[粒子線治療][陽子線治療][菱川良夫] センター長のこばなし ~がんから学ぶこと~

一般財団法人メディポリス医学研究財団
メディポリス国際陽子線治療センター センター長
菱川良夫による講演からの小話。

がんは陽子線で治す/PHP研究所

¥1,620 Amazon.co.jp

今、かかっている医者から「打つ手なし」と言われた人でも、治療への手段はある。
喉頭がんでも声を失わない。前立腺がんでも男性生殖機能を失わない。乳がんでも乳房を残せる。
痛みも副作用もない、切らない最先端医療・陽子線治療。
その原理、システムから治療にかかる費用までを専門医が詳しく、わかりやすく解説する。



「がんは治る!」時代が来た/PHP研究所

¥1,188 Amazon.co.jp

がんとの向き合い方、日本のがん治療の実態を紹介した上で、粒子線治療を詳らかに解説し、がん患者やその家族をはじめ多くの人たちに生きる勇気を与えます。
がん治療の最前線を粒子線治療の第一人者・菱川良夫が説く。


テーマ:
先日、中国人の患者さんが、指宿にいる私とテレビ相談を行うために東京クリニックを訪れました。奥様と、3名の通訳の方が一緒でした。

テレビ相談の方法は…
私がゆっくり質問し、通訳が中国語に翻訳、患者さんの回答を再び通訳が日本語に直して私に伝えるという、古典的ながらも確実な方法です。

通訳が間に入るときは、短い文章をゆっくりと話すように心がけています。
そのため、今回も日本人の患者さんと話をする時と比べ約2倍の時間がかかりました。

今回の主な通訳は、3名いる通訳のうち一番の年長者が行い、他の2名は間違いがないかをチェックしている様子でした。
こちらも、私以外に2名の医師に参加してもらい、やりとりを見守ってもらいました。


この患者さんの相談は、あるがんの再発と転移でした。
しかし残念ながら、事前に目を通した資料や画像から陽子線治療の適応外と判断していました。

陽子線治療ができないことを、ゆっくりと納得できるように話しましたが、通訳が間に入っていたためか、なかなかうまく伝わりません。
その結果、何度も同じ質問があり、その度に同じ回答を丁寧に行いました。
(私自身も同じ話を繰り返すことがあり、同じ質問を受けることは気になりません。)

その後何とか理解して下さり、「それでは次にどうしたら良いでしょう」ということでしたので、日本で受けることができる他の医療について説明を行い、テレビ相談を終えました。


このような他言語の患者さんとの相談の際には、基本的に日本人の患者さんに説明する内容と同じですが、通訳がしやすいよう、ゆっくりと短い文章で話をすることが大切です。

いつか画面を通して会話するだけで、同時に通訳ができる時代も近そうですので、その日までテレビ相談を続けたいと思っています。


メディポリス東京クリニックはこちら
http://medipolis-ptrc.org/center/consulting/tokyo/
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、上海の放送局の取材を受けました。
日本の放送局の取材は何度も受けてきたのですが、中国の放送局は初めてです。

一番の違いは、取材者の人数です。
日本の取材陣が指宿まで来る場合、多くても3~4名なのですが、今回は10名を超えていました。


取材は、若い男性司会者が中国語で質問したものを日本語で答えていきました。
一連の流れのように放送されるそうですが、実は質問と回答は別々に撮影しました。

まずは連続して質問ばかりを撮影します。
次に、その質問内容を通訳してもらったものに、私が連続して日本語で答えました。
これらを編集し、映像ではテロップをつけて放送していただけるようです。

慣れるまでは大変でしたが、初めての経験で楽しむことができました。



それから、どのような番組かを聞くと「シルクロードを中国の若い旅人が訪ね、新しい発見をしていく番組です」と教えてくれました。

ミラノ、ドバイ、韓国、日本などを取材するようで、日本は、東京、京都、鹿児島が選ばれました。鹿児島は鑑真和尚が上陸した地として選ばれたそうです。


シナリオとリハーサルもあり、監督の指示の元、演技を求められました。

シナリオはこうです。

若いカップルが苦労してセンターにたどり着くと、そこには友達の中国人がいます。
なんとその横を見ると、センター長もいるではありませんか!

彼らは友達に声をかけます。
それを見た私が「センターを見学していきますか?」とお誘いするというものです。

中国人は大声なので、私も大声で話すよう指示されました。


取材の中で、
「一番大切なことは、中国のがん診断は日本のそれより20~30年ほど遅れています。それを解決しないまま、新しい治療を導入しても成り立ちませんよ」とお伝えしました。

このメッセージが、そのまま翻訳されて放送されるかどうかは不明です。
しかし、初めて経験することが多く、取材を楽しむことができました。


中国人はおもろいです。
いいね!(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、当センターで治療を終えられた患者さんから手紙が届きましたのでご紹介します。

「今どきの病院は、上から目線で受付嬢までが高圧的な病院がザラにあります。」

最先端の医療を提供している当センターも、そのような医療施設だと思われていたそうです。しかし...


「初日受付に立って名前を告げた時、開口一番、満面の笑顔で『お待ちしておりました』の挨拶に自分はどこか違った場所にきたのではないかと一瞬錯覚してしまいそうになりました。」

「この『お待ちしておりました』の一言に、やさしい心遣いと患者一人一人に対する気配りが感じ取れてとてもハッピーな気分になりました。」



「がん」と宣告されてから、治療を受けるまでは絶望的な気持ちだったというこの患者さんですが、手紙から心身ともに回復した様子を感じ取ることができ、嬉しくなりました。

スタッフには「幸せな医療の提供」をしたいと常に言い続けてきました。
受付の彼女たちも、私の言葉を理解し実践してくれていることを感じ、この手紙を見て幸せな気持ちになりました。


言霊。

私たちが発する一言一言には 力 が宿っています。
人を傷つける言葉ではなく、人を幸せにする言葉を選んで声に出していきたいですね。
いいね!(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、沖縄県で講演を行いました。

前日の土曜日に鹿児島から沖縄に移動しました。
直行便の飛行機で行きたかったのですが、あいにくの満席で、奄美大島で乗り換える便しか取ることができませんでした。

その日の奄美大島付近は天候不良で、欠航便が目立つ日でした。

私の便は運良く欠航にはならず、鹿児島空港を飛び立つことができました。
視界不良のため奄美大島上空で約20分間旋回して着陸の待機をしましたが、なんとか無事に着陸することができました。

着陸と同時に、携帯電話で乗り換えの便(奄美大島 → 那覇)を調べたところ、天候不良のために欠航となっていました。



しょうがないなあ...。


講演は明日の午後。
今日は奄美大島に泊まり、明日の午前の便で那覇に行くことを決め、変更のためカウンターに向かいました。

カウンターで問い合わせたところ、奄美大島から沖縄に行く便は、午後に1便あるだけで、午前の便がないということを知りました。

「どうしても日曜の午前中に那覇に着きたい」と相談したところ、
「今から、鹿児島に戻り、福岡を経由して那覇に向かえば今日中につけますよ」とアドバイスをくれました。


考える余裕はありません。鹿児島に戻る便はすでに搭乗が始まっていたからです。
すぐさまそのプランに決め、発券してもらい、搭乗口に向かいました。

鹿児島空港に無事に着き、鹿児島から福岡への臨時便(震災による新幹線不通のため)は、私も含めた10人ほどの乗り換え客を待つため30分遅延していました。
搭乗口までみんなで走り、無事に乗り継ぎました。

福岡に着いた便から沖縄に向かうのは私だけだったようで、係りの女性が出口で私の到着を待っており、搭乗口まで先導してくれました。
福岡でも待ち時間なく乗り継ぎ、19時過ぎに沖縄に到着しました。


奄美大島には40分ほど滞在しましたが、それから後は、乗り換えの時間が短く、機内の座席以外で座ることなく動き回っていました。

それぞれの乗り換え時間があまりにも短かったので、最初に預けた荷物が届いていないのでは...と不安に感じましたが、那覇のターンテーブルで私のキャリーバックと再会し、日本の航空会社の凄さを実感しました。


大変な1日でしたが、何とかなるものですね。
いいね!(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近の10日間。

1日目 東京の報告会に出席し日帰り
2日目 鹿児島で講演し神戸へ
3日目 神戸から大阪に移動し、講演
4日目 大阪から鹿児島を経由して台湾へ
5日目 台湾で数名の方に挨拶をして、大阪へ
6日目 大阪で複数名の患者相談を受け、神戸へ
7日目 神戸から四国へ行き講演
8日目 四国の別の場所に行き講演し、神戸に移動
9日目 神戸から名古屋に行き講演し、日帰りで神戸へ
10日目 神戸から鹿児島へ

このように各地を転々とする私にとって、スケジュールの管理は非常に大切です。
そんなスケジュールの管理と、移動のチケットや宿の手配は複数名いる秘書が対応してくれています。

私の秘書達は、1日ごとのスケジュールとチケットを、日付が記されたファイルに入れて渡してくれます。したがって、私はそのファイルを持って、決められた通りに各地に移動すれば良いわけです。

スケジュールの準備と管理は、大変な作業です。
1つでも間違えれば目的地に到着しない可能性もあるため、秘書たちは集中して完璧に仕事を遂行してくれています。


今回も、10日目に何事も無く鹿児島に帰ってくることができました。
秘書の皆さん有難う。

講演会や患者さんの相談、会議など、表立って活動しているのは私ですが、私を支えるためにたくさんのスタッフが頑張ってくれています。
そんなスタッフを支えるため、私も楽しみながら飛び回って仕事をしています。
いいね!(7)  |  リブログ(0)