ベンツ修理横浜~ベンツ修理相談室は早く!安い!安心!横浜のベンツ修理専門店 045-309-6111

メルセデスベンツ修理一筋!ディーラーさん修理価格の最大50%OFFは当たり前!ベンツ純正メーカー部品を使ってお安くベンツ車検、修理を行っています


テーマ:

ベンツ修理相談室です


手軽なメンテナンスとして費用対効果の高い吸気系クリーニング


の施工が多くなってきました。







当方では施工後にスロットルバルブのコーディング作業も出来ます。


コーディングすることで更に体感できるので必要な作業です。


約1時間の作業で帰り道に体感できるエンジン音、吹け上がり・・・


1回の施工で約2年間の効果となります。


  
    施工前          施工後

エンジンヘッドバルブもクリーニング効果があります。


4万キロ以上走行した車両に体感度が高くなります。


故障の予防として・・・燃費改善として・・・・お勧めいたします!


メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベンツ修理相談室です


エンジン不調(始動できない、振動)でディーラーさんに入庫したら


36万円なりショック!と言う事は良く聞きます。


高くて15万円位かな~なんて思っていたらビックリします。


故障したのはエンジンコンピューター(ME)=マネージメントエンジン


最近のエンジンだとエンジンのど真ん中に付いています。



真ん中の銀色のBOXです。


こんな感じの見積もりです。




交換作業はカプラーを外して取り外し交換するだけ(約5分)


当社ではこんな場合でもME自体を修理し車種により9万円~


で完治させることが可能です。


但し、一般の修理工場ではMEが故障していると判断するまでに


プラグ、コイル、エアマス、燃料ポンプ等・・・・を交換して直らなけ


ればMEと判断するのでここまでで30万円以上の出費となるケース


が多いのでエンジン故障の場合はベンツ専門店で正しい診断を


する必要があります!!です。


メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベンツ修理相談室です


ベンツのFF車であるA、Bクラスはとにかくオートマのトラブル


が多く早ければ2万キロでAT故障で60万円ガーン


オートマ本体よりもオイルラインの詰まりや電子制御部品に


オイル内の鉄粉が付着しての故障が多いのです。


そこでオートマ故障リスクを減らす為にオートマオイル交換が


有効です。



オートマオイル交換の場合、単にオイルを半分新品に交換する


だけでは意味がありません。


フィルター交換、内部洗浄を行い詰まりを防ぐ事に意味があります。



オイルパンを外しパッキンも交換する事でオイル漏れによるオートマ


損傷も防ぐことが出来ます。



Aクラス、Bクラスは距離は例外で故障しますので故障時の修理代


を考えれば費用対効果が高いメンテナンスとなります。


メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベンツ修理相談室です


ベンツを購入して直ぐに点検してほしいと言う問い合わせが多く


今回も遠方の販売店から直接当社に陸送されました。



契約形態は現状販売ノークレームむっ(厳密には瑕疵担保責任


がありますが・・・・)


まずはDAS診断を行います。


殆どのユニットにエラーが入っていますが全てが故障と言う事では


ありませんのでエラーを分析します。


エンジンオイルが多少滲んでいると言われた様ですが・・・・



オイルクーラー、フィルターケースから大量の漏れがありました。



左右4個のカムセンサーからも漏れがありハーネス混入している


ので対策修理が必要です。



ブレーキパッドはありましたがローターが限界地・・・・


その他、エンジン振動、ATF汚れ、フィルター類も無交換汚れ・・・


吸気系も汚れているのでクリーニングが必要です。


ディーラーさんで行えば結構な金額になりますがそこは当社で


お安くリフレッシュさせます。


購入時に油脂類、フィルター、消耗品、オイル漏れ対策を行えば


本来のベンツの性能を体感でき安心して維持できます。


購入をお考えの片は是非、ご相談ください!!


メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベンツ修理相談室です


エンジンのブレや振動、不調でプラグやコイル等を交換しても改善


されない場合は基本に戻り走行によって蓄積されたスラッジ(汚れ)


をデトックスすることから始めます。



エンジンが息継ぎするW211のインマニ内部の画像です


(本来は非分解ですが分解しました)


DAS診断ではエラーは無く最近、お決まりのプラグ、コイル、コードを


交換したそうですが改善されなかった車両です。


この車両に吸気系クリーニングを施工します。


1時間ほどの作業後にエンジンを始動すると明らかに吹け上がりが


爆発的にスムーズになりエンジン音も静かになりました。



施工後に分解するとスラッジが無くなり綺麗になっています(下)


この作業でピストンや吸気バルブも綺麗になります。


スラッジが吸気抵抗となりスムーズな吸気が出来なくなります。


この状態ではまだ不十分です。


汚れた状態での空燃費をコンピューターが調整してしまっている


のでコンピューターを新車時の初期状態にコーディングします。


部品代も掛からずインマニ分解も必要ないので整備泣かせですが


ベンツユーザー様には費用対効果が高いプランです。



特にW124やW210の様に経年劣化や過走行車両には効果的面です。


私のW124 500Eに施工しましたが明らかにエンジン音が静かになり


微振動がなくなりました(燃費も6kmから6.9kmに向上)


事前にDAS診断を行い故障部品の有無を確認してから作業します。


故障予防にもとても良いと思います。


ご紹介URL ↓


http://www.powers-taka.co.jp/oil.html



メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベンツ修理相談室です


2002年頃からベンツの燃料ポンプは「インタンク」・・・タンクの


中(ガソリンの中)に取り付けられています。



上記画像が燃料ポンプユニットです。


燃料ゲージセンサーも一体になっています。


常にモーターがガソリンに浸かっている状態なので故障も多い!?



これが燃料ポンプ本体で付いているのはフィルターです。


故障したフィルターの多くは真っ黒に詰まっているのでこれも


故障の原因の一つかと思います。


以前は、車体下部に付いていたので寿命前に「ジー」と言う


異音が出て交換時期の目安となりましたがインタンクなので


異音は聞こえませんのである日、突然エンジンが掛からなくなる


か、走行中にエンジンが止まります。


消耗品なので安全に走行する為には4万キロ、5年に1度の交換


すればトラブルにならないのでは!!と思います。

メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベンツ修理相談室です


W212も最近は修理入庫が増えてきました。



この車両はパワーウィンドー不動です。


ベンツの場合、パワーウィンドーと言っても電子制御なので


一概に故障原因は判断できません。


専用診断機やテスターを使い電子制御回路の点検が必要


なのでベンツに強くないとパワーウィンドーですら直せません。



画像の様に左がモーター、右の黒いBOXがユニットとなり


どちらが壊れても動きません。


また、電源供給しているユニットもあります。


また、ガラスを持ち上げているレギュレーター交換は以前の


様にシートで覆われていなく、鉄板で塞いでいるので作業に


時間が掛かる構造となっています。



メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベンツ修理相談室です


ブレーキオイルは2年毎に交換する事になっていますが新車から


交換されていないベンツも多く見かけます。



その理由は、国産メインの車検屋さんやオートバックスさんでは


ベンツのブレーキオイル交換は出来ません。


専用テスターと加圧器がないと大変な事になるからです。


先日も、ガソリンスタンドからの問い合わせでEクラスのブレーキ


オイルを交換したらブレーキが全く利かなくなった・・・と言う電話が


ありました(結構多くの車屋さんから毎日、電話がありますガーン


因みにディーラーさんではブレーキオイル交換¥25.000程なので


それなりの技術が必要なのです。


*ブレーキオイルは時間と共に水分を含みますのでキャリパー


ピストンが錆てブレーキが掛かりっぱなしになることがあります。


メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベンツ修理相談室です。


水冷エンジンでは約90度になるとサーモスタット(弁)が開きクーラント


をエンジン内部に循環させて冷却します。


このサーモスタットも消耗品なので故障するとオーバーヒートするので


定期的な交換が必要です。


開いた状態で故障することが多いですが、中には閉じた状態で故障


すると冷却水がエンジン内部に回らずオーバーヒート必至となります。



現行のベンツではサーモスタットにも故障センサーが付いています


が、100%センサーを信用出来ない場合もあります。



メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベンツ修理相談室です。


これから夏を迎える前にクーラント交換をお勧めします。


冷却水ですが、不凍、防錆、潤滑の役目があり徐々に性能が落ち


冷却周りの部品が錆びたり、ラインの詰まり等のトラブルの要因


となります。



上記画像のベンツは、クーラント内に錆が回りウォーターポンプ


サーモスタットが駄目になっていました。


安いメンテナンスなので車検時、点検時に交換してください!


メール無料相談、ご予約はこちら

ホームページはこちら


電話で問い合わせ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。