岩手県一関市の酒造会社「世嬉(せき)の一」は20日、同市出身で江戸時代の蘭学(らんがく)者、大槻玄沢が私塾で振る舞ったというオランダ料理を再現、新酒を楽しむ会で提供した。

 玄沢の料理は「オランダ正月」と呼ばれた長崎・出島のオランダ人の祝宴をまねたもの。同社は当時の資料から、ほうれん草のポタージュや鶏のクリーム煮、魚のムニエルなど5品を用意した。

 今では普通の西洋料理だが、同社は「当時、新しいものに挑戦していた玄沢の精神を学びたい」と企画。新酒とともに舌鼓を打つ参加者の五臓六腑(ごぞうろっぷ)に、進取の気風が染みたようだった。【山中章子】

【関連ニュース】
企画展:「江戸時代の刈谷藩 維新の真の魁・天誅組」--31日まで市美術館 /愛知
「お姫様の婚礼道具」展:江戸時代の漆器を集め--九州国立博物館 /福岡

<ベルリン映画祭>行定監督「パレード」が国際批評家連盟賞(毎日新聞)
雑居ビル9割超が違反=調理室の清掃不十分も-東京消防庁(時事通信)
日本郵政、業務自由化を要望=かんぽの宿、一部を介護施設に(時事通信)
関大8億円投資実った!大輔賞作る!…在学生78年ぶりメダル(スポーツ報知)
早大OBら、起訴内容認める=株価操縦事件-東京地裁(時事通信)
AD