☆抜け出せないBad spiral☆

ドウスルノ?     
ドウシタイ?     
Tell me tell me...   

ごあいさつ。


以前の記事は諸事情ありすべて下げさせていただいてたのですが、たくさんコメントいただけたこと感謝しております。


「嵐のうしろについてたとき、嵐はJr.との距離が近くて嬉しかった。自分もそうありたいと思ってる。」
というNEWSまっすーの、その目標にしてる嵐先輩を10年ほど追ってきたある日、嵐ファンのお友達ばかりのtwitterのTLに流れてきた、青春LIVEでinnocence歌うまっすーに突如崖っぷちへ追い込まれ、即座に購入。
LIVE全編&ドキュメンタリー見終えるころには沼へダイブ。


マイペースに過去の作品を集めつつ、マス沼で溺死寸前で絶賛勉強中のNEWS初心者。


日々の学びから感じたものを感じたように、twitterで語れないウザウザしい重々しい想いを、素直に書き綴るお勉強ノート。


みなさんとの萌えの語らいもできればこれまたありがたき幸せ。
どうぞ宜しくお願いします(´ω`*)

テーマ:

4月1日に開園した夢の国NEVERLAND。

手にした時空の鍵を手に、誘われるように踏み込んだのは4月8日の福岡公演。

 

はじめましての興奮と、まさかのファンサに撃ち抜かれて、夢見心地のまま4月9日に再度の逢瀬をし、わたしの心はあれから2ヶ月強、シゲちゃんが「NEVERLANDに入り口はあっても出口はありません」と言ったように、ずっとNEVERLANDの余韻から覚めることなく、かけられた魔法が解かれることなく、NEVERLANDを彷徨う住人として過ごしている。

 

 

 

 

その夢の国NEVERLANDが今日、6月11日オーラスを迎える。

今ごろ彼らは何をしているだろう。

 

わたしは毎公演、終演時間あたりでPCの前に貼りついてレポ待機をしては萌えを回収してキャッキャしてきたのだけれど、昨日はひとつめのレポを見つけたときから胸がギューーっと苦しくて、そのまま今に至る。

 

ちょうど昨日、10th Anniversaryを見ていて。

(これとテゴマスのまほうは、見ると10000字インタビューが必ずセットで脳内に現れる。)

まっすーが東京ドームへの想いを語り、泣いてしまうあの姿を見ていたのもあって、昨日の「まっすーが泣いて歌えなくなった。」のレポが胸にささった。

 

あのときの苦しみや哀しみ、傷みや責任、重圧、不安・・・

そして悔しさ。

10thのときは「不安で」という言葉を言っていて。

のちに「このときは何を魅せられるのか責任があった」とも語っていて。

きっとドームへ4人で立てたという喜びと、果たせた責任への安堵の涙だったのだろう。

(語り出したらWhiteまでも語りつくすので、ここではやめておく。)

 

そのときの想いを全部、ひとっつも今も忘れてはいなくて、立てる嬉しさ、当たり前じゃない喜び、二度と同じ日はない「今日」への感謝を。

昨日の涙は「東京ドームありがとう」のその想い。

 

 

 

ほとんどの人が第一声まっすーの涙にやられたって感想だったんだろう。

わたしのTLが「最後の曲でまっすー泣いた」で埋め尽くされた。

 

一呼吸置いたくらいのタイムラグで、その詳細を伝えてくれるレポに出会う。

 

-U R not alone前奏でまっすーが天を仰いでオフマイクで「東京ありがとう!東京ドームありがとう!」と言っていた。

 

拝啓~♪で号泣。歌えなくて頭を下げて。

下ハモ歌ってたシゲも歌をやめて。

 

コヤテゴが咄嗟にフォロー。

 

2番ではシゲがまっすーの肩を抱いて泣きながら歌ってた。-

 

 

 

拝啓~♪の時点で両目からブワッと光るものを溢れさせていたのは、福岡でもあった。

でもくしゃくしゃになりながらも、全身ふるわせながらも歌っていた。

 

歌えなくなるほどの想いがそこに・・・。

 

まっすーの東京ドームへの並々ならぬ想いは知っていたし、webでも「泣く自信しかない」とU R not aloneについては語られてたし、想定内のことではあった。

 

でも、その文字たちには、読めば泣けてしまうほどの想いが溢れてた。

 

 

 

今日のまっすーどうなっちゃうんだろう。

メンバーよりすこしガッチリした躰を、メンバーよりちっちゃく見えるほどに、今すぐ抱きしめたくなるような泣き顔をして、ありがとうをいっぱい言うのかな。

 

まっすーは公演後に余韻で魂抜けたような感じになると、らじおかな?言っていて。

ドーム公演あと、どうなっちゃうんだろう。

 

 

 

「NEVERLANDの旅は○○へつづく」と次回公演を案内してくれていたMr.インポッシブルは、最後に何てしめくくるのかな。

 

 

 

まっすーが、NEWSが描き創り歌い踊るNEVERLANDが、トラブルなく無事に完走できますように。

 

スタッフのみなさん、関係者様、会場へ行かれてる方々、わたしのお友達、そしてNEWSの4人が、幸せだったと忘れられない1日になりますように!!

 

 

 

 

NEVERLAND最後の扉、開け!!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「NEVERLAND」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。