みなさん、こんばんは。

かるたカウンセリングの時間ですはーと

 

うつかるたのはじめはこちらです。

かるたカウンセリングのはじめはこちらです。

 

ーーーーーー

これは小さな奇跡の物語です。

 

 

父とふたりで夕食を食べました。

私が作ったカレーでした。

少し会話がありました。

これが私にとって奇跡なのです。

私は幼い頃から「父に認めて貰うための人生」を生きてきて、1番を目指して頑張りました。しかし父から褒め言葉は貰えず、次第に期待は恨みに変わり、頑張りは復讐と化し、「コンチクショウ、コンチクショウ」と唱えながら走り続けました。

私の中で父は恐ろしい毒親モンスターと化していきました。

 

 

怖くて何年も実家に帰れませんでした。

 

 

そんな時

神様はうつ病という家族再生のきっかけをくださいました。

恐るおそる実家に帰ると

 

 

父は何も出来ない私を「プー先生」と呼び、存在そのものを受け入れてくれました。周りにも隠しませんでした。

この先どうするんだ?とは一言も言いません。

 

 

本当の父は愛の人でした。

記憶が上書きされました。

 

 

おしまいおしまい

ーーーーーー

読んでくださりありがとうございますsaa h

またいいね、コメント、読者登録ありがとうございますsaa h

体調不良で返信が遅くなってすみませんすみません

 

 

ブログランキングに参加しています。

クリックで応援していただけたら嬉しいですにこっ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 

AD

コメント(10)