず無視はするし。

 

知り合いのお店なのであまり言いたくありませんが、

 

他の部分ばかり気にしてお金かけていないで、こういうところを見直すべきだと思うのですが。

 

 

 

 

 

 

英語が分からないなら分からないなりに、頑張ろうともしない。

 

それとも、ここは日本なんだから、日本語でしゃべらない方が悪いんでしょ?なのか。

 

スペイン人の子にしてみると、

 

"国の違う私たちが話そうと思ったら、共通なのは世界中どこに行っても英語だから"

 

照れながらも、文法なんて気にせずに僕らの中に飛び交っているのは英語です。

 

とにかく、ここまで初歩の初歩から通じない国は、きっと世界中を旅している友人たちにとっては珍しいのだと思います。

 

 

これって、笑い話ではないです。

 

 

そして、パーティーに移動すると。

 

 

"Moscow Mule"をオーダーすると、必ず出てくるのは、"Rum and Coke"という謎。

 

あっちでもこっちでも、英語に惑わされた夜。

 

友人がモデルさんのようにかわいいので、行くところ行くところで写真にナンパに。

 

彼女が、

 

"また写真撮られてたよー"

 

boyfriendでもある友人がトイレに行っている間に、

 

"Are you visiting?"なんて声をかけてきた背の低い外国人。

 

蹴散らした後に友人が戻ってきたので、面白いので報告すると、

 

"俺はハワイアンだぞ!一発くらわせてきてやる!"

 

なんて冗談交じりで半分本気で嫉妬した友人に、

 

"私はボーイフレンドと一緒に来たってちゃんと言ったからー"とすぐに仲直り。

 

 

寒くて寒くて、

 

僕を先頭にしてぴったり後ろにくっついて風除けしていた彼らでした。

 

変な、縦に1列の4人。

 

 

 nice moves girls!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。